HOME / ブログ / 窓越しにソーラーパネルは使えるの?屋内からの充電で節電生活!

blog

ブログ

窓越しにソーラーパネルは使えるの?屋内からの充電で節電生活!

公開日:
2024.03.27

最大90%も!太陽光発電でいくら電気代を削減できる?

  • 電気代が安くなる
  • 売電で収入UP
  • 災害時にも電気を使える

実は、ソーラーパネルって、窓の中からでも充電できるって知っていますか??

「窓越しでも大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、充電自体はできるんです!

この記事では、家の中や車内でソーラーパネルを使うメリット、具体的にどうやって充電するのか、必要なアイテムは何か、などをわかりやすく解説していきます。

さらに「効率悪くないの?」という疑問についても回答していき、窓越し充電のコツまで紹介。

太陽光・蓄電池システムをお考えの方へ。

あなたにあったお得なプランをご提案いたします!

ご希望の方には、導入のメリットやお得なプランを掲載した資料をご送付いたします。

無料相談はこちら

この記事を読めば、ソーラーパネルの新しい使い方を見つけられます!

ソーラーパネルは窓越しで充電できる?

ソーラーパネルを使っての充電は、屋外で直射日光のもとおこなうイメージが強いですが、実は窓越しでもできます。

屋内や車内からでも、ソーラーパネルを窓ガラスに向けることで充電ができるんです。

ただし、窓ガラスを通して充電する場合は、ガラスが一部の光を吸収または反射するため、直接日光と比べると、発電効率が低下します。

特に、通常のガラスよりも紫外線カット機能を持つガラスでは、発電率の低下は、強くなります。

しかし、日差しが強い日には、これでも十分な発電量を確保できるケースが多いです。

また、屋内や車内の充電は、雨や風の影響を受けにくいため、安定して充電をおこないたい場合、大きなメリットとなります。

ソーラーパネルを窓越しで充電する2つのメリット

ソーラーパネルを窓越しで充電するメリットは、以下のとおりです。

  • 天候に左右されない
  • サンシェードとして代用できる

それぞれ、確認していきましょう。

メリット①天候に左右されない

ソーラーパネルを窓越しで充電する大きなメリットの1つは、天候に左右されない点です。

屋外での充電では、突然の雨や強風が発電効率に悪影響を及ぼすことがありますが、室内や車内からの充電では、そのような心配がありません。

窓越しでの充電では、雨や風のストレスから解放され、安定してソーラーパネルを利用できます。

予期せぬ天候の変化による影響を抑えて、継続的にエネルギーを蓄積できるので、とても効率的です。

メリット②サンシェードとして代用できる

もう1つの注目すべきメリットは、ソーラーパネルがサンシェード(日除け)としての役割を果たせる点です。

窓越しの充電をすることで、ソーラーパネルが直射日光を遮り、室内や車内の温度上昇を防ぐことができます。

特に、エアコンなどを使う夏場では、とても有効です。

ソーラーパネルがサンシェード代わりとなって、室温の上昇を抑えるので電気代が安くなりつつ、ソーラーパネルで発電をすることができます。

ソーラーパネルを窓越しで充電するために必要な道具

ソーラーパネルを窓越しで効率よく充電するためには、特定の道具が必要になります。

まずは、充電効率の良いソーラーパネル自体です。

窓枠内に収めるためには、ソーラーパネルを広げたときに1.5m程度の幅で、日常的に利用できるサイズのものがおすすめです。

さらに、安定して窓際に設置するためには、窓枠や窓際の適切な場所に固定するために、横棒や突っ張り棒が有効です。

ソーラーパネルの重さが約5.0Kgある場合、しっかりと支えられる太さと強度を持った突っ張り棒を選びましょう。

最大90%も!太陽光発電でいくら電気代を削減できる?

  • 電気代が安くなる
  • 売電で収入UP
  • 災害時にも電気を使える

太陽光・蓄電池システムをお考えの方へ。

あなたにあったお得なプランをご提案いたします!

ご希望の方には、導入のメリットやお得なプランを掲載した資料をご送付いたします。

無料相談はこちら

また、ソーラーパネルからの直接出力ではなく、蓄電するためのポータブルバッテリーも重要です。

USBだけではなく、AC出力を持つモデルを選ぶことで、より幅広いデバイスを充電できます。

ソーラーパネルを窓越しで充電する方法

ここでは、ソーラーパネルを窓越しで充電する具体的な方法について、解説していきます。

方法①大きな窓ガラスに立てかけるだけ!

ソーラーパネルを効率的に充電する最も簡単な方法は、日当たりの良い大きな窓ガラスに直接立てかけることです。

窓際に置くことで、ソーラーパネルは、最大限の日光を受け取ることができ、発電効率が高まります。

窓枠に横棒や突っ張り棒を使ってソーラーパネルを安定させることで、安全に長時間の充電ができます。

方法②ポータブルバッテリーを併用する

ソーラーパネルの効率を最大化するためには、ポータブルバッテリーとの併用がおすすめです。

ソーラーパネルから電力を取り込むことで、日中に蓄電し、いつでもどこでも電力を使えるようになります。

特に、AC出力を備えたポータブルバッテリーを選ぶことで、スマートフォンやタブレットだけでなく、ノートパソコンなどの大きなデバイスも充電することが可能です。

よくある質問

ここでは、よくある質問に対して回答していきます。

Q1: 窓越しでソーラーパネル充電をするにはどんな準備が必要?

窓越しでのソーラーパネル充電には、適切なサイズと出力のソーラーパネルが必要です。

また、効率的に充電をおこなうためには、ソーラーパネルを直接日光が当たる位置に置き、倒れないための突っ張り棒などが必要です。

さらに、ソーラーパネルからの充電をおこなうために、ポータブルバッテリーも準備しましょう。

Q2: 窓越し充電のメリットはなに?

窓越し充電の最大のメリットは、屋外の天候に左右されずにソーラーパネルを使えることです。

雨や強風などの悪天候でも、安心して充電を続けることができます。

また、ソーラーパネルをサンシェードとして利用できるため、室内や車内の温度上昇を抑えることもできます。

夏場には、エアコンの使用を減らすことにも繋がり、電気代の節約に貢献できます。

Q3: 窓越しでの充電効率は下がる?

窓越しでソーラーパネルを充電する場合、直射日光下での充電と比較して、発電効率は若干下がる可能性があります。

これは、窓ガラスが一部の光を遮断するためで、特に、紫外線カット機能を持つガラスでは発電効率がさらに下がります。

適切な設置場所を選んで、最大限に日光を取り入れることができれば、発電効率の低下を抑えることが可能です。

また、日光が強い時間帯に充電をおこなうことで、十分な発電量を確保できます。

【まとめ】窓越しのソーラーパネルは発電効率が低い!

ソーラーパネルを窓越しで充電する場合は、十分に発電をすることが可能です。

この方法のメリットは、悪天候の影響を受けずに安定した発電をおこなえること、ソーラーパネルがサンシェードの代わりとなり室内温度の上昇を防ぐことです。

ただし、充電効率は、直射日光下での充電に比べて若干低くなる可能性がありますが、窓際に設置し、ポータブルバッテリーを使うことで、この差を最小限に抑えることができます。

また、ソーラーパネルを窓越しで充電するときには、より良い効率のソーラーパネルを選ぶことが重要です。

どのソーラーパネルを選べば良いかわからない場合は、業者に見積を依頼して、自分にぴったりの物を選ぶようにしましょう。

SHARE

販売実績4,500件突破!30秒で無料相談いただけます。
太陽光・蓄電池のことならお任せ!無料でシミュレーションいたします。
メールで相談する
販売実績4,500件突破!30秒で無料相談いただけます。
太陽光・蓄電池の無料シミュレーションいたします。
メールで相談する