HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代の補助って?補助で料金が安くなっているのか徹底解説!

blog

ブログ

電気代の補助って?補助で料金が安くなっているのか徹底解説!

公開日:
2024.01.17

電気代の高騰に伴って、国が補助金を出しているのを知っていますか?

電気代の補助金は、2023年1月から始まっており、

電力量料金の一部を国が負担しています。

この記事では、補助金の概要、値引き額や適応期間などを解説。

さらに、電気代が高騰している理由についても解説していきます。

この記事を読めば、毎月の電気代を安くする方法が見つかります。

電気代補助金の概要

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • 電気代補助金ってなに?
  • 手続き方法は?
  • 値引き額は?
  • 補助金で電気料金は安くならない!

それぞれ、確認していきましょう。

電気代の補助金ってなに?

電気代の補助金とは、家庭や企業の電気料金の負担を軽減するための、国が実施している支援策のこと。

正式には「電気・ガス価格激変緩和対策事業」といいます。

2023年1月から始まったこの制度は、電気・ガス価格の急激な変動を緩和することが目的です。

補助金は、電力量料金の一部を国が負担する形で提供され、電気使用量に応じて補助がおこなわれます。

補助金の手続き方法は?

電気代補助金の申請には、それぞれの利用者が、手続きなどをおこなう必要はありません。

電力会社が国に対して申請をおこない、補助金が承認されると、自動的に利用者の電気料金から値引きされます。

電気代の値引き額は?

補助金の値引き額は、電気使用量に応じて異なります。

値引き額は、以下のとおりです。

対象2023年1月〜8月使用分の補助金額2023年9月〜使用分の補助金額
低圧契約の一般家庭・企業7円/1kWh3.5円/1kwh
高圧契約の企業3.5円/1kwh1.8円/1kwh

表を見てみると、2023年9月以降は、補助金が半額になっています。

値引きされた金額は、毎月の電気やガスの使用量を示す検針票や請求書、または契約者専用のオンラインマイページで確認することができます。

各電力会社で確認の方法が異なるため、不明な点があれば問い合わせてみると良いでしょう。

補助金で電気代は安くならない!

補助金は、電気代そのものを直接、下げるものではありません。

電気代の一部を国が負担する形で提供されるため、利用者が支払う電気代の請求額自体は、減りません。

電気・ガス価格激変緩和対策事業でおこなわれている補助の目的が、電気代が高騰している部分に対しての施策なので、電気代が安くなったと感じる方は少ないでしょう。

電気代の補助金はいつまで適応される?

電気代の補助金制度は、当初2023年9月までの適用が予定されていましたが、その後2024年4月まで延長されることが決定しました。

この延長は、物価高が続いていることを考慮したものです。

ただし、補助金の額は、2023年9月以降に半減されているため、今後も補助金が減額される可能性があります。

電気代が今後も高騰すると言われている2つの理由

電気代が今後も高騰すると言われている理由は、以下のとおりです。

  1. 円安によって石炭や天然ガスの輸入価格が上がっているから
  2. ロシアのウクライナ侵攻による輸出入の制限のため

それぞれ、確認していきましょう。

理由①円安によって石炭や天然ガスの輸入価格が上がっているから

日本の電力供給の多くは、約70%が火力発電で、使用する燃料の約90%を輸入された石炭や天然ガスに依存しています。

円安の影響で輸入コストが上昇し、結果として、電気代が高騰しています。

特に、2022年以降の円安では、輸入エネルギーのコスト増加に直結し、電気料金に反映されています。

理由②ロシアのウクライナ侵攻による輸出入の制限のため

2022年のロシアによるウクライナ侵攻は、世界的なエネルギー市場に大きな影響を与えました。

ロシアは、石油・石炭・天然ガスにおいて、世界トップクラスの輸出国です。

紛争により、EUやアメリカが経済制裁をおこなっているため、ロシアからの天然ガスや石油の輸出が制限され、世界的な供給不足と価格高騰に繋がりました。

日本もこの影響を受けており、電気代はさらに高騰されることが懸念されています。

電気代を安くするには補助を受けている電力会社を選ぼう!

電気代を節約するためには、国の補助金を受けている電力会社を選択しましょう。

補助金の目的は、電気代の高騰による、利用者の負担を軽減することです。

補助金を申請していない電力会社と契約すると、補助金を受けられず、電気代が高いままとなってしまいます。

多くの電力会社は、国の補助金制度に基づいて、消費者に対して電気料金の一部を補助しています。

ただし、補助金の詳細や適用条件は会社によって異なるため、事前に各社のプランを比較し、自分のライフスタイルに合った最適な電力会社を選ぶことが重要です。

電気代補助金に関するよくある質問

ここでは、電気代の補助金に関するよくある質問に回答していきます。

Q1:電気代補助金はどのような目的で提供されているの?

電気代補助金は、家庭や企業の電気料金の負担を軽減し、電気・ガス価格の急激な変動を緩和することを目的としています。

国が提供するこの制度は、電気代が高騰が高騰している家庭や事業所に対して、補助をおこなうことにより、経済的な負担を和らげることを目指しています。

Q2:電気代の補助金申請にはどのような手続きが必要なの?

電気代の補助金申請は、それぞれの利用者が手続きをおこなう必要はありません。

電力会社が国に対して申請を行い、補助金が承認されると、自動的に利用者の電気料金から値引きされます。

Q3:補助金の適用期間はいつまで?

電気代の補助金制度は、当初2023年9月までの適用が予定されていましたが、その後2024年4月まで延長されることが決定しました。

この延長は、物価高が続いていることを考慮したものです。

ただし、補助金の額は2023年9月以降半減されるため、注意しましょう。

まとめ

この記事では、電気代の補助金について解説しました。

電気代の補助金は、家計にとって大きな助けとなる重要な制度です。

補助金の申請は、電力会社がおこなうので、利用者が特別な手続きをおこなう必要はありません。

また、電気代を安くするためには、補助金の申請をして承認されている電力会社を選ぶことが重要です。

補助金は、2024年4月まで延長されることになりましたが、2023年9月からは当初より半額になっています。

今後も、補助金が減額される可能性はあるので、十分に注意しておきましょう。

SHARE