HOME / ブログ / 太陽光パネルのリサイクル企業の選び方3つのポイント

blog

ブログ

太陽光パネルのリサイクル企業の選び方3つのポイント

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルが寿命を迎えた際には廃棄をする必要があります。この記事では、リサイクル企業の選び方について解説していきます。

太陽光パネルのリサイクル企業の選び方

太陽光パネルは、環境に優しいエネルギー源として注目されていますが、寿命が来たらどうすれば良いのでしょうか?

太陽光パネルは金属やガラスなどの貴重な資源を含んでおり、適切にリサイクルすることで再利用が可能です。

しかし、リサイクルには専門的な技術と設備が必要であり、一般の廃棄物処理業者では対応できません。そこで、太陽光パネルのリサイクル企業を選ぶ際には、以下の2つのポイントに注意しましょう。

①コストから選ぶ

②実績と経験を考慮して選ぶ

ひとつずつ見ていきましょう。

コストから選ぶ

太陽光パネルのリサイクルには、様々な費用がかかります。

例えば、回収費用、運搬費用、解体費用、処理費用などです。これらの費用は企業によって異なるので、複数の見積もりを取って比較することが重要です。

また、リサイクル企業によっては、高額な料金を請求する場合があります。

料金が高いからといって、必ずしも品質やサービスが良いとは限りません。

逆に、料金が安すぎる場合は、不適切な処理を行っている可能性もあります。そこで、コストから選ぶ際には、以下のような点に注意してください。

・見積もりを複数の企業から取る

・料金の内訳や支払い方法を確認する

・隠れ費用や追加料金がないか確認する

・契約書や領収書をしっかりと保管する

これらの点に気を付けることで、適正な価格でリサイクルを依頼することができます。

実績と経験を考慮して選ぶ

太陽光パネルのリサイクルは、高度な技術と知識が必要です。

特に、太陽電池に含まれるカドミウムや鉛などの有害物質は、人体や環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、安全かつ効率的に処理することが求められます。

そこで、太陽光パネルのリサイクル企業を選ぶ際には、その実績と経験を確認することが大切です。具体的には、以下のような点に注目しましょう。

・どのくらいの期間や規模で太陽光パネルのリサイクルを行っているか

・どのくらいの種類や量の太陽光パネルを取り扱っているか

気になる点を確認するようにしましょう。

太陽光パネルのリサイクル企業に依頼するタイミング

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの代表的な発電設備ですが、その寿命は約20〜30年と言われています。

太陽光パネルが寿命を迎えたら、どのように処分すればよいのでしょうか。

また、寿命以外にも、太陽光パネルをリサイクル企業に依頼するタイミングはあるのでしょうか。

ここでは、太陽光パネルのリサイクル企業に依頼するタイミングについて解説していきます。具体的には、次のようなものが挙げられます。

①太陽光パネルの寿命を迎えたとき

②太陽光パネルが破損したとき

③建て替え・リフォームをするとき

太陽光パネルの寿命を迎えたとき

太陽光パネルは、経年劣化により発電効率が低下していきます。

また、交換した古いパネルには、鉛やカドミウムなどの有害物質が含まれていることがあります。

そのため、太陽光パネルは一般家庭のごみとして捨てることはできず、法律に基づいて適切に処理する必要があります。太陽光パネルの寿命を迎えたときは、専門のリサイクル企業に依頼することが望ましいです。

リサイクル企業は、太陽光パネルを回収し、分解・分別して再利用可能な部品や素材を回収します。

また、有害物質を含む部品や素材は安全に処分します。リサイクル企業に依頼することで、環境への負荷を減らすことができます。

太陽光パネルが破損したとき

太陽光パネルは、屋外に設置されているため、風雨や落雷などの自然災害や飛来物などの外的要因により破損する可能性があります。

また、不適切な取り付けやメンテナンス不足などの内的要因により破損する可能性もあります。

太陽光パネルが破損した場合は、早急に交換する必要があります。太陽光パネルが破損したまま放置すると、発電量が低下したり、火災や感電の危険性が高まったりします。

また、破損したパネルから有害物質が漏れ出す可能性もあります。そのため、太陽光パネルが破損したときは、速やかに専門業者に連絡し、交換を依頼しましょう。

交換した破損したパネルは、寿命を迎えたパネルと同様に、専門のリサイクル企業に依頼することが望ましいです。

ただし、破損の原因によっては、メーカーや施工業者の保証や保険の対象となる場合があります。

その場合は、リサイクル費用や交換費用を一部または全額負担してもらえる可能性があります。そのため、破損の原因や保証・保険の内容を確認しましょう。

建て替え・リフォームをするとき

太陽光パネルは、屋根に設置されていることが多いです。

そのため、建て替えやリフォームをするときは、太陽光パネルの取り外しや移設が必要になる場合があります。

このとき、太陽光パネルをどうするかは次のような要素によって異なります。

・太陽光パネルの寿命や劣化状況

・太陽光パネルの種類や規格

・新しい屋根の形状や方位

・太陽光発電システムの契約内容

太陽光パネルがまだ寿命を迎えておらず、新しい屋根にも適合する場合はそちらへ移設することができます。

ただし、移設には専門業者に依頼する必要があります。

また、移設には移設費用や再設置費用などが発生します。

さらに、太陽光発電システムの契約内容によっては、移設後の発電量や売電価格などが変わる可能性もあります。移設する前には、必ず契約内容を確認しましょう。

太陽光パネルのリサイクル企業に依頼するときの費用相場は?

太陽光パネルのリサイクル企業に依頼するときの費用相場は、太陽光パネルの種類や枚数、サイズ、重量などによって異なります。

また、リサイクル企業によっても料金体系やサービス内容が異なるため、複数の企業から見積もりを取って比較することがおすすめです。

一般的に、太陽光パネルのリサイクル費用は以下のような項目から決定します。

・撤去費用:太陽光パネルを屋根から外す作業費用

・運搬費用:太陽光パネルを現場からリサイクル工場まで運ぶ費用

・処理費用:太陽光パネルを分解して再利用可能な部品や材料を回収する費用

これらの費用の合計は、太陽光パネル1枚あたり約1.5万円~3万円程度と言われています。

ただし、企業によっては、再利用可能な部品や材料の買取価格を差し引いてくれる場合もあります。

その場合は、リサイクル費用が安くなる可能性があります。反対に、回収場所が遠方であったり、パネルが故障していたりする場合は、追加料金が発生することもあります。

太陽光パネルのリサイクルは専門業者に依頼する

太陽光パネルのリサイクルは、専門業者に依頼することが大切です。太陽光パネルには、有害物質や危険物質も含まれています。

適切に処理しないと環境や人体に悪影響を及ぼす可能性があります。

太陽光パネルのリサイクルは法令や規制に従って安全に行う必要があります。

太陽光パネルを排気する際はお気軽にご相談ください。

SHARE