HOME / ブログ / 電気代の基本料金とは?電気代の計算方法を徹底解説

blog

ブログ

電気代の基本料金とは?電気代の計算方法を徹底解説

公開日:
2023.11.29

電気代は、毎月の生活費の中でも大きな割合を占めるものです。

しかし、電気代の内訳や計算方法を正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

特に、電気代の基本料金という項目については、何のために必要なのか、どうやって決まるのか、など疑問を持っている人も多いでしょう。

そこで、今回は電気代の基本料金や電気代の計算方法などについて解説していきます。

電気代の基本料金とは?

電気代の基本料金とは、電力会社が電気を供給するために必要な設備や人件費などの固定費用をカバーするために、契約容量や契約種別に応じて毎月一定額請求される料金です。

基本料金は、電気の使用量に関係なく支払わなければならない料金であり、契約容量が大きいほど高くなります。

また、契約種別によっても基本料金は異なります。

例えば、時間帯別電灯やピークシフト電灯などの特殊な契約では、通常の従量電灯よりも基本料金が高く設定されています。

電気代の計算とは?

電気代の計算とは、電気の使用量と単価を掛け合わせて求める方法です。

電気の使用量は、メーターで計測された値から前回の値を引いた差分で表されます。

単価は、契約種別や使用量に応じて変動する従量料金と基本料金の合計で構成されます。

従量料金は、使用量が増えるほど単位あたりの価格が高くなる階段制となっており、一般的には3段階または4段階に分かれています。

また、時間帯別電灯やピークシフト電灯などの特殊な契約では、時間帯や季節によって単価が異なるので注意が必要です。

電気代の基本料金を節約する方法

基本料金は、電気を使わなくても発生する固定費ですが、節約する方法はあります。

・無駄な電気を使わないようにする

・電力会社を変更する

・電力会社が提供する割引サービスを受ける

無駄な電気を使わないようにする

基本料金は契約アンペア数によって変わりますが、契約アンペア数は自分の家庭の電気使用量に合わせて選ぶことができます。

無駄な電気を使わないようにすることで、電気使用量を減らし、契約アンペア数を下げることが可能です。

例えば、家を留守にするときは、照明や空調などの電化製品を切り忘れないようにする、節電モードやタイマー機能を活用する、エコ家電やLED電球などの省エネ製品を導入するなどの工夫があります。

電力会社を変更する

2016年から全国で電力自由化が始まり、従来の地域別の電力会社以外にも新たな電力会社が参入し競争が促進されました。

それによって、消費者はプランやサービスなど、自分の好みやニーズに合わせて電力会社を選ぶことができるようになりました。

電力会社を変更することで、基本料金や従量料金が安くなる場合があるでしょう。

また、再生可能エネルギーを多く使っている電力会社や、ポイントや特典が付く電力会社もあります。

自分のライフスタイルや価値観に合った電力会社を探してみましょう。

電力会社が提供する割引サービスを受ける

多くの電力会社は、消費者に対して割引サービスを提供しています。

例えば、オンラインで申し込みや支払いを行うと割引されるサービスや、長期契約や一括払いをすると割引されるサービスなどです。

また、ガスや水道などの他の公共料金とセットで契約すると割引されるサービスもあります。

自分が利用している電力会社や検討している電力会社が、どのような割引サービスを提供しているか確認してみましょう。

電気代の基本料金と計算方法についてのまとめ

電気代の基本料金とは、電力会社が電気を供給するために必要な固定費用をカバーするために請求される料金のことで、契約容量や契約種別に応じて決まります。

電気代の計算とは、電気の使用量と単価を掛け合わせて求められるもので、単価は従量料金と基本料金の合計で構成されています。

従量料金は使用量や時間帯に応じて変動するでしょう。また、電気代を節約するためには、契約容量や契約種別を見直したり、使用量や時間帯を工夫したりすることが有効です。

さらに、無駄な電気を使わないようにすることや、電力会社を変更することや、割引サービスを受けることも考えてみましょう。

SHARE