HOME / ブログ / ソーラーパネルの価格は1枚いくら?kwごとや蓄電池とセットの価格も解説

blog

ブログ

ソーラーパネルの価格は1枚いくら?kwごとや蓄電池とセットの価格も解説

公開日:
2023.11.29

ソーラーパネルは、太陽光を電気に変換するエコな装置です。

ソーラーパネルを設置することで、自家発電や売電ができるようになります。しかし、ソーラーパネルの価格はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、ソーラーパネルの価格や性能について、1枚あたりやkwごとの単価、蓄電池とセットの場合など詳しく解説します。

ソーラーパネル1枚の価格を決める5つのポイント

ソーラーパネルの価格は、次の5つのポイントをもとに決まります。

①容量(ワット数)

②発電効率

③ブランド・メーカー

④サイズ

⑤蓄電池とのセット価格

ひとつずつ見ていきましょう。

容量(ワット数)

ソーラーパネルの容量とは、太陽光を電気に変換する際の最大出力を表す数値で、「kW」で表されます。

一般的に容量が大きいほど発電量が多くなりますが、価格も高くなります。例えば、300Wのソーラーパネルは、最大で300ワットの電力を作り出すことが可能です。

ソーラーパネル1枚の価格は、一般的に1kWあたり約20万円~40万円/kW程度が相場です。

発電効率

ソーラーパネルの発電効率とは、太陽光のエネルギーをどれだけ電気に変換できるかを表す割合です。

発電効率が高いほど同じ面積のソーラーパネルでも多くの電力を発生させることが可能です。

また、ソーラーパネルの発電効率はパーセントで表されます。

一般的な発電効率は20%なので、入射する太陽光のエネルギーの20%を電気に変換することができることになるでしょう。

発電効率が高ければ高いほど価格も上がる傾向があります。

ブランド・メーカー

ソーラーパネルは、ブランドやメーカーが有名で信頼性が高いほど、品質や性能が保証されていると考えられます。

アフターサービスや保証期間なども重要な要素です。

そのため、ソーラーパネル1枚の価格はブランドやメーカーによって変わり、有名で信頼性が高いブランドやメーカーのソーラーパネルは、価格が高くなる傾向にあります。

例えば、日本ではパナソニックやシャープなどが有名なブランドやメーカーですが、中には30万円/kW以上かかる場合もあります。

サイズ

ソーラーパネルは、サイズが大きいほど面積が広くなり価格も高いです。

ソーラーパネルのサイズは、センチメートルやメートルで表されます。

一般的に、サイズが大きいほど価格も高くなりますが、サイズだけではなく、容量や発電効率なども考えるべきです。

同じサイズでも、容量や発電効率が異なるソーラーパネルは、価格や性能が異なるでしょう。

蓄電池とのセット価格

ソーラーパネルと蓄電池とは、太陽光発電システムの主要な構成要素です。

ソーラーパネルは太陽光を電気に変換しますが、蓄電池を付けることで発電した電気を貯めておくことができます。

そのため、蓄電池を設置することで、夜間や停電時などにも自家発電した電気を利用できるようになるでしょう。

また、余剰電力を売電することも可能です。導入する際の価格としては、太陽光パネルと蓄電池をセットで導入すると、200万円~400万円となります。

ソーラーパネルのkwごとの価格一覧

ここからは、ソーラーパネルのkwごとの価格を見ていきましょう。

・1kwのソーラーパネルの価格:約30万円程度

・2kwのソーラーパネルの価格:約60万円程度

・3kwのソーラーパネルの価格:約90万円程度

・4kwのソーラーパネルの価格:約120万円程度

・5kwのソーラーパネルの価格:約150万円程度

小型のソーラーパネルの価格は?

小型のソーラーパネルの価格は、サイズや性能、メーカーなどによって異なりますが、一般的には数万円から数十万円の範囲で購入でき、大型のパネルよりもリーズナブルです。

屋根や庭に設置することで自宅やオフィスでの電力消費を削減したり、災害時の非常用電源として活用したりすることができるでしょう。

また、小型のソーラーパネルは、キャンプや登山などのアウトドア活動にも便利です。

小型のソーラーパネルを選ぶ際には、自分の目的や予算に合わせて出力や効率、耐久性などの性能を比較検討することが重要です。

ソーラーパネルの価格は蓄電池とセットにするとどう変わる?

太陽光パネルと蓄電池は、セットで導入することで価格が高くなりますが、その分利便性も高いです。

ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせることで、発電した電力を貯蔵できるようになるため、夜間や停電時などに自家発電した電力を利用できます。

さらに、余剰電力を売電することも可能です。太陽光パネルと蓄電池を一緒に導入する際の価格は、200万円から300万円程度となります。

ソーラーパネルの価格は設置費用も忘れずに

ソーラーパネルを導入する際には、パネル本体の価格だけでなく設置費用も考慮しなければなりません。

設置費用とは、パネルを屋根に取り付けるための工事費や、発電した電力を送電網に接続するための系統連系費などを指します。

設置費用は、パネルの種類や容量、屋根の形状や方位、地域や業者によって異なりますが、一般的にはパネル本体の価格の20~30%程度と言われています。

ソーラーパネルや蓄電池の設置はお問い合わせください

ソーラーパネルや蓄電池は大きな買い物になります。

弊社ではシミューレーションから設置、どんなことでもご相談いただけます。

お問い合わせフォームよりお気軽にご相談くださ。

SHARE