HOME / ブログ / 太陽光パネルの屋根一体型とは?メリットデメリットを徹底解説

blog

ブログ

太陽光パネルの屋根一体型とは?メリットデメリットを徹底解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの設置方法には屋根一体型もあります。

屋根一体型を選ぶ際のメリットとデメリットについて深堀していきます。

太陽光パネルの屋根一体型とは?

太陽光パネルというと屋根に設置するタイプのものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は、「屋根一体型」という設置方法もあります。

太陽光パネルの屋根一体型とは、屋根の材料として太陽光パネルを使用することで、屋根とパネルが一体化した形態のことです。

今までの太陽光パネルは、屋根に取り付けるタイプでしたが、屋根一体型は、屋根そのものが太陽光パネルになります。

設置方法としては、家が新築の場合は屋根材としてそのまま設置することができます。

また、既存の屋根に設置する場合は、屋根材を撤去して屋根一体型のソーラーパネルに交換しなければなりません。

そのため、屋根置き型は新築向けのソーラーパネルであると言えるでしょう。

太陽光パネルの屋根一体型のメリット3つ

太陽光パネルを設置する際には、屋根に取り付ける方法と、屋根と一体化する方法があります。

どちらが良いかは、建物の状況や目的によって異なりますが、屋根一体型には次のようなメリットがあります。

①屋根の耐久性を向上させる

②設置費用が安くなる

③メンテナンスの手間が少ない

このように、屋根一体型の太陽光パネルには多くのメリットがあります。

順番に見ていきます。

屋根の耐久性を向上させる

太陽光パネルの屋根一体型の大きなメリットとして、屋根の耐久性が向上することが挙げられます。

なぜなら、太陽光パネルが屋根材の役割も果たすため、屋根にかかる負荷や風雨の影響を軽減できるからです。

また、太陽光パネルが屋根と密着しているため、パネルが剥がれたりずれ落ちたりする心配もありません。

さらに、太陽光パネルは紫外線や熱に強い素材でできているため、屋根の色あせや劣化を防ぐことができます。

これらの理由から、太陽光パネルの屋根一体型は屋根の耐久性を高くする効果があり、それによって太陽光パネルの寿命を延ばすことにも繋がります。

設置費用が安くなる

太陽光パネルの屋根一体型は、従来の屋根材と太陽光パネルを別々に設置する「屋根置き型」に比べて、設置費用が安くなります。

これは、屋根一体型の太陽光パネルは屋根材としても機能するため、別途屋根材を購入する必要がないからです。

また、太陽光パネル自体が屋根の役割を果たすため、専用の架台や金具を使わずに直接屋根に取り付けることができ、工事時間や工事費も節約できます。

さらに、屋根一体型の太陽光パネルは、国や自治体から補助金や減税などの優遇措置を受けることができる場合もあります。

太陽光パネルは高価なものなので、少しでも設置費用を抑えることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

メンテナンスの手間が少ない

太陽光パネルの屋根一体型は、従来の屋根にパネルを取り付ける方法と比べてメンテナンスの手間が少ないというメリットがあります。

一般的に、太陽光パネルは定期的に清掃や点検を行う必要がありますが、屋根一体型の場合はパネルと屋根が一体化しているため、パネルの隙間や縁から雨水や埃が入り込む可能性が低くなります。

また、パネルと屋根の間に空気の流れがないため、パネルの温度上昇を抑えることができます。これにより、パネルの劣化や発電効率の低下を防ぐことができます。

さらに、屋根一体型の場合はパネルを取り付ける際に屋根に穴を開ける必要がないため、屋根の防水性や耐久性にも影響しません。

このように、太陽光パネルの屋根一体型は、メンテナンスの手間が少なく、長期的に安定した発電を期待できるというメリットがあります。

太陽光パネルの屋根一体型のデメリット3つ

屋根一体型では、従来の屋根にパネルを取り付けるタイプよりも、耐久性やコストカット、管理のしやすさなどの点から、多くのメリットがあります。しかし、一方でデメリットも存在します。ここからは、太陽光パネルの屋根一体型のデメリットを3つ解説していきます。

①設置できる場所が限られる

②発電量が少ない場合がある

③価格が高い場合がある

屋根一体型には、このようなデメリットが挙げられます。

太陽光パネルと屋根を一体化することはメリットも多いですが、設置できる場所を選べなかったり、屋根の形状や角度によっては発電量が低下してしまう場合もあります。

太陽光パネルを導入する際は、メリットだけではなくデメリットも考慮する必要があります。

設置できる場所が限られる

まず、設置できる場所が限られるというデメリットがあります。

太陽光パネルの屋根一体型は、屋根の形状や角度に合わせてカスタマイズされるため、設置には専門的な技術や知識が必要です。

また、屋根の強度や耐久性にも影響するため、建物の構造や設計にも配慮が必要です。そのため、既存の建物に後付けすることは難しく、新築やリフォーム時に計画する必要があります。

どうしても既存の屋根に設置したい場合は、屋根材を撤去して屋根一体型のソーラーパネルに交換しなければなりません。

手間や費用がかかってしまうので、屋根一体型は新築向けの太陽光パネルと言えるでしょう。

発電量が少ない場合がある

次に、発電量が少ない場合があるというデメリットがあります。

太陽光パネルの屋根一体型は、屋根の形状や角度によっては太陽の光を十分に受けられない場合があります。

例えば、屋根が平らであったり北向きであったりすると、発電効率が低下する可能性があります。

また、屋根一体型はパネル同士の隙間が少ないため、発熱しやすくなります。パネルの温度が上昇すると、発電効率が低下することがあります。

そのため、発電量を確保するためには、屋根の形状や角度を最適化したり通気性を高めたりする工夫が必要です。

こういった側面も、屋根一体型のデメリットとなります。

価格が高い場合がある

屋根一体型の太陽光パネルは、通常の屋根材と比べて価格が高い場合があります。

これは、屋根一体型の太陽光パネルは、屋根材としての機能だけでなく発電機としての機能も持っているためです。

専用の屋根材とパネルを組み合わせなければいけないので、通常の屋根材やパネルよりもコストがかかる場合があります。

また、屋根一体型の太陽光パネルは、専用の取り付け工事が必要であり、その施工にも技術や時間がかかり費用も増えます。

全ての場合に当てはまるわけではありませんが、屋根一体型の太陽光パネルを導入する際には、初期投資が大きくなる可能性があります。

太陽光パネルの屋根一体型は専門業者に相談して決めよう

屋根一体型の太陽光パネルを設置するには、屋根の形状や構造、発電効率などに注意が必要です。

また、パネルの種類やメーカー、価格や補助金制度も検討して選ばなければなりません。

専門会社に相談して決めることがおすすめします。屋根の状況やお客様のニーズに合わせて、最適なプランを提案してくれます。また、施工やアフターサービスも安心して任せることができます。

屋根一体型について検討中であれば、ぜひ一度ご相談ください。

SHARE