HOME / ブログ / 太陽光パネルが猛毒と言われる3つの理由

blog

ブログ

太陽光パネルが猛毒と言われる3つの理由

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルは猛毒であると言われることがあります。

では実際はどうなのでしょうか?太陽光パネルが猛毒であると言われている理由について見ていきましょう。

太陽光パネルが猛毒と言われる3つの理由

太陽光パネルは、太陽の光を電気に変換する装置です。自然エネルギーを利用し発電するシステムなのでとても環境に優しい機器ですが、実は製造や処理の過程で有害物質が発生したり、拡散したりする可能性があります。

そのため、”太陽光パネルは猛毒”と言われることがあります。

そこで今回は、太陽光パネルが猛毒と言われる理由を解説していきます。主に、次の理由が挙げられます。

①有害物質が含まれているから

②廃棄物問題があるから

③処理時に有害物質が拡散される可能性があるから

上記の3つの理由について、さらに詳しく解説していきます。

有毒物質が含まれているから

太陽光パネルは、太陽の光を電気に変換する環境に優しい装置です。

しかし、その製造過程や使用後には、環境や人体に有害な物質が発生します。

例えば、太陽光パネルの主要な材料の一つであるシリコンは、高温で溶かす際に塩素や水素を使います。

これらの化学物質は、大気中に放出されるとオゾン層を破壊したり、呼吸器や皮膚に刺激を与えたりします。

また、シリコン以外にも、カドミウムや鉛などの重金属や有機化合物が太陽光パネルに含まれています。

これらの物質は、太陽光パネルが破損したり、火災が発生したりした場合に漏れ出し、土壌や水質を汚染したり、発がん性や神経毒性を持ったりします。

廃棄物問題があるから

太陽光パネルは、一般的に20年から30年程度の寿命があると言われています。

しかし、その後の処分方法はまだ確立されていません。太陽光パネルは、上述のように有害物質を含んでいるため、一般的な廃棄物として処理することはできません。

というのも、太陽光パネルは多種多様な材料で構成されており、それぞれを分離することが技術的に難しいからです。

さらに、リサイクルするためには、再び有害物質を発生させる可能性があります。

したがって、太陽光パネルは廃棄物として大量に発生することが予想されますが、その処理方法は未解決の問題です。

処理時に有害物質が拡散される可能性があるから

太陽光パネルは、使用期間が終わったら廃棄かリサイクルされます。

しかし、そのまま捨てると、パネルに含まれる鉛やカドミウムなどの重金属が土壌や水源に流出し、環境汚染を引き起こす恐れがあります。

また、パネルをリサイクルする場合も、分解や溶解の工程で有害物質が空気中に放出される可能性があります。

これらの物質は、人体に悪影響を及ぼすだけでなく、動植物や生態系にも影響を与える可能性があります。

そのため、太陽光パネルの処理時には、厳重な管理や防護が必要です。

太陽光パネルは猛毒ではない3つの理由

太陽光パネルは、再生可能なエネルギー源として注目されている一方で環境に悪影響を及ぼすと言われていますが、中には誤解もあります。

太陽光パネルは、有害な物質を含んでいることは事実ですが、太陽光パネルは適切な廃棄とリサイクルを行うことで安全に処理できるからです。

①適切な廃棄とリサイクルをする

②設置から撤去まで専門業者に依頼する

③リユースやリサイクルを徹底する

順番に見ていきましょう。

適切な廃棄とリサイクルをする

太陽光パネルは長期間にわたって使用できる製品ですが、寿命が来たら廃棄する必要があります。

その際には、専門の回収業者に依頼することが重要です。回収業者は、太陽光パネルの分解や有害物質の処理を適切に行い、再利用できる部品や素材を回収します。

このようにして、太陽光パネルの廃棄物は最小限に抑えられ、環境への負荷も軽減されます。

個人の廃棄物としては処理できないので、必ず専門業者に依頼し適切な方法で廃棄を行いましょう。

設置から撤去まで専門業者に依頼する

太陽光パネルの設置や撤去も、専門の業者に任せることが望ましいです。

太陽光パネルの設置や撤去には専門の技術や知識が必要です。素人が行うと、パネルを破損したり危険な電圧に触れたりする恐れがあります。

一方で、業者に依頼することで、太陽光パネルの取り付けや取り外しが正しく行われ、故障や事故のリスクを低減できます。

また、業者は、太陽光パネルのメンテナンスや点検も行ってくれるので、性能や安全性を確保も可能です。

これらのサービスを利用することで、太陽光パネルの寿命を延ばし、有害物質の漏洩や拡散を防ぐことができます。

また、専門業者は、パネルの取り扱いや廃棄方法に関する法律や規制を遵守し作業を行います。

そういった面でも、依頼するのが望ましいと言えるでしょう。

リユースやリサイクルを徹底する

太陽光パネルは、長期間使用すると効率が低下したり、故障したりします。

その場合、パネルを廃棄する必要がありますが、その際にはリユースやリサイクルを徹底することが望ましいです。

リユースとは、使用済みのパネルを修理や改良して再利用することです。リサイクルとは、使用済みのパネルから半導体素材や金属などの有用な資源を回収して再利用することです。

リユースやリサイクルを行うことで、パネルから有害物質が環境に流出する量を減らすことができます。

また、新たなパネルの製造に必要なエネルギーや資源の消費も抑えることができます。

まとめ

太陽光パネルには有害物質が含まれており、廃棄にあたって様々な問題があります。

ただ、太陽光パネルは猛毒ではありません。専門業者とともに正しい設置・撤去を行うことで、人体や環境への影響を最小限にできます。その一方で、個人で誤った取り扱いや処分を行ってしまうと、人体や環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

太陽光パネルの設置や排気についてはお気軽にご相談ください。

SHARE