HOME / ブログ / 【20年】太陽光パネルの耐用年数は?寿命を伸ばす裏技5つ解説

blog

ブログ

【20年】太陽光パネルの耐用年数は?寿命を伸ばす裏技5つ解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの耐用年数は約20~30年程度と言われています。

では、どのようにしたら寿命を伸ばすことができるでしょうか?

本記事では耐用年数に関する詳細、寿命を伸ばす方法について解説していきます。

太陽光パネルの耐用年数は約20~30年程度

太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する装置で、環境に優しく再生可能なエネルギー源として注目されています。しかし、太陽光パネルにも寿命があります。

一般的に、太陽光パネルの耐用年数は約20~30年程度と言われています。これは、太陽光パネルの発電効率が年々低下するからです。

使用年数や気象条件によって異なりますが、太陽光パネルの耐用年数をより延ばすためには、定期的な清掃や点検といったメンテナンスが重要です。

パネルを買い替える際は、品質の高いものを選ぶことも大切です。そのため、太陽光パネルは長期的な投資として考える必要があります。

太陽光パネルの寿命を伸ばす方法5つ

太陽光パネルは使い方によっては発電効率が少しずつ低下してしまいますが、基本的には寿命が長い機器です。

ただ、設置したあとの管理を怠っていた場合としっかり管理していた場合とでは、太陽光パネルの寿命に差が生まれることもあります。そこで、ここからは太陽光パネルの寿命を伸ばすための方法を5つ紹介していきます。

①定期的な清掃を徹底する

②風や雪からの保護を徹底する

③蓄電池の適切な管理をする

④適切な保険を採用する

⑤定期的にパネルのコンディションを確認する

太陽光パネルの寿命を伸ばすコツは色々あります。

保険を活用することはもちろん、清掃を始めとした定期的なメンテナンスをすることが大切です。太陽光パネルをより長く効率的に利用するために、管理を徹底しましょう。

定期的な清掃を徹底する

太陽光パネルの寿命を伸ばす方法のひとつとして、定期的な清掃を徹底することが大切です。太陽光パネルの清掃は、季節や環境に応じて行う必要があります。

例えば、花粉や黄砂の多い春や、落ち葉や雪の多い秋冬は、清掃の頻度を高めることが望ましいでしょう。

また、都市部や工業地帯といった大気汚染の影響を受けやすい場所でも、清掃の必要性がより高まります。太陽光パネルの清掃方法は、基本的には水洗いで十分ですが、落ちない汚れには中性洗剤や専用のクリーナーを使うようにしましょう。

また、太陽光パネルの清掃は、自分で行うこともできますが、高所作業や電気設備に関わる作業なので、安全面に十分注意する必要があります。

専門的な知識や技術が必要な場合もあるので、自信がない場合や定期的に行えない場合は専門業者に依頼するのがおすすめです。太陽光パネルの寿命を伸ばし、性能を維持するためにも、清掃を怠らないようにしましょう。

風や雪からの保護を徹底する

太陽光パネルは長期間にわたって外気にさらされるため、風や雪などの影響を受けやすく、性能が低下したり故障したりする可能性があります。

そこで、太陽光パネルの寿命を伸ばす方法として、風や雪からの保護を徹底することが大切です。風からの保護としては、太陽光パネルの設置場所や角度を適切に選ぶことが重要です。

強風によってパネルが揺れたり飛ばされたりしないよう、建物や壁などの風除けを利用したりパネルの傾きを低くしたり することが効果的です。また、パネルの固定具や架台などの部品も定期的に点検し、緩んだり壊れたりしていないか確認しましょう。

雪からの保護としては、太陽光パネルの表面に積もった雪を早めに除去することが必要です。雪が溶けて水になると、パネルの隙間や接続部に入り込んでショートしたり腐食したりする恐れがあります。

また、雪の重みでパネルが曲がったり割れたりすることもあります。雪を除去する際は、専用のブラシやスコップなどを使って優しく払い落としましょう。

金属製や硬い道具はパネルを傷つける可能性があるので避けましょう。このように、風や雪からの保護を徹底することで太陽光パネルの寿命を伸ばすことができます。

太陽光パネルは高価な設備なので、できるだけ長く安全に使えるようにメンテナンスを徹底しましょう。

蓄電池の適切な管理をする

太陽光パネルの性能は時間とともに劣化していくので、太陽光パネルの寿命を伸ばす方法として、蓄電池の適切な管理をすることが大切です。

蓄電池の寿命を伸ばす方法として、以下の点に注意することが必要です。

(1)蓄電池の設置場所は、直射日光や高温多湿を避けること

蓄電池は温度に敏感で、高温になると劣化が早まります。また、湿気や水分によってもショートや腐食が起こりやすくなります。そのため、屋内や日陰に設置し、通気性や防水性に配慮することが重要です。

(2)蓄電池の充放電は、過充電や過放電を避けること

蓄電池は一定の範囲内で充放電することで性能を維持します。しかし、過充電や過放電を繰り返すと、内部の化学反応が乱れて劣化が進みます。そのため、蓄電池の容量や残量に合わせて充放電することが必要です。

適切な保険を採用する

見落としがちな点ですが、太陽光パネルの寿命を伸ばす方法として、適切な保険を採用することも大切です。保険には、太陽光パネルの設置時に加入するものと、設置後に加入するものがあります。

設置時に加入する保険は、工事中の事故や災害による損害を補償するものです。設置後に加入する保険は、落雷や火災、台風などの自然災害や、盗難や破損などの人為的なトラブルによる損害を補償するものです。

また、住宅保険では太陽光パネルの損害をカバーできないことが多いため、太陽光パネルの保険を一般的な住宅保険とは別に加入する必要があります。保険の種類や内容は、設置業者やメーカーによって異なります。そのため、自分の太陽光パネルに合った保険を選ぶことが重要です。

定期的にパネルのコンディションを確認する

太陽光パネルの寿命を伸ばす方法として、定期的にパネルのコンディションを確認することも大切です。具体的な方法としては、主に2つあります。

1つ目は、目視でパネルの表面や枠に汚れや傷がないかをチェックすることです。汚れや傷は、パネルの発電効率を低下させるだけでなく、水分や異物が侵入してショートや発火の原因になる可能性もあります。

もし汚れや傷があれば、専門業者に依頼して清掃や修理を行うようにしましょう。

2つ目は、発電量や電圧を計測することです。発電量や電圧は、パネルの性能を示す重要な指標です。もし発電量や電圧が低下している場合は、パネルに異常がある可能性が高いです。

その場合は、専門業者に依頼して診断や交換を行いましょう。太陽光パネルを長く安全に利用するためにも、定期的にコンディションチェックを実践することが大切です。

太陽光パネルの耐用年数と法定耐用年数について解説

太陽光パネルの寿命とは別に、「法定耐用年数」という概念があります。法定耐用年数とは、税法上で減価償却を行う際に定められた期間のことで、太陽光パネルの場合は9年となっています。

つまり、太陽光パネルを購入したら、9年間でその価値がゼロになると仮定して計算することになります。

しかし、これはあくまで税務上の取り扱いであり、太陽光パネルの実際の耐用年数と法定耐用年数は必ずしも一致しないことを理解しておく必要があります。

太陽光パネルの耐用年数と法定耐用年数の違いとは?

太陽光パネルには、「耐用年数」と「法定耐用年数」という2つの概念があります。

耐用年数とは、太陽光パネルが正常に機能する期間のことで、一般的には約20~30年程度とされています。法定耐用年数とは、税務上の償却資産として認められる期間のことで、太陽光パネルの場合は9年と定められています。

つまり、太陽光パネルを設置した場合、9年間はその費用を経費として計上できるということです。

しかし、実際には太陽光パネルは9年で使い捨てになるわけではありません。耐用年数が過ぎても、発電効率が低下するだけで、まだ電気を生成できます。そのため、太陽光パネルの投資回収期間は、法定耐用年数よりも長くなります。

太陽光パネルの耐用年数と減価償却について徹底解説

太陽光パネルは、長期間にわたって安定した発電性能を維持することができますが、その性能は徐々に低下していきます。この性能低下の度合いを表す指標が、太陽光パネルの耐用年数です。

耐用年数とは、太陽光パネルの発電量が初期の80%以下になるまでの期間のことです。一般的に、太陽光パネルの耐用年数は約20~30年程度とされていますが、製品や設置条件によって異なります。

耐用年数は、太陽光パネルの品質や信頼性を判断する重要な要素です。

しかし、耐用年数だけでは、太陽光パネルの経済性を評価することはできません。太陽光パネルは、設置時に大きな初期投資が必要ですが、その後はほとんどメンテナンス費用がかかりません。

そのため、太陽光パネルの経済性を評価するには、初期投資と発電量の関係を考える必要があります。この関係を表す指標が、減価償却です。

減価償却の概念の理解をしよう

減価償却とは、太陽光パネルの初期投資額を発電量で割った値のことで、太陽光パネルの発電コストや回収期間を示す指標となります。減価償却が小さいほど、太陽光パネルの経済性が高いと言えます。

減価償却は、太陽光パネルの耐用年数や発電効率だけでなく、設置場所や設置角度などの要因にも影響されます。

太陽光パネルの耐用年数と減価償却は、太陽光発電システムの性能や経済性を評価するために重要な概念です。こういった概念を理解することで、より最適な太陽光パネルの選択や設置計画に繋がるでしょう。

耐用年数と減価償却の関連性について解説

太陽光パネルの耐用年数は、減価償却という会計上の概念とも関係しています。減価償却は、固定資産の価値が経時的に減少したときの費用を計上することです。

減価償却費は税金や利益の計算に影響し、太陽光パネルは固定資産として扱われるため、減価償却費を計算する必要があります。

その計算過程で、耐用年数が関わってきます。

減価償却費の計算方法は、法定方法と任意方法があります。法定方法は、税法上定められた方法で、任意方法は、事業者が自由に選べる方法です。法定方法では、太陽光パネルの耐用年数を約20~30年程度としています。

任意方法では、実際の耐用年数や発電効率の低下率などを考慮して、より適切な耐用年数を設定することができます。財務的な内容となりますが、太陽光パネルを設置する際には、耐用年数や減価償却費などを把握しておくことも重要です。

太陽光パネルの耐用年数と保証期間の関係について解説

太陽光パネルの保証期間は、一般的には10年から25年とされています。

しかし、保証期間は必ずしも耐用年数と一致しているわけではありません。保証期間が終了しても、太陽光パネルが正常に動作する可能性はありますし、逆に保証期間中でも、太陽光パネルが故障する可能性もあります。

保証期間はあくまで契約上の条件であり、太陽光パネルの耐用年数や寿命を示すものではありません。耐用年数や保証期間が長いほど、太陽光発電システムの信頼性や安全性が高まりますし、コストパフォーマンスも向上します。

しかし、耐用年数や保証期間だけでなく、他の要素も考慮する必要があります。例えば、太陽光パネルの出力や効率、価格やメンテナンス費用などです。

これらの要素を総合的に評価して、自分のニーズや予算に合った太陽光発電システムを選択することが大切です。

太陽光パネルの耐用年数を理解して長く使い続けよう

太陽光パネルの耐用年数は、一般的に約20~30年程度と言われており、その期間内であっても時間が経つにつれて太陽光パネルの効率は徐々に低下していきます。

太陽光パネルをより長く利用するためにも、品質の高いものを選択したり、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

太陽光パネルは、環境に優しく経済的な発電システムです。その利点を最大限に活かすためには、耐用年数を理解して適切な管理を行うことが必要です。

太陽光パネルを長く使い続けるためにも、常に注意深く観察し、状況に応じて必要な対策を講じるようにしましょう。

SHARE