HOME / ブログ / 【2023年最新】太陽光発電の売電価格は⚪︎円で儲かる?価格推移や仕組みまで解説

blog

ブログ

【2023年最新】太陽光発電の売電価格は⚪︎円で儲かる?価格推移や仕組みまで解説

公開日:
2023.11.29

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する技術です。

太陽光発電は、再生可能エネルギーの一種であり、化石燃料に比べて環境に優しいと言われています。太陽光発電を利用するメリットの一つは、「売電価格」です。

売電価格とは、太陽光発電で発電した余剰電力を電力会社に売却する際の単価のことです。

売電価格は、政府が定めた固定価格買取制度(FIT)によって決まります。この記事では、2023年最新の売電価格やその価格推移、太陽光発電の仕組みなどについて解説します。

2023年度の太陽光発電の売電価格はいくら? 

2023年度の太陽光発電の売電価格は、2022年度と比べてやや下がり、10kW未満の住宅用は16円/kWh、10kW以上の産業用は10円/kWhとなります。

この売電価格は、太陽光発電システムの導入コストや発電量の見込みなどを考慮して決められますが、最も大きな影響を与えるのがFIT制度です。

太陽光発電の売電価格を左右するFIT制度とは 

「FIT制度」とは、再生可能エネルギーの普及を促進するために、政府が一定期間、一定価格で電力会社に買い取りを義務付ける制度です。

FIT制度は2012年に導入されて以来、太陽光発電の導入量を急増させましたが、同時に売電価格の高さや買い取り期間の長さが問題視されるようになりました。

そのため、政府は2020年からFIT制度を見直し、売電価格を段階的に下げるとともに買い取り期間を短縮する方針を示しました。

また、自家消費型の太陽光発電システムに対しては、売電価格ではなく固定補助金を支給する仕組みに移行する予定です。これらの改革は、太陽光発電の市場競争力を高めることを目指しています。

来年は上がる?太陽光発電の価格推移と予測 

太陽光発電の売買価格の価格推移は出力制御機器設置義務ありの場合このようになっています。

年度     売電価格前年度との差分
令和5年度16円/kWh前年の売電価格-1円
令和4年度17円/kWh前年の売電価格-2円
令和3年度19円/kWh   前年の売電価格-2円
令和2年度21円/kWh   前年の売電価格-3円
令和元年度26円/kWh前年の売電価格-5円
平成30年度28円/kWh前年の売電価格-2円
平成29年度30円/kWh前年の売電価格-2円
平成28年度33円/kWh前年の売電価格-3円
平成27年度35円/kWh前年の売電価格-2円
平成26年度37円/kWh前年の売電価格-2円
平成25年度38円/kWh前年の売電価格-1円
平成24年度42円/kWh 

太陽光発電の売買価格は年々減少傾向にあり、毎年約1~3円程度減額されています。今後も、更に下がり続けるでしょう。

そのため、太陽光発電の今後の予測としては、売買目的ではなく自家発電消費が主流になると言われています。

例えば、家庭用蓄電池に充電したり、電気自動車に使用したりするなどです。

家庭での消費を普及させるために、経済産業省や各自治体からは高額な補助金を提供しています。

太陽光発電のメリットは売電だけではない! 

太陽光発電は、自宅の屋根や庭に設置した太陽光パネルから発電した電気を自分で使うだけでなく、余った分を電力会社に売ることが可能です。

この売電は、固定価格買取制度(FIT)という仕組みで、一定期間(10年~20年)にわたって高い価格で買い取ってもらえます。この売電収入は、太陽光発電システムの導入費用を回収するだけでなく、家計の収入源となります。

ここからは、次のトピックに基づいて解説していきます。

①電気代高騰だからこそ節約効果

②蓄電池と合わせて災害防止 

③10年後、20年後の経済メリット 

電気代高騰だからこそ節約効果 

太陽光発電のメリットは売電だけではありません。最近は、原発事故や火力発電の燃料高騰などの影響で、電気代が高騰しています。

太陽光発電を導入すれば、自分で作った電気を使うことができるので電気代を大幅に節約することが可能です。

特に、昼間に多くの電気を使う家庭や事業所では、節約効果が高まります。また、太陽光発電は環境に優しいエネルギーですので、CO2排出量を減らすこともできるでしょう。

蓄電池と合わせて災害防止 

太陽光発電は災害時にも役立ちます。

日本は地震や台風などの自然災害が多く、停電が起こる可能性が高いです。停電が長期化すれば、生活や仕事に大きな影響が出てしまいますよね。

そこで、太陽光発電システムに蓄電池を組み合わせると、停電時にも自家発電が可能になります。

蓄電池は、昼間に余った太陽光発電の電気を貯めておき、夜間や停電時に使うことができます。これにより、照明や冷蔵庫などの必要最低限の家電を動かすことができます。

また、蓄電池はスマートメーターと連携して、需要と供給のバランスを調整することも可能です。これは、ピーク時の消費量を抑えることで、安定した送配電を実現する効果があります。

10年後、20年後の経済メリット 

太陽光発電システムは一度導入すれば長期的に安定した発電が期待でき、太陽光パネルの寿命は約25年~30年と言われています。

また、FITの期間が終了しても、自家消費や自由価格買取制度(FIP)などで引き続き売電することが可能です。

これらのことから、太陽光発電は10年後、20年後にも経済的なメリットがあります。一時的な投資ではなく、将来の資産となると言えるでしょう。

太陽光発電の売電についてはご相談ください

太陽光発電の売電に関しては、ぜひご相談ください。

太陽光発電システムの設置から運用までのサポートを提供しているのはもちろん、太陽光発電システムの性能や安全性を高めるために、最新の技術や機器を導入を支援しています。

売電シミュレーション無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

SHARE