HOME / ブログ / ソーラーパネルメーカー厳選10社!あなたに最適なのは?

blog

ブログ

ソーラーパネルメーカー厳選10社!あなたに最適なのは?

公開日:
2024.03.27

最大90%も!太陽光発電でいくら電気代を削減できる?

▶︎ LINE追加で1分でできる簡単電気代シミュレーションはこちら

太陽光発電は、エコなエネルギー供給として、どんどん普及が増えています。

しかし、どのソーラーパネルのメーカーを選ぶか、すぐに分かるでしょうか?

この記事では、高品質で信頼性の高いソーラーパネルを提供する10社のメーカーを厳選し、それぞれの特徴、製品性能、コストパフォーマンスについて比較をおこないます。

さらに、太陽光パネルの基礎知識から、パネルを選ぶときの重要ポイントについても解説。

太陽光・蓄電池システムをお考えの方へ。

あなたにあったお得なプランをご提案いたします!

ご希望の方には、導入のメリットやお得なプランを掲載した資料をご送付いたします。

無料相談はこちら

太陽光発電の導入を検討中の方や、より効率的で持続可能なエネルギーに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ソーラーパネルの基礎知識

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • 太陽光発電の仕組みとは
  • ソーラーパネルの種類と特徴

それぞれ、確認していきましょう。

太陽光発電の仕組みとは

太陽光発電は、太陽からの光エネルギーを直接、電気エネルギーに変換するシステムです。

これには、ソーラーパネルが使われ、その心臓部として機能するのが半導体です。

半導体に太陽光が当たると、光エネルギーによって電子が動き出して電流が生じ、電力が作られます。

太陽光発電システムは、以下のように構成されています。

  • ソーラーパネル
  • パワーコンディショナー
  • 架台
  • モニタリングシステム

これらの組み合わせにより、家庭、ビルや工場など、さまざまな場所で電力を供給しています。

ソーラーパネルの種類と特徴

ソーラーパネルは、以下のような種類に分けられます。

  • 単結晶シリコンパネル
  • 多結晶シリコンパネル
  • 薄膜型パネル

単結晶シリコンパネルは、高い変換効率ですが価格が高いです。

多結晶シリコンパネルは、その逆で、変換効率はやや劣るものの、コストパフォーマンスに優れています。

薄膜型パネルは柔軟性が高く、設置場所に合わせやすいという特徴がありますが、変換効率は、単結晶や多結晶に比べて低めです。

太陽光発電を導入するときは、ソーラーパネルの特性を考えて、目的に応じたパネルを選ぶことが重要です。

また、パネル選びのときは、費用対効果、変換効率、システム・保証、メーカーの評判やサービス内容についても、必ず検討しましょう。

ソーラーパネルの選ぶときの4つのポイント

ソーラーパネルを選ぶときには、以下のようなポイントを確認するようにしましょう。

  • 費用
  • 変換効率
  • 保証内容
  • メーカー

それぞれ、確認していきましょう。

ポイント①費用

ソーラーパネルを選ぶとき、最も基本的な比較ポイントは費用です。

初期投資の費用が低ければ、回収期間を短くでき、早い段階で収益を得ることが可能になります。

ポイント② 変換効率

変換効率が高いパネルは、同じ面積からより多くの電力を発電できるため、設置スペースが限られている場所で有効です。

また、パネルの素材によっても変換効率は異なり、単結晶シリコン、多結晶シリコン、ハイブリッド型、CIS/CIGS薄膜などの種類があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

例えば、単結晶シリコンは、高い変換効率を持つものの、価格が高い一方、CIS/CIGS薄膜は、価格が安く設置が容易ですが、変換効率は低いです。

太陽光・蓄電池システムをお考えの方へ。

あなたにあったお得なプランをご提案いたします!

ご希望の方には、導入のメリットやお得なプランを掲載した資料をご送付いたします。

無料相談はこちら

最大90%も!太陽光発電でいくら電気代を削減できる?

▶︎ LINE追加で1分でできる簡単電気代シミュレーションはこちら

設置する場所の特性、予算や発電量をしっかり検討して選びましょう。

ポイント③保証内容

ソーラーパネルの性能だけでなく、保証内容も重要な項目です。

保証内容は、メーカーによって異なり、長期的な安心を得るためには、製品保証や性能保証の期間と条件を必ずチェックしましょう。

ポイント④メーカー

ソーラーパネルメーカーを選ぶときには、技術力、信頼性、サービスの質が高いメーカーを選びましょう。

国内外には、多数のメーカーが存在し、それぞれが異なる特徴や強みを持っています。

発電効率の高さ、耐久性、コストパフォーマンス、顧客サポートの質など、自身のニーズに最適なメーカーを選ぶことが重要です。

太陽光パネルおすすめメーカー10選!

太陽光パネルを選ぶときには、コストパフォーマンス、変換効率、保証内容、メーカーの信頼性などが重要な判断基準となります。

以下に、おすすめのソーラーパネルメーカーを紹介します。

会社名概要
マキシオンソーラー 世界最高クラスの変換効率と業界最長の保証期間を誇り、コストパフォーマンスに優れる。
Panasonic独自技術による高い耐久性と、変換効率が特徴。
カナディアンソーラー低照度下でも高性能を発揮し、広範囲にわたる設置実績がある。
長州産業 日本国内の製造で信頼性が高く、コストパフォーマンスに優れる。
SHARP高い技術力で知られ、小型化されたパネルも提供する。
京セラ耐候性と耐久性に優れ、長期間安定した発電が可能。
ネクストエナジー高効率のパネルを提供し、設置環境に柔軟に対応する。
ソーラーフロンティアシンプルなデザインで低価格ながら、保証期間も長い。
Qセルズ大量生産体制を確立しており、圧倒的な低価格。
エクソル変換効率が高く、ハーフカットセル技術を採用しているのが特徴。

ソーラーパネルを選ぶときは、初期コストだけでなく、長期的な運用コストや、保証内容を総合的に考えることが重要です。

各メーカー独自の特徴やサービスを把握し、自分のニーズにぴったりなソ−ラーパネルを選びましょう。

ソーラーパネル導入時のよくある疑問

ここでは、ソーラーパネルを導入するときのよくある質問について、回答します。

蓄電池は必要なの?

蓄電池は、発電した電力を蓄え、日照が不足する夜間や雨天時でも、ソーラーパネルで得られた電力を利用できます。

自宅で、自立電力供給の割合を高めることができ、電力を安定供給することが可能です。

また、災害時の非常用電源としても活用可能です。

初期費用が高いので、購入目的を十分に検討して、判断するようにしましょう。

補助金はあるのか?

多くの自治体や国の政策により、ソーラーパネルに対する補助金が設けられています。

初期投資を抑えられ、導入コストを大幅に減らすことが可能です。

ソーラーパネルを導入するときには、自分が住んでいる地域で、どのような補助金制度があるかを事前に確認しておきましょう。

メンテナンスはどうする?

ソーラーパネルのメンテナンスは、長期的な性能維持に不可欠です。

定期的な点検や清掃を行うことで、発電効率の低下を防ぎ、システムの寿命を延ばすことができます。

メーカーや専門業者によるメンテナンスプランが提供されているケースが多いです。

【まとめ】ソーラーパネルを購入するときは複数メーカーを比較しよう!

ソーラーパネルを選ぶときには、複数のメーカーを比較検討することが、とても重要です。

ソーラーパネルの導入は、以下の点について考える必要があります。

  • 性能
  • 価格
  • 保証内容
  • アフターサービス
  • パネルの種類
  • システム全体の利便性

例えば、発電効率の高さ、長期保証、設置コスト、耐久性や耐候性など、各メーカーの特徴を比べることで、自分にとってベストな選択ができます。

国内外問わず、さまざまなメーカーがあり、異なる技術やサービスを提供しています。

長期的な満足度やコストパフォーマンスを大きく向上させるために、各メーカーを比較検討し、自分のニーズに合ったソーラーパネルを見つけましょう。

SHARE

販売実績4,500件突破!30秒で無料相談いただけます。
太陽光・蓄電池のことならお任せ!無料でシミュレーションいたします。
メールで相談する
販売実績4,500件突破!30秒で無料相談いただけます。
太陽光・蓄電池の無料シミュレーションいたします。
メールで相談する