HOME / ブログ / 3人家族の電気代の平均は?節約方法まで徹底解説

blog

ブログ

3人家族の電気代の平均は?節約方法まで徹底解説

公開日:
2023.11.29

電気代は、家庭の生活費の中でも大きな割合を占めるものです。

特に、3人家族の場合、電気を使う機会が多くなります。

では、3人家族の電気代の平均はどれくらいなのでしょうか?

また、電気代を節約する方法はどのようなものがあるのでしょうか?この記事では、3人家族の電気代に関する情報をお伝えします。

3人家族の電気代の平均はいくら?

3人家族の電気代の平均は、様々な要因によって変わりますが、約10,387円と言われています。

電気代は、季節や住居の種類、オール電化か否かなどによって変化し、一般的には、夏と冬は高く、春と秋は安いです。

また、集合住宅は一戸建てよりも安くなります。

3人家族の電気代を抑えるためには、これらの要因を考慮して、自分の住環境やライフスタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。

季節ごとの3人家族の電気代の平均

一般的に、夏と冬は冷暖房の使用量が多くなるため、電気代が高くなります。

春と秋は適度な気温であるため、電気代が低くなります。

国土交通省の調査によると、3人家族の電気代の季節ごとの平均は以下の通りです。

1月12,115円
2月13,468円
3月13,518円
4月10,852円
5月10,159円
6月8,922円
7月8,393円
8月10,061円
9月10,061円
10月10,109円
11月9,375円
12月10,028円

これらの数字はあくまで目安であり、エアコンやファンヒーターなどの使用頻度や設定温度によって変わります。

また、地域や電力会社によっても料金体系が異なるため、注意が必要です。

住居別の3人家族の電気代の平均

住居の種類によっても、電気代は変わります。

一般的に、一戸建てでは約11,000円、アパートなどの集合住宅は10,387円程度です。

集合住宅では、一戸建てよりも断熱性が高く外気温の影響を受けにくいため、電気代が安くなります。

また、広さや間取りによっても必要な照明や冷暖房の量が変わるので注意が必要です。

オール電化の場合はいくら?

オール電化とは、ガスや灯油などを使わずにすべて電気で賄う住宅のことです。

オール電化の場合、3人家族の電気代は約14,835円程度です。

ただ、あくまで目安であり、オール電化の設備や使用状況、契約プランによって変わります。電気代が高すぎる場合は、プランの見直しや節電といった対策をすると良いでしょう。

3人家族の電気代を節約する3つの方法

3人家族の電気代を節約する方法としては、次のようなものが挙げられます。

・省エネ家電に買い替える

・こまめに電気を消す

・電力会社の切り替えを検討する

省エネ家電に買い替える

電気代を節約するためには、まずは家電の消費電力をチェックしましょう。

古い家電は、新しい家電に比べて省エネ性能が低く、無駄な電力を使っている可能性があります。

省エネ家電に買い替えるため一定の初期投資は必要ですが、長期的には電気代の削減につながります。省エネ家電の選び方としては、エネルギー消費効率(EER)や年間消費電力量(APF)などの表示を参考にしましょう。

また、エコキュートや太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用することも、環境にもお財布にも優しい方法です。

こまめに電気を消す

家電を買い替えるだけではなく、使わないときはこまめに電気を消すことも大切です。

特に、テレビやパソコンなどの待機電力が高い家電は、コンセントから抜くかタップやリモコンで一括で切るようにしましょう。

また、照明や空調などの使用時間も見直しましょう。

例えば、昼間はカーテンを開けて自然光を取り入れたり、夜は暖色系の照明を使ってリラックスしたりすることで、照明の消費電力を減らすことができます。

空調に関しては、冬は暖房の温度設定を20度以下、夏は冷房の温度設定を28度以上にすることで、節電効果が高まります。

電力会社の切り替えを検討する

電力会社の切り替えを検討することも、電気代を節約する方法の一つです。

2016年から始まった電力自由化により、従来の地域別の一般送配電事業者(東京電力や関西電力など)以外にも、新規参入した小売電気事業者(LooopやENEOSなど)からも電気を購入することができるようになりました。

各社では料金プランやサービス内容が異なるため、自分の家庭の使用状況やニーズに合わせて比較検討することで、よりお得な選択ができる可能性があります。

3人家族の電気代を平均以下にするには電力会社を切り替える

電気代は家庭の出費の中でも大きな割合を占めるものです。

特に3人家族の場合、電化製品や照明などの使用量が多くなります。

しかし、電力会社を切り替えることで、電気代を平均以下に抑えることが可能です。現在、日本では電力自由化により多くの新規参入者が市場に参入しています。

自分の使用パターンや希望条件に合わせて最適な電力会社を選ぶことで、電気代を平均以下にすることもできるでしょう。ぜひ一度、自分の電気代を見直してみてください。

SHARE