HOME / ブログ / 電気代が高い家電をランキング形式で発表!電気代を安くする方法も解説

blog

ブログ

電気代が高い家電をランキング形式で発表!電気代を安くする方法も解説

公開日:
2024.02.14

毎月の電気代に、頭を悩ませていませんか?

特に、夏の冷房や冬の暖房を使用する季節には、電気代が急上昇することも。

この記事では、電気代を急騰させる家電のランキングを大公開します。

エアコン、洗濯乾燥機や冷蔵庫など、私たちの生活に欠かせないこれらの家電が、なぜ電気代を高くするのか、その理由と節電応策についても詳しく解説。

さらに、電気代を節約するための具体的な節電対策についても紹介するので、この記事を読めば、電気代を賢く節約する方法がすぐにわかります。

日々の生活で実践できる節電のコツから、長期的な節約に繋がる家電選びまで、あなたの「電気代を何とかしたい!」というお悩みを解決します。

電気代が高い家電のランキングを発表!

電気代の節約を考えるときに、まず知っておきたいのが、どの家電が電気を多く消費するかということです。

家庭で使用される家電製品の中には、意外と電気を多く消費するものがあり、これらを知ることで、電気代の節約につながります。

ここでは、電気代が高い家電をランキング形式で紹介します。

【夏】電気代が高い家電

夏に電気代が高い家電は、以下のとおりです。

順位家電名電気の使用割合
1位エアコン38.3%
2位照明14.9%
3位冷蔵庫12.0%
4位テレビ・DVD8.2%
5位炊飯器・IH7.8%

参考:資源エネルギー庁(夏季の省エネ節電メニュー)

夏場は、エアコンの使用がとても多く、電気代の約40%を占めています。

照明や冷蔵庫も、1年中使われていますが、特に夏場は、エアコンと合わせて電気代が高くなりがちです。

各家電で、適切な温度設定や節電機能を活用することで、消費電力を抑えることができます。

【冬】電気代が高い家電

冬に電気代が高い家電は、以下のとおりです。

順位家電名電気の使用割合
1位エアコン17.0%
2位冷蔵庫14.9%
3位給湯12.6%
4位照明9.2%
5位炊飯器・IH7.8%

参考:資源エネルギー庁(冬季の省エネ節電メニュー)

冬場でもエアコンがトップに来ることが多いですが、暖房として使っていることが主な理由です。

冷蔵庫は、夏冬問わず電気を消費しますが、給湯器の使用割合が増えるのは、冬場にお湯の使用量が増えるからです。

冬場は特に、エアコンとストーブの同時使用や、部屋の断熱性を高めることで、電気代の節約に繋げられます。

各家電の電気代が高い理由と対応策

電気代が高くなる主な原因の1つは、家庭で使用される家電製品の使い方が不適切であることが考えられます。

ここでは、一般的に使用することが多い以下の家電について、電気代が高い理由と対応策について解説していきます。

  • エアコン
  • 洗濯乾燥機
  • 食洗機
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 照明
  • アイロン
  • ドライヤー
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • コーヒーメーカー
  • パソコン
  • ゲーム機

それぞれ、確認していきましょう。

家電製品電気代が高い理由対応策
エアコン長時間の使用と不適切な温度設定適切な温度設定定期的なメンテナンス省エネ型への買い替え
洗濯乾燥機乾燥機能の高い電力消費乾燥機能の使用を控える夜間の低料金時間帯に使用
食洗機高温水の使用と乾燥機能エコモードの利用フルロードでの使用
冷蔵庫24時間連続運転温度設定の最適化定期的な掃除と整理
テレビ大画面・高解像度モデルの高い消費電力省エネ設定の利用使用しないときは電源オフ
照明白熱電球の使用LED電球への交換
アイロン高温での長時間使用必要な時だけ使用し効率的なアイロンがけ
ドライヤー高出力での使用低温設定の利用タオルドライでの事前乾燥
電子レンジ短時間での高出力使用必要最小限の時間で加熱
掃除機高出力モードでの使用効率的な掃除計画低出力モードの利用
コーヒーメーカー加熱と保温機能の連続使用必要な分だけ淹れる保温機能の使用を控える
パソコン長時間の使用と待機電力使用しないときはスリープモードや電源オフ省エネ設定の利用
ゲーム機長時間プレイと高性能ハードウェアの高消費電力プレイ時間の管理使用しないときは完全に電源オフ

実際の節電効果は、家電の使用方法や生活環境によって異なりますので、自分の状況に合わせて、適切な対策を実施していきましょう。

高い電気代に対応するための節電対策3選

高い電気代に対抗するための、おすすめの節電対策は、以下のとおりです。

  • 夜間に電力が大きい家電を使う
  • 電気料金プランを見直す
  • 省エネ家電に変更する

それぞれ、確認していきましょう。

節電対策①夜間に電力が大きい家電を使う

多くの電力会社が、夜間の電力使用に対して割引料金を提供していることを利用し、洗濯機、食洗機、電気温水器など、電力消費が大きな家電製品を夜間に稼働させることで、日中に比べてコストを抑えながら、電気代を節約することが可能です。

タイマー機能を使って、家電が自動的に夜間に動作するよう、設定するようにしましょう。

節電対策②電気料金プランを見直す

電力自由化により、各電力会社からさまざまな料金プランが提供されている現在、自宅の電力使用状況に合った最適なプランへの見直しや、複数の電力会社のプランを比較することで、より効率的に電気代を節約することができます。

生活パターンに合わない電気料金プランに加入している場合、不必要に高い電気代を支払っている可能性があるので、注意しましょう。

節電対策③省エネ家電に変更する

古い家電製品は、新しいモデルに比べてエネルギー効率が低いことが多く、同じ機能を利用してもより多くの電力を消費します。

省エネ性能に優れた最新の家電製品に買い換えることで、初期投資は必要ですが、長期的にみれば、電気代の節約に大きく貢献します。

特に、エアコン、冷蔵庫や照明など、日常的に使用する家電製品の省エネモデルへの変更は、電力消費の削減に効果的です。

家電を選ぶときには、エネルギー消費効率の良い製品を選ぶことが重要です。

エネルギー消費効率ラベルや、省エネマークが付いている製品を選択するようにしましょう。

電気代が高い家電は省エネモデルに買い替えよう!

電気代を節約するために最も効果的な方法の1つは、省エネモデルへの家電の買い替えです。

電力消費が大きい家電製品を省エネ型に更新することで、電気代の大幅な削減に期待ができます。

省エネモデルに変更することで、電気代が安くなる可能性が高い家電は、以下のとおりです。

家電製品省エネ化による効果
エアコン最新の省エネモデルは消費電力を大幅に削減
冷蔵庫効率的な冷却システムで運転コストを低減
洗濯機水と電力の使用量を抑える先進的な機能
照明器具LED電球への交換で消費電力を大きく減少
テレビ低消費電力の液晶技術やOLED技術による省エネ効果

これらの家電製品は、日常的に使用されることが多く、省エネモデルへの買い替えによって、家庭の電気代節約に、大きく貢献できます。

エアコンや冷蔵庫は、24時間稼働することもある家電であるため、省エネ性能の高いモデルは、効果を最も実感しやすいでしょう。

よくある質問

ここでは、電気代が高い家電に対する、よくある質問について回答していきます。

Q1: 省エネモデルに買い替えると電気代はどのくらい節約できますか?

省エネモデルへの買い替えによる電気代の節約効果は、使用する家電の種類、使用頻度や省エネ性能によって異なります。

例えば、古いエアコンを最新の省エネ型エアコンに更新することで、使用電力を最大30%程度削減できるケースもあります。

年間の電気代に換算すると、数千円から数万円の節約に繋がる可能性があります。

Q2: 省エネ家電の選び方にはどのようなポイントがありますか?

省エネ家電を選ぶときのポイントは、エネルギー消費効率の良さを示すラベルやマークをチェックすることです。

日本では、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づき、家電製品にエネルギー消費効率ラベルが表示されています。

このラベルを参考に、消費電力が少なく、効率的に動作する製品を選ぶことが重要です。

また、製品の機能やサイズが自宅の使用状況に合っているかも、製品選びの重要なポイントです。

Q3: 電気代が高いと感じたら、まず何をチェックすれば良いですか?

電気代が予想以上に高いと感じたときは、電力消費の大きな家電製品の使用状況をチェックしましょう。

エアコン、冷蔵庫、洗濯乾燥機など、常に稼働している家電や、使用頻度が高い家電の設定温度や使用時間を見直すことが大切です。

また、家電製品が正しく機能しているか、不具合がないかも確認することが重要です。

さらに、電気料金プランが現在のライフスタイルに適しているかもチェックしてみましょう。

まとめ

電気代を安くしたいのであれば、古い家電を、省エネモデルへ買い替えるのがおすすめです。

日々の生活で使用頻度が高くて電気代が高い家電である、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、照明器具、テレビなどの家電は、省エネ性能が高い最新モデルに更新しましょう。

初期投資は必要ですが、長期的に見れば、電気代の節約によって十分に回収可能です。

また、省エネ家電の導入は、地球環境への貢献にも繋がります。

今一度、自宅で使っている電気代が高い家電を見直し、省エネ性能の高い製品への買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

SHARE