HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代の高騰はいつまで続く?高騰している理由や節電方法を解説!

blog

ブログ

電気代の高騰はいつまで続く?高騰している理由や節電方法を解説!

公開日:
2024.01.17

最近、電気代の請求書を見て、びっくりしていませんか?

私たちの生活にじわじわと影響を与えている電気代の高騰、その理由は一体何なのでしょうか。

この記事では、電気代の高騰がいつまで続くのか、電気代が高騰している理由などをわかりやすく解説します。

また、電気代がピンチの今、節電についての具体的な対策についても紹介します。

日々の生活費を見直したい方や、賢い節約術を探している方におすすめの記事です。

ぜひこの記事を読んで、賢く電気代を節約していきましょう。

電気代の高騰はいつまで続く?

電気代の高騰は、近年の国際情勢やエネルギー市場の変動に大きく影響されています。

特に、燃料価格の上昇や供給不足が主な原因です。

燃料価格の高騰をうけて、一般家庭の負担軽減を目的とする「電気・ガス価格激変緩和対策事業」という補助金が、受けられるようになりました。

一時的ではありますが、2023年には電気代の高騰が、落ちつきを見せています。

しかし、専門家によると、短期間で解決する可能性は低く、電気代の高騰は当面続くと予想されています。

現状は、ウクライナ情勢をはじめとした国際社会の動きも、予想しにくい状況です。

2023年以降、電気代が再度大幅に値上がりする可能性も考えられます。

大幅な値上がりに対してすぐに対策できるように、日頃から、節電対策や電気代に関してさまざまな情報を取り入れるようにしましょう。

電気代が高騰している3つの理由

電気代が高騰している理由は、以下のとおりです。

  • ロシアのウクライナ侵攻による影響
  • 新型コロナウイルス収束後の経済回復のため
  • 東日本大震災以降に原子力発電の稼働率が低下しているから

それぞれ、確認していきましょう。

理由①ロシアのウクライナ侵攻による影響

2022年2月から始まったロシアのウクライナ侵攻は、世界的なエネルギー市場に大きな影響を与えています。

ロシアに対する経済制裁によって、ロシアが天然ガスや原油を輸出できなくなり、世界的な供給量が減少し、燃料価格が高騰しているからです。

この高騰は、日本を含む多くの国々の電気代に、直接的な影響を及ぼしています。

エネルギーの輸入依存度が高い国々では、深刻な状況が続いています。

理由②新型コロナウイルス収束後の経済回復のため

新型コロナウイルスのパンデミックが収束に向かうにつれて、世界的な経済活動が再開し、燃料の需要を急激に高めました。

経済活動の回復に伴い、工業生産や商業活動が活発化し、電力消費が増えている傾向にあります。

経済は、まだ回復途中ですので、電気代はさらに高騰する可能性があります。

理由③東日本大震災以降に原子力発電の稼働率が低下しているから

東日本大震災以降、日本国内の原子力発電所の多くは、稼働率が下がっています。

高額な化石燃料を使った火力発電に依存する割合がさらに増え、電気代の高騰につながっています。

原子力発電は、安定した低コストの電力供給源です。

国内の電力供給を保つため、火力発電が代替え案として採用されていますが、電気代が高騰するようになりました。

電気代高騰に対する補助金はいつまで貰える?

政府は、電気代の高騰に対応するために、資源エネルギー庁による「電気・ガス価格激変緩和対策事業」を発表しました。

2023年1月から開始され、2024年1月まで延長が決定されており、現在のところ、補助金の具体的な終了時期は未定です。

この補助金は、一時的なものであり、長期的な解決策にはなりません。

政府の財政状況やエネルギー市場の動向によっては、この支援策が縮小または終了する可能性があります。

補助金が終わると、電気代の支払いはさらに高くなる可能性がありますが、対策を何もおこなわなければ、家計を圧迫しつづけるだけです。

電気代の節約については、長期的な目線で対策を考えていきましょう。

電気代の高騰に効果的な4つの節電対策

電気代の高騰に効果的な節電対策は、以下のとおりです。

  • 電力会社を乗りかえる
  • 深夜割引が適用される料金プランを契約する
  • 省エネ家電に買いかえる
  • 家電を定期的に清掃し効率よく使う

それぞれ、確認していきましょう。

対策①電力会社を乗りかえる

2016年4月1日から始まった電力自由化により、より安い電力会社への乗り換えができるようになりました。

各電力会社の料金プランを比較し、自宅や事業所に最適なプランを選ぶことで、節電につなげられます。

料金プランを比較するときには、消費電力量、使用時間帯やライフスタイルを把握しておくことが重要です。

対策②深夜割引が適用される料金プランを契約する

多くの電力会社では、深夜時間帯に使用する電力に対して割引を適用する料金プランを提供しています。

以下は、東京電力の深夜割引プラン「夜トク8」の詳細です。

基本料金(1kw)電力量料金(1kw)
230.67円AM7:00〜PM11:00PM11:00〜AM7:00
42.80円31.84円

参考:東京電力

このようなプランを利用することで、電気代をお得に節約できます。

対策③省エネ家電に買いかえる

省エネ性能の高い家電に買いかえることで、電気代を節約できます。

古い家電は、最新の電化製品と比べると電力使用量が大きく、家電によっては約3倍の差があることも。

エアコン、冷蔵庫、照明器具などの日常的に使う家電は、省エネ型に買いかえることで、電力消費の削減に大きく期待できます。

対策④家電を定期的に清掃し効率よく使う

家電を定期的に清掃したり、適切に使用したりすることで、無駄な電力消費を減らし、電気代を節約できます。

例えば、エアコンのフィルターを定期的に掃除することで、冷暖房の効率が向上し、電力消費を抑えることが可能です。

また、不要な照明、テレビやパソコンを使わない時は電源を切る、冷蔵庫の中身を詰めすぎないなど、日常の小さな積みかさねが、節約につながります。

電気代に関するよくある質問

ここでは、電気代に関するよくある質問に回答していきます。

Q1:電気代の高騰の主な原因は何ですか?

電気代高騰の原因は、以下のとおりです。

  • ロシアのウクライナ侵攻による国際的なエネルギー市場の不安定化
  • 新型コロナウイルスの収束後の経済回復による電力需要の増加
  • 東日本大震災以降の原子力発電の稼働率低下

Q2:電気代を節約するための効果的な方法は何ですか?

電気代を節約する効果的な方法は、以下のとおりです。

  • 電力会社の乗りかえ
  • 深夜割引プランの利用
  • 省エネ家電への買いかえ
  • 家電の効率的な使用と定期的な清掃

Q3:政府の電気代高騰に対する補助金はいつまで続きますか?

補助金は、2024年1月まで継続される予定ですが、終了時期は未定です。

政府の財政状況やエネルギー市場の動向によっては、補助金が減ったり、終わったりする可能性があります。

電気代の高騰はいつまで続くか不明!しっかりとした節電対策を!

電気代の高騰に対処するためには、個々の家庭や事業所が、ライフスタイルに合わせた対策をおこなうことが重要です。

電力会社の選択、料金プランの見直しは、直接的な節約につながり、大きな節約に期待できます。

また、省エネ家電への買いかえや、定期的な清掃は、小さな節約かもしれませんが、長期的に見ると、とても重要な項目です。

政府の補助金は、2024年1月まで継続される予定ですが、今後の見通しは立っていません。

また、補助金は、一時的な負担軽減には役立ちますが、恒久的な解決策ではありません。

電気代の高騰が続くなか、家計を圧迫しないように電気代を安くするには、自分のライフスタイルや習慣を見直し、効果的な節電対策を実施していくことが重要です。

SHARE