HOME / ブログ / 4人家族の電気代の平均は?節約方法まで徹底解説

blog

ブログ

4人家族の電気代の平均は?節約方法まで徹底解説

公開日:
2023.11.29

電気代は家庭の生活に欠かせない費用の一つですが、どのくらいかかっているのでしょうか。

特に、4人家族の場合は電気を使う機会が多くなります。そこで、この記事では4人家族の電気代の平均と節約方法について徹底解説します。

電気代を抑えるためにはどんな工夫が必要なのか、ぜひ参考にしてみてください。

4人家族の電気代の平均はいくら?

4人家族の電気代の平均は、月に約10,000円程度と言われています。

しかし、これはあくまで目安であり、実際の電気代は季節や住居の種類、オール電化かどうかなどによって大きく変わります。

そこで、ここでは4人家族の電気代の平均を季節ごと、住居別、オール電化の場合に分けて詳しく見ていきましょう。

季節ごとの4人家族の電気代の平均

4人家族の電気代は、季節によって大きな差があります。

季節電気代
1月12,318円
2月13,415円
3月14,399円
4月11,668円
5月10,707円
6月9,505円
7月9,362円
8月11,113円
9月11,675円
10月11,367円
11月10,010円
12月10,978円

夏と冬は同じくらいの電気代だと思う方も多いかもしれませんが、実際は夏よりも冬の方が高くなります。これは、エアコンの消費電力が冷房よりも暖房の方が高いためです

住居別の4人家族の電気代の平均

4人家族の電気代は、住居の種類によっても異なります。

一般的に、一戸建ての方が、マンションや共同住宅より高いと言われています。

住居電気代
一戸建て12,644円/月
マンション9,238円/月

この表からわかるように、一戸建てはマンションよりも約3,000~4,000円高くなります。

したがって、4人家族の電気代を節約するためには、住居の種類に応じて冷暖房器具の使用方法を工夫する必要があります。

オール電化の場合はいくら?

オール電化とは、ガスや灯油などの燃料を使わずにすべて電気でまかなう住まいのことです。

オール電化のメリットは、安全性や快適性が高いことやCO2排出量が少ないことなどです。しかし、オール電化のデメリットは電気代が高くなることです。

オール電化の場合、電気代はひと月約1万8,000円程度となっています。これは、ガスや灯油などの燃料代がかからない代わりに、電気代が増えるため高額になっています。

4人家族の電気代を節約する3つの方法

電気代は家計の大きな負担になりがちですが、少しの工夫で節約することができます。ここでは、4人家族の場合に有効な電気代の節約方法を3つ紹介します。

・エアコンの設定温度を上げる

・洗濯機や乾燥機をまとめて使う

・パソコンやテレビの電源をこまめに切る

いずれも簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてください。毎月の電気代が減るだけでなく、地球環境にも優しい生活ができます。

エアコンの設定温度を上げる

夏場にエアコンを使うときは、設定温度を1度上げるだけで、電気代を約10%節約できます。

例えば、28度に設定していたエアコンを29度に上げると1ヶ月の電気代は約500円安くなります。

エアコンの設定温度は、室内の温度との差が5度以内になるようにしましょう。また、扇風機やカーテンなどを併用することで、快適さを保ちながら省エネにもなります。

洗濯機や乾燥機をまとめて使う

洗濯機や乾燥機は、少量の洗濯物を何回も回してしまうと電気代が無駄にかかります。

洗濯物は、できるだけまとめて洗い、乾燥機も必要なときだけ使いましょう。

また、天気の良い日は、屋外やベランダで自然乾燥させることもおすすめです。電気代の節約になるのはもちろんですが、衣類の傷みも防げます。

パソコンやテレビの電源をこまめに切る

パソコンやテレビは、使わずにスタンバイ状態になっている時であっても少しずつ電気を消費してしまいます。

これらの家電は、使わないときは必ず電源を切るようにしましょう。

コンセントから抜くか、タップにスイッチが付いている場合はそれを切ることで、さらに消費電力を減らすことができます。

4人家族の電気代を平均以下にするには電力会社を切り替える

電気代は家庭の出費の中でも大きな割合を占めるものです。

特に4人家族の場合、電化製品の使用頻度や時間が多くなり、電気代も高くなりがちです。

そのため、電力会社を切り替えを検討するのもひとつの対策でしょう。

まずは現在の電気代を確認し、平均よりも上回っている場合は他の電力会社の料金プランを比較・確認してみましょう。

SHARE