HOME / ブログ / 電気代節約 / 【電気代が高い家電ランキング】安くするための節電方法も解説!

blog

ブログ

【電気代が高い家電ランキング】安くするための節電方法も解説!

公開日:
2024.01.17

電気代の負担は、年々増加していて困っていませんか?

電気代は、家計に大きな負担を与えますが、節約のための具体的な方法が見つからずに悩んでいる方も多いでしょう。

 何も対策をしないと、無駄な電気代が積み重なり、貴重なお金が消えていく一方です。

この記事では、電気代が高い家電のランキングと、効率的に使うための節電ポイントを紹介します。

これらの情報を上手く活用することで、電気代を大幅に削減することが可能です。

 家庭で日常的に使用する家電に焦点を当て、具体的な節約方法を紹介しますので、家電を効率的に活用して、毎月の家計管理に役立ててください。

電気代が高い5つの家電と節電ポイントを紹介!

消費電力が高い家電は、以下のとおりです。

  • 冷蔵庫
  • 照明器具
  • テレビ
  • エアコン
  • 洗濯乾燥機

それぞれの節電ポイントなども、併せて解説していきます。

冷蔵庫

冷蔵庫は、家庭で最も電力を消費する家電です。

365日24時間稼働し続けるため、大型のモデルや古いタイプは電気代が高くなってしまいます。

年間の電気代はモデルによって異なりますが、一般的には約10,000円から20,000円程度となることが多いです。

【節電ポイント】

  • 温度設定をこまめに行う:冷蔵室を約5℃、冷凍室を約-18℃に保つのが理想的です。低すぎる温度設定は、不必要な電力を消費します。
  • ドアの開閉を最小限にする: 冷蔵庫のドアを開ける時間を短くすることで、冷気の流出を防ぎ、効率的に冷却を保てます。

照明器具

照明器具も、常時点けることが多いので電力消費が大きくなります。

特に、LEDなどの省エネタイプではない白熱電球の場合、電気代に大きく影響します。

【節電ポイント】

  • LED電球へ交換する: 白熱電球や蛍光灯からLED電球への交換は、消費電力を大幅に削減できます。
  • 必要な照明のみ使用: 使用していない部屋の照明はこまめに消し、必要な部分のみを照らす。

テレビ

大画面や高性能なテレビは、特に電気を多く消費する傾向にあります。

長時間の使用や待機電力も、電気代に影響を与える要因です。

また、最近ではさまざまな動画コンテンツが提供されているため、視聴時間が増えてしまい、電気代が高くなる原因となっています。

【節電ポイント】

  • 適切な画面サイズを選ぶ:大きい画面で視聴するのは魅力的ですが、部屋に合った画面サイズを選ぶことで、消費電力を少なくできます。
  • 明るさを調整する: 画面の明るさを適切に調整することで、消費電力を抑えられます。夜間などは、明るさを下げると効果的です。

エアコン

エアコンは、電気代が高くなるイメージが強いですが、年間を通してみると、冷蔵庫などより、消費電力が少なくなります。

年間を通して使用するのではなく、夏と冬に使用することが多いからです。

ただし、最近では「全館空調」という住宅設備がついている住宅があり、その場合は、年間を通じて使用するので、消費電力は高くなるケースがあります。

【節電ポイント】

  • 適切な温度設定をする: 夏は28℃、冬は20℃程度に設定すると効率的です。1℃の設定変更で、約10%の電力消費が変わると言われています。
  • 定期的なフィルター清掃: エアコンのフィルターを定期的に掃除することで、空気の流れをスムーズにし、効率的な運転を保てます。

洗濯乾燥機

洗濯機は、「縦型」「ドラム型ヒーター乾燥タイプ」「ドラム型ヒートポンプ乾燥タイプ」など、さまざまなモデルがありますが、乾燥機能を使うことで、大きく電力を消費してしまいます。

【節電ポイント】

  • 乾燥機能の使用を控える:自然乾燥と洗濯機での乾燥を使い分けることで、乾燥時間も短くなり、消費電力を抑えられます。
  • 洗濯する量を調整する:洗濯機に満杯で洗濯・乾燥機能を使うと、非常に効率が悪く、多くの電気を使います。多すぎる場合は、2回に分けるなどして調整するようにしましょう。

【電気代が高い家電】年間の電気代を比較!

ここでは、各家電の年間の電気代を比較していきます。

家電年間電気代備考
冷蔵庫約9,000円470Lの冷蔵庫で算出
照明器具約7,000円45WLED電球(12時間点灯)で算出
テレビ約4,000円50型4Kのテレビで算出
エアコン約21,000円8畳用(木造住宅使用)で算出
洗濯乾燥機約23,000円乾燥容量6kgのドラム式洗濯乾燥機で算出

年間を通して見てみると、それぞれの電気代がとても高いことがわかります。

使用している家電の型式が古い場合や、サイズが大きい場合はさらに電気代が高くなる可能性があります。

節電をするための3つのコツ

電気代を安くするために行う、節電のコツは以下のとおりです。

  • エコ家電を選ぶ
  • 電気代が安い時間に使用する
  • 電力会社を乗り換える

コツ①エコ家電を選ぶ

エコ家電は省エネ性能が高く、長期的に電気代を節約できます。

エネルギースター認定製品など、効率の良いモデルを選ぶようにしましょう。

新しい家電は、デザインが新しくなるだけでなく、消費電力も大幅に削減することができます。

コツ②電気代が安い時間に使用する

電力会社によっては、時間帯によって電気代が異なるプランを提供しています。

洗濯乾燥機や食器洗い機などの大型家電は、電気代が安い夜間などに使用すると節約に繋がるので、工夫して使うようにしましょう。

多くの電力会社では、深夜帯に電気代が安くなるプランを提供していることが多いようなので、その時間帯に使うと節約に繋がります。

コツ③電力会社を乗り換える

電力自由化により、多くの電力会社が、さまざまなプランを提供するようになりました。

自宅の使用状況に合ったプランを選ぶことで、電気代を節約できます。

料金プランの比較や、割引オプションの利用も検討するようにしましょう。

【電気代が高い家電でも安心】電力会社やプランの選び方を解説

ここでは、電力会社を選ぶ重要性と、プランの選び方について解説していきます。

電力会社選びの重要性

2016年4月1日以降、「電力自由化」により全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

以前は、東京電力・関西電力など特定の電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化により、ドコモ電気、楽天でんきなど、企業が提供する電力会社なども契約できるようになりました。

各電力会社には、さまざまな料金プランやサービスがあります。

また、乗り換えキャンペーンやガスとのセット割引など、多くのキャンペーンがあります。

評判や口コミもしっかりと確認し、信頼できる電力会社を選ぶようにしましょう。

電気代を下げるプランの選び方

電力会社を選ぶときには、自分のライフスタイルに合った最適なプランを選ぶことで、電気代の節約と、快適な生活の両立ができるようになります。

電気代を下げられる代表的なプランは、以下のとおりです。

時間帯別料金プラン時間帯によって電気代が異なるプラン。夜間や早朝など、オフピーク時間に電気代が安くなる。
定額プラン一定の電力使用量まで、固定料金で利用できるプラン。一定の範囲内であれば、どれだけ使っても料金が変わらないため、予算管理がしやすい。
エコプラン再生可能エネルギーを利用するプランや、省エネに貢献するプラン。環境保護に貢献しながら電気代を節約できる。

各電力会社のプランを比較して、電気会社を選ぶようにしましょう。

よくある質問

家電の中で最も電気代が高いのはどれですか?

 一般的に、エアコンが最も高いです。夏の冷房や冬の暖房を頻繁に使用すると、電気代が大幅に上がります。

古い家電を使い続けることで電気代にどのような影響がありますか?

古い家電は新しいモデルに比べて効率が悪く、より多くの電力を消費します。そのため、古い家電を使い続けると、電気代が無駄に高くなる可能性があります。

電力会社を乗り換えることで、実際に電気代はどれくらい節約できますか?

 電力会社を乗り換えることで節約できる金額は、使用する電力量や選択するプランによって異なります。適切なプランを選べば、年間で数千円から数万円の節約が可能です。

電気代が高い家電でも工夫次第で節約できる!

この記事では、電気代が高い家電のランキングと、それぞれの節電ポイントについて解説しました。また、年間の電気代を抑えるための具体的なコツや、電力会社の選び方についても解説しました。

電気代の節約は、月々で見ると微々たるものかもしれませんが、年間を通すと大きな支出になっています。

日々の小さな工夫や、電力会社・プランの見直しをすることで、電気代は節約することが可能です。

「電気代が高い」と悩んでいる方は、紹介した節電ポイントを実施してみて、節約に取り組んでみてください。

SHARE