HOME / ブログ / 太陽光パネルの価格はいくら?安く購入する方法や今後の価格推移まで解説

blog

ブログ

太陽光パネルの価格はいくら?安く購入する方法や今後の価格推移まで解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの購入を考えている方向けに、太陽光パネルの価格と安く購入する方法についてまで紹介していきます。

太陽光パネルの価格はいくら?

太陽光パネルを設置するときに気になるのがパネルの価格です。

太陽光パネルの価格は、設置するパネルの種類、容量、設置場所によって異なりますが、一般的な住宅用太陽光パネルの価格は、1kWあたり20~40万円です。

しかし、これはあくまで目安であり、実際には様々な要素が影響します。

そこで今回は、太陽光パネルの価格や、安く購入する方法、太陽光パネルの今後についてもお伝えしていきます。

設置するパネルの種類、容量、設置場所によって異なる

太陽光パネルの価格は、設置するパネルの種類、容量、設置場所によって異なります。

太陽光パネルの種類には、単結晶型、多結晶型、薄膜型などがあります。

単結晶型は、変換効率が高く高品質ですが価格も高めです。

多結晶型は、変換効率がやや低く色が青みがかっていますが、価格も安めです。

薄膜型は、変換効率が最も低く、耐久性がやや劣るものの価格が最も安く、屋根の形状に合わせやすいです。

また、容量はパネルの発電量を表しており、容量が大きいほど価格も高くなるでしょう。

さらに、設置場所に関しては屋根か地面によって価格が変化し、屋根に設置する場合は、屋根の形状や方向によっても変わります。

地面に設置する場合は、土地の広さや地盤の強度によって価格が変わります。

一般的な住宅用太陽光パネルの価格は、1kWあたり20~40万円

一般的な住宅用太陽光パネルの価格は、1kWあたり20~40万円とされています。

住宅用太陽光パネルの設置には、国や地方自治体からの補助金や減税などの制度がありますので、利用可能な場合は、費用を抑えることができます。

太陽光パネルの価格は、近年下がり続けている

太陽光パネルの価格は、技術の進歩や需要の増加によって、近年下がり続けています。

太陽光発電システムの平均価格は、2010年頃の価格は1kWにつき約57万円でしたが、その後も低下を続け、2020年には約半分程度と大幅に下がっています。

今後もますます下がり続けることが予想されるでしょう。

価格が下がり太陽光発電の導入がより身近なものに

太陽光パネルの価格が下がることで、太陽光発電の導入がより身近なものになっています。

また、補助金や固定価格買取制度(FIT)などの政策も、太陽光発電の普及を促進しています。

FITとは、電力会社が一定期間一定価格で太陽光発電で生成した電力を買い取る制度です。

2023年度のFIT価格は、10kW以上50kW未満は10円/kWh、50kW以上250kW未満は9.5円です。

このように、太陽光パネルの価格が下がり買取価格が高いことで、太陽光発電の回収期間も短くなっています。このような理由から、太陽光発電の導入がより身近になったといえるでしょう。

太陽光パネルの価格を安くする方法

ここからは、太陽光パネルの価格を安くする方法を3つご紹介します。

①複数の業者から見積もりを取る

②割引キャンペーンを利用する

③早めに太陽光パネル会社に相談する

複数の業者から見積もりを取る

太陽光パネルの価格は、業者によって差が大きいです。

同じ規模や性能のパネルでも、業者によって数十万円以上の差が出ることもあります。また、工事費や保証期間などのサービスも違います。

そこで、一つの業者に決めつけずに、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

見積もりを比較することで自分に合った最適な業者を選ぶことができますし、価格交渉の材料にもなります。

割引キャンペーンを利用する

太陽光パネルの価格は、時期によっても変動します。

特に、年度末や年度始めなどは、業者が在庫処分や販売目標達成のために割引キャンペーンを行うことがあります。

そういったキャンペーンを利用することで、さらに安く太陽光パネルを設置することが可能です。

早めに太陽光パネル会社に相談する

太陽光パネルの価格は、補助金や助成金などの制度にも影響されます。

しかし、これらの制度は予算や期限が決まっているため、いつまでも待っていると利用できなくなる可能性があるでしょう。

また、補助金や助成金申請や手続きが必要ですし、それにも時間がかかります。

そのため、早めに太陽光パネル会社に相談することがおすすめです。

太陽光パネル会社は最新の制度情報や見積もりを提供してくれますし、申請や手続きのサポートもしてくれます。早めに相談することで、制度の有効期限内に工事を完了させることができるでしょう。

太陽光パネルの価格推移予測

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの中でも最も普及している技術の一つです。しかし、太陽光パネルの価格はどのように変化してきたのでしょうか。

そして、今後も価格は下がり続けるのでしょうか。

ここからは、太陽光パネルの価格推移とその要因について解説します。

太陽光パネルの価格は今後も下がる

太陽光パネルの価格は、過去数十年間で大幅に下がってきました。

例えば、これまで5kWの太陽光発電を設置すると200〜300万円かかっていた太陽電池の価格は、今では125~175万円程度で設置ができるようになりました。

今後もさらに低下していくと考えられています。

また、太陽光パネルの価格低下には、次のような理由があるとされています。

・製造規模の拡大

・技術革新

これらの要因は、今後も太陽光パネルの価格低下に寄与すると考えられます。特に技術革新は、まだ多くの可能性が残されている分野です。

今後もさらに価格低下が進むでしょう。

技術が進歩し製造コストがさらに下がるから

太陽光パネルの技術革新は今後も進み続け、製造コストはさらに低下し、太陽光パネルの価格も同様に下がっていくでしょう。

技術の進歩に関しては、太陽からのエネルギーを電気エネルギーに変換する「変換効率」が鍵を握ります。

現在市場で主流なシリコン系太陽電池では、変換効率は約15~20%程度です。これは、入射する太陽光の80%以上が反射や熱となり失われることを意味します。

そこで、現在は変換効率を高めるために新しい素材や構造の太陽電池が開発されているところです。

例えば、ペロブスカイト太陽電池やタンデム太陽電池などが注目されています。これらの太陽電池は、シリコン系太陽電池よりも高い変換効率を持ち、製造コストも低いと期待されています。

このような技術革新は、太陽光パネルの製造コストをさらに下げるだけでなく、太陽光発電の可能性を広げると考えられるでしょう。

まとめ

今回は、太陽光パネルの価格や、安く購入する方法、また、太陽光パネルの今後について解説しました。

一般的な住宅用太陽光パネルの価格は、1kWあたり20~40万円と言われていますが、実際は設置するパネルの種類、容量、設置場所によって異なります。

太陽光パネルの普及に伴い価格が下がっており、今後も下がる予想がされています。

技術革新により太陽光パネルの設置に関して様々なメリットが増えていくと考えられるので、太陽光パネルの設置を考えている方は太陽光発電の今後に注目しましょう。

SHARE