HOME / ブログ / 太陽光パネル1枚の価格はいくら?安く購入する方法まで解説

blog

ブログ

太陽光パネル1枚の価格はいくら?安く購入する方法まで解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの購入設置を考えている方向けに価格から、安く購入する方法について解説していきます。

太陽光パネル1枚の価格はいくら?

太陽光パネルは、太陽の光を電気に変換する装置です。

太陽光発電システムを設置する際には、パネルの数や性能によって発電量やコストが変わります。

では、太陽光パネル1枚の価格はいくらなのでしょうか?

そこで今回は、太陽光パネル1枚あたりの価格や、安く購入する方法について解説していきます。

メーカーやパネルの種類によって異なる

太陽光パネルの価格は、メーカーやパネルの種類によって大きく異なります。メーカーとしては、国内外の有名なブランドが多数あります。

例えば、日本ではシャープやパナソニック、京セラや長州産業などが知られています。海外では、LGやサニックス、カナディアンソーラーなどがあります。

これらのメーカーは、品質や信頼性が高いとされていますが、その分価格も高めです。

パネルの種類としては、主に「結晶系」と「薄膜系」があります。結晶系は、単結晶と多結晶に分けられます。単結晶は、純度が高く変換効率が高いですが、製造コストも高いです。

多結晶は、純度が低く変換効率が低いですが、製造コストも低いです。薄膜系は、シリコン以外の材料を使って薄くコーティングしたものです。

薄膜系は、変換効率が低いですが柔軟性や耐久性が高いです。

一般的な太陽光パネルの価格は、1枚あたり20万円~30万円

上記のように、太陽光パネルの価格は様々な要因によって異なりますが、一般的な目安としては、1枚あたり20万円~30万円程度と言われています。

これは、約250W~400Wの出力を持つ結晶系のパネルの場合です。

薄膜系のパネルは、出力が低いために1枚あたりの価格も低くなりますが、必要な枚数も増えるためトータルのコストはあまり変わりません。

また、太陽光パネル1枚の価格だけでなく、設置費用や保証期間なども考慮する必要があります。

さらに、国や地域によっては、補助金や固定買取制度などの制度も利用できる場合があります。これらの制度を活用すれば、初期投資を抑えることができます。

太陽光発電システムを導入する際には、自分のニーズや予算に合ったパネルを選びましょう。

太陽光パネル1枚を安い価格で購入する方法

太陽光パネルは、自然エネルギーを利用して電気を発生させる、とてもエコな装置です。

太陽光パネルを設置することで、電気代の節約や環境保護に貢献できることはもちろん、お財布にも優しいです。

しかし、太陽光パネルは高価で初期投資も多いです。

そこで、ここからは太陽光パネル1枚あたりを安い価格で購入する方法を紹介します。

①割引キャンペーンを利用する

②補助金を活用する

順番に見ていきましょう。

割引キャンペーンを利用する

太陽光パネルの需要は季節や政策によって変動します。

そのため、メーカーや販売店は、在庫処分や販売促進のために、割引キャンペーンを実施することがあります。

割引キャンペーンを利用することで、通常よりも安い価格で太陽光パネルを購入できる可能性があります。

割引キャンペーンは期間限定や数量限定の場合が多いので、チャンスを逃さないように注意しましょう。

補助金を活用する

太陽光パネルを設置する際には、国や地方自治体から補助金が支給される場合があります。

補助金の額や条件は年度や地域によって異なりますが、一般的には設置費用の一部をカバーしてくれます。

補助金を受けるためには、事前に申請や審査が必要です。

また、補助金を受けると、設置後の点検や報告などの義務が発生することもあります。

補助金の詳細は、各自治体のホームページや窓口で確認してみましょう。

太陽光パネルの設置にかかる費用の負担を大きく減らすことができる可能性があります。

太陽光パネル1枚の価格は今後どうなる?

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの代表的なものの一つです。

太陽光パネルを設置することで、自家発電や売電ができます。

しかし、太陽光パネルを設置するには、それなりの費用がかかります。だからこそ、太陽光パネルの今後の動向を考える必要があります。太陽光パネル1枚の価格は、今後どうなるのでしょうか?

今後も下がると考えられる

太陽光パネル1枚の価格は、過去10年間で約8割も下がっています。

これは、太陽光パネルの技術が進歩し、製造コストが下がっていることが主な理由です。

特に、シリコン系の太陽電池は、大量生産や材料の改良により、効率が上がり価格が下がりました。

また、中国やインドなどの新興国での需要が高まり、市場規模が拡大したことも影響しています。

太陽光パネルの技術が進歩し、製造コストが下がっている

太陽光パネルの価格は、過去数十年間で大幅に下がってきました。その理由の一つは、太陽光パネルの技術が進歩し、製造コストが下がっているからです。

太陽光パネルの技術は、主に以下の3つの点で進歩しています。

①太陽電池の効率

太陽電池は、太陽光パネルの中にある素子で、太陽の光を電気に変換します。

太陽電池の効率は、入射する光のうちどれだけを電気に変換できるかを表す指標です。太陽電池の効率が高いほど、同じ面積の太陽光パネルでより多くの電気を生成できます。

現在、市販されている太陽電池の効率は、約15~25%程度ですが、研究開発によってさらに向上する可能性があります。

②太陽電池の種類

太陽電池には、主に結晶シリコン型と薄膜型という2つの種類があります。

結晶シリコン型は、高い効率と長い寿命を持ちますが、製造コストが高く重量も重いです。

薄膜型は、低い効率と短い寿命を持ちますが、製造コストが低く軽量で柔軟性もあります。

最近では、両者の長所を併せ持つ新しい種類の太陽電池も開発されています。

③太陽光パネルの設計

太陽光パネルは、単に太陽電池を並べたものではありません。

太陽光パネルの設計には、反射や影などを減らすためのガラスやフレームなども含まれています。

また、太陽光パネルは天候や季節によって入射する光の量や角度が異なります。そのため、最適な発電量を得るためには、太陽光パネルの向きや角度を調整する必要があります。

これらの課題に対しても、新しい技術やアイデアが提案されています。

まとめ

今回は、太陽光パネルの価格について解説しました。

太陽光パネルの設置、購入を考えている方は無料にてシミュレーションいたしますので、お気軽にご相談ください。

SHARE