HOME / ブログ / 一人暮らしの電気代の平均は?節約方法や基本まで全て解説

blog

ブログ

一人暮らしの電気代の平均は?節約方法や基本まで全て解説

公開日:
2023.11.29

一人暮らしを始めると、家計の管理が大切になります。特に電気代は、毎月の支出の中で大きな割合を占める場合が多いです。

しかし、一人暮らしの電気代の平均はどれくらいなのでしょうか?

また、節約するためにはどんな方法があるのでしょうか?

この記事では、一人暮らしの電気代の平均や節約方法、電気代の計算方法や契約プランの選び方など、電気代に関する基本的な知識を全て解説します。

一人暮らしをする上で役立つ情報をぜひ参考にしてください。

一人暮らしの電気代の平均3つのパターン

1人暮らしの電気代は、生活スタイルや使用する家電によって大きく異なります。

しかし、一般的には以下の3つのパターンに分けることができます。

①節約志向の場合

②快適重視の場合

③お家時間が多い場合

節約志向の場合

このパターンは、節約志向の方やシンプルな暮らしを好む方に該当します。

主な特徴は以下のとおりです。

・エアコンや暖房器具をほとんど使わないか使用時間を短くする

・照明は必要最低限にするか省エネ型のものを選ぶ

・冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は省エネ性能の高いものを選ぶか使用頻度を減らす

・テレビやパソコンなどの娯楽用家電は使用しないときは必ず電源を切る

このパターンの場合、電気代の平均は約3000円程度となります。

節約派の方は、電気をなるべく使わないように心がけることが大切で、照明は必要最低限にする、冷暖房は極力控える、家電は省エネタイプのものを選ぶなど、できるだけ最低限の電気のみ使うようにすることで電気代のカットが可能です。

快適重視の場合

このパターンは、快適さや便利さを重視する方や在宅勤務やテレワークをする方に該当します。主な特徴は以下のとおりです。

・エアコンや暖房器具を季節に応じて使うが設定温度や使用時間に注意する

・照明は明るさや色温度にこだわるが無駄な点灯は避ける

・冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は必要に応じて使うが、節電モードやタイマー機能を活用する

・テレビやパソコンなどの娯楽用家電は使用するが、スタンバイ消費電力を抑えるためにコンセントから抜く

このパターンの場合、電気代の平均は約6000円程度となります。

節約派ほどではないものの、無駄な電気の使用は避けるような生活をするのが特徴です。

例えば、照明は部屋ごとに調整し、冷暖房は適度に設定するか窓を開けたり閉めたりして温度調節します。

また、家電は必要なものを使い、使わないときはスイッチを切るなどして、待機電力を減らします。

節約する場合よりも電気代は上がってしまいますが、程よく快適な生活をすることができます。

お家時間が多い場合

このパターンは、贅沢を楽しみたい方や家で多くの時間を過ごす方に該当します。

主な特徴は以下のとおりです。

・エアコンや暖房器具を自由に使い、設定温度や使用時間に制限がない

・照明は部屋の雰囲気や気分に合わせて変え、間接照明など常に複数の灯りを点ける

・冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、容量や機能性にこだわる

・テレビやパソコンなどの娯楽用家電は、常時使用している

このパターンの場合、電気代の平均は約10000円程度となります。

贅沢派の人は、快適さや便利さを優先して、電気をたくさん使っていることが多いです。例えば、照明は常に明るくし、冷暖房は常に最高設定で動かします。

また、家電は多機能で高性能なものを揃え、常時使用している状態です。このような生活スタイルにすると、1人暮らしと考えると高めの電気代になるでしょう。

一人暮らしの電気代の基本3つ

一人暮らしの電気代を節約するための基本的なポイントを解説していきます。

主なポイントは次の3つです。

・電力料金のプラン選び

・電化製品のエネルギー効率

・スタンバイ電力の無駄遣い

電力料金のプラン選び

電力料金は、契約するプランによって大きく異なります。

一般的には、「時間帯別料金」や「ピークシフト料金」などのメニューがあります。

時間帯別料金は、昼間や夜間など時間帯によって単価が変わるプランで、夜間や休日に多く電気を使う人におすすめです。

ピークシフト料金は、平日の昼間に高い単価を設定しそれ以外の時間帯は安くするプランで、平日の昼間に電気をあまり使わない人におすすめです。

自分のライフスタイルや使用パターンに合わせて、最適なプランを選びましょう。

電化製品のエネルギー効率

電化製品は、エネルギー効率が高いものを選ぶことで電気代を節約することができます。

エネルギー効率は、省エネラベルやエコナビなどで確認できます。

省エネラベルは、製品の年間消費電力量やエネルギー消費効率を表示したもので、星マークやランクが高いほど省エネ性が高いです。

エコナビは、使用状況や室温などに応じて自動的に省エネ運転を行う機能で、冷蔵庫やエアコンなどに搭載されています。

こういった情報を参考にして、電化製品を購入するときは、できるだけエネルギー効率が高いものを選びましょう。

スタンバイ電力の無駄遣い

スタンバイ電力とは、テレビやパソコンなどの電化製品が使われていないときでも消費する微量な電力のことです。

スタンバイ電力は一つ一つは少ないものの、積み重なると一人暮らしの電気代の約10%を占めることもあります。

そのため、スタンバイ電力は極力避けることが大切です。

スタンバイ電力をカットする方法は簡単で、使わないときはコンセントから抜くか、タップやリモコンで一括で切ることです。

また、スタンバイ電力カット機能付きのタップやコンセントもありますので、活用してみましょう。

一人暮らしの電気代の節約方法3つ

一人暮らしをしていると、電気代が高くなることがあります。

電気代は、家電製品の種類や使用量、電力会社のプランなどによって変わりますが、節約する方法はたくさんあります。

ここでは、一人暮らしの電気代の節約方法を3つ紹介します。

・家電製品の見直しをする

・電力使用の管理

・ライフスタイルの見直し

家電製品の見直しをする

一人暮らしの場合、家電製品の種類や使用頻度によって電気代が大きく変わります。

まずは、自分がどんな家電製品を使っているか、そしてどれくらいの時間使っているかを把握することが大切です。

次に、必要な家電製品かどうかを見直しましょう。

1人暮らしに必要な物だけを購入するようにしましょう。

また、テレビやパソコンは長時間使わないときはスタンバイモードではなく完全に電源を切ることで、無駄な消費電力を減らすことができます。

また、冷蔵庫や洗濯機などは、節電機能や省エネ性能の高いものに買い替えることで、長期的に電気代を節約することができます。

電力使用の管理

一人暮らしの場合、自分の生活パターンに合わせて電力使用を管理することが重要です。

例えば、夜型の人は昼間に電気を使わないようにすることで、ピーク時の高い電気代を避けることができます。

また、時間帯別料金制度や契約アンペア数の見直しも有効な方法です。時間帯別料金制度では、時間帯によって電気代が異なります。

夜間や休日などの安い時間帯に電気を多く使うように工夫することで、節約効果が期待できるでしょう。

契約アンペア数は、一度に使える電力量を決めるものです。契約アンペア数が高いほど基本料金が高くなりますが、同時に使える家電製品も多くなります。

自分の必要な電力量を見積もって、適切な契約アンペア数にすることで、無駄な基本料金を削減することができます。

ライフスタイルの見直し

一人暮らしの場合、自分のライフスタイルによっても電気代が変わります。例えば、冬は暖房器具を使うことで快適に過ごせますが、その分電気代もかかります。

そこで、暖房器具を使わずに温かく過ごす工夫をすることで節約することができるでしょう。例えば、厚手のカーテンやラグを敷くことで室温を上げたり、湯たんぽやカイロを使ったりすることです。

また、夏は冷房器具を使うことで涼しく過ごせますが、その分電気代もかかります。

そこで、日差しや熱気を遮るカーテンやブラインドを使ったり、扇風機やうちわを使ったりすることで、冷房器具を使わず節約しながら涼しく過ごせるようになるでしょう。

一人暮らしの電気代をさらに節約するには電力会社の見直しをしよう

一人暮らしの場合、電気代は家計の大きな負担になります。

特に夏や冬などのエアコンを多用する時期は、電気代が高くなりがちです。

そこで、電気代を節約する方法として、電力会社の見直しをおすすめします。

自分の使用状況やニーズに応じて、最適な電力会社を選ぶことで、毎月の支払い額を減らすことができます。ぜひ一度試してみましょう。

SHARE