HOME / ブログ / 電気代が高すぎる?高騰の理由・対策を徹底解説

blog

ブログ

電気代が高すぎる?高騰の理由・対策を徹底解説

公開日:
2023.11.29

電気代が高すぎると感じている方は多いのではないでしょうか。

特に冬場や夏場は暖房や冷房などで電気を多く使うため、電気代が跳ね上がってしまいます。では、なぜ電気代が高くなるのでしょうか。

また、どのようにすれば電気代を節約できるのでしょうか。この記事では、電気代の高騰の理由と対策について徹底的に解説します。

電気代が高すぎる理由とは?

電気代は、家庭の暮らし方や地域によって大きく変わります。

電気代が高すぎると感じる場合は、どのような要因が影響しているのかを知ることが重要です。

ここでは、ひとり暮らしと4人暮らしの場合、そして地域ごとの電気代の違いについて解説します。

①ひとり暮らしの場合

②4人家族の場合

③地域ごとの電気代の違い

ひとり暮らしの場合

電気代が高すぎると感じるひとり暮らしの方は多いでしょう。

その原因は、主に以下の3つに分けられます。

①電気使用量が多い

ひとり暮らしの場合、自分の好みや生活スタイルに合わせて、エアコンやテレビ、照明などの電化製品を使うことが多くなります。

特に、冬や夏の季節は暖房や冷房を長時間使用することで、電気代が跳ね上がるでしょう。

また、一人暮らしの部屋は、広さや間取りによっては必要以上に照明をつけていることもあります。

②電気料金プランが適切でない

電力会社やサービスプロバイダーによって、さまざまな電気料金プランが用意されています。例えば、時間帯別料金やピークシフト料金などです。

これらのプランは、自分の電気使用パターンに合わせて選ぶことで電気代を節約することができますが、自分のパターンに合わないプランを選んでしまうと、余計に電気代が高くなってしまうこともあります。

そのため、自分の電気使用量や時間帯を把握し、最適なプランを選ぶことが重要です。

③節電対策が不十分である

電気代を下げるためには、節電対策を行うことで無駄な電気使用を減らすことができます。

例えば、エアコンやテレビの設定温度や明るさを調整することや、部屋の断熱性能を高めることや、省エネ型の電化製品を導入することなどです。

これらの対策は、一度行えば長期的に電気代を抑えることができます。

4人家族の場合

4人家族の場合、電気代が高すぎる理由はひとり暮らしの場合と同様に3つあります。

①電気使用量が多い

②電気料金プランが適切でない

③節電対策が不十分である

ただし、ひとり暮らしの場合と異なる点は、家族の人数や年齢によって電気使用量やパターンが変わることです。例えば、子どもがいる場合は、勉強や遊びで電気を使う時間が長くなります。

また、家族の中で仕事や学校の時間帯が異なる場合は、一日中電気を使うことになります。これらのことが、電気代を高くする要因となっているでしょう。

そのため、4人家族の場合は、家族全員で電気使用量やパターンを把握し、合わせて電気料金プランを選ぶことが重要です。

また、家族全員で節電対策に協力することも必要です。例えば、不要な電気を消すこと、共用の電化製品を効率的に使うこと、節電グッズを活用することなどです。

これらの対策は、家族の絆を深めると同時に電気代を節約することができます。

地域ごとの電気代の違い

電気代は地域によっても異なります。

日本では、東日本と西日本で電力系統の周波数が異なり、東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツです。そのため、日本では東西で電力を自由にやり取りすることができません。

周波数を変換するための設備があれば可能ですが、その容量は限られています。

その結果、地域ごとに電力の需給状況が異なるようになりました。例えば、夏場は冷房の使用量が多いため、東日本では電力需要が高くなります。

一方、冬場は暖房の使用量が多いため、西日本では電力需要が高くなります。このように、地域ごとに電力需要が変動すると、電力会社はそれに応じて発電量を調整しなければなりません。

それぞれ需要のピーク時に高価な燃料を使って発電することもあるため、地域ごとに電気代が高くなってしまうのです。

電気代の節約方法3つ

電気代を節約するには様々な方法がありますが、主に次の3つが挙げられます。

・断熱性能の改善

・電気の無駄遣い

・自然エネルギーの活用を検討する

断熱性能の改善

電気代を節約するには、まず家の断熱性能を改善することが重要です。

断熱性能が高いと、冬は暖房、夏は冷房の効果が長持ちし、エアコンやヒーターなどの電力消費が減るでしょう。

断熱性能を改善する方法としては、窓にカーテンやブラインドを取り付ける、壁や天井に断熱材を施工する、ドアや窓の隙間を埋めるなどがあります。

これらの対策は、快適な室温を保つだけでなく、外からの騒音や埃も防ぐ効果もあります。

初期費用がかかりますが、長期的に見れば電気代の節約や快適さに繋がるでしょう。

電気の無駄遣いを避ける

電気代を節約するには、電気の無駄遣いを避けることも大切です。

電気の無駄使いとは、必要以上に電気機器を使ったり、使わないときにスイッチを切らなかったりすることです。

電気の無駄使いを避ける方法としては、以下のようなことが挙げられます。

・照明は必要な部屋だけにつける

・電子レンジやテレビなどの待機電力を切る

・洗濯機や食器洗い機などは一度にためて使う

・エアコンや扇風機は適切な温度や風量に設定する

・電気ポットや冷蔵庫は省エネタイプのものに買い替える

これらのことを意識して行うことで、毎月の電気代を大幅に節約することができます。

一回一回は少ない電力消費ですが、積み重なれば大きな金額になります。電気の無駄使いを避けるためには、意識的に節電する習慣をつけることが大切です。

自然エネルギーの活用を検討する

電気代を節約するには、自然エネルギーの活用を検討することもおすすめです。

自然エネルギーとは、太陽光や風力、水力など自然界に存在するエネルギーのことで、化石燃料に比べて環境に優しく、安定的に供給される利点があります。

自然エネルギーの活用方法としては、太陽光発電システムや風力発電システムなどを自宅に設置することが考えられます。

これらのシステムは、初期費用はかかりますが、長期的に見れば電気代を削減できるだけでなく、余剰電力を売電することで収入も得られます。

また、国や地方自治体から補助金や減税などの支援も受けられる場合があります。

電気代が高すぎる時の3つの対策

電気代が高すぎる時の対策として、主に次の3つが挙げられます。

・エネルギー効率の良い家電に変える

・ピーク時の電力使用を避ける

・電気の契約プランを見直す

エネルギー効率の良い家電に変える

電気代を節約するためには、エネルギー効率の良い家電に変えることが有効です。エネルギー効率の良い家電とは、同じ機能を果たしながらも、消費電力が少ない家電のことです。

エネルギー効率の良い家電は、エネルギー消費効率(EER)や年間消費電力量(APF)などの指標で判断できます。

一般的に、エネルギー消費効率が高く、年間消費電力量が低いほど、エネルギー効率が良いと言えます。

エネルギー効率の良い家電に変えることで、長期的に見て電気代を大幅に削減できるでしょう。

ピーク時の電力使用を避ける

電気代を節約するためには、ピーク時の電力使用を避けることも有効です。

ピーク時とは、一日の中で電力需要が最も高くなる時間帯のことで、通常は朝7時から9時と夕方5時から9時の間です。

ピーク時は電力会社が供給する電力量に限界があるため、高い電気料金が設定されています。ピーク時の電力使用を避ける方法としては、以下のようなものがあります。

・洗濯機や食器洗い機などの大型家電は、ピーク時以外に使用する。

・照明やテレビなどの小型家電は、必要なときだけ点ける。

・エアコンや暖房器具は、温度設定を適切にする。

・省エネモードやタイマー機能を活用する。

これらの方法を実践することで、ピーク時の電力使用量を減らし電気代を節約できます。

電気の契約プランを見直す

電気代を節約するためには、電気の契約プランを見直すことも有効です。

電気の契約プランとは、電力会社との間で定められた電気料金の計算方法や支払い条件などのことです。電気の契約プランは、自由に選択できるものもあります。

例えば、時間帯別料金制やピークシフト制などです。「時間帯別料金制」とは、時間帯によって電気料金が異なるプランで、「ピークシフト制」とは、ピーク時(昼間)に使用する電気量を削減することで、割引を受けられるプランです。

これらのプランは、自分のライフスタイルや使用パターンに合わせて選ぶことで、電気代を節約できるでしょう。

電気代が高すぎる時は電力会社の切り替えの検討をする

電気代は季節や使用量によって変動しますが、それでも毎月の支払いが負担になっている場合は、電力会社の切り替えを検討してみましょう。

電力会社の切り替えは、インターネットや電話で簡単に申し込むことができます。

電気代が高すぎる時は、ぜひ電力会社の切り替えを検討してみましょう。自分に合った電力会社を選ぶことで、快適さを失うことなく節約できる暮らしが実現できます。

SHARE