HOME / ブログ / 太陽光発電がやばいと言われるのはなぜ?8つの理由と後悔しない対策

blog

ブログ

太陽光発電がやばいと言われるのはなぜ?8つの理由と後悔しない対策

公開日:
2023.11.29

太陽光発電は、環境に優しいエネルギー源として注目されていますが、実はやばいと言われる理由がいくつもあります。

例えば、太陽光発電には、高コスト、低効率、パネルの廃棄問題など、様々なデメリットが存在します。

これらの問題を知らずに太陽光発電を導入すると、後悔する可能性が高いです。

そこで、この記事では太陽光発電がやばいと言われる8つの理由と、それらに対する後悔しない対策を紹介します。

太陽光発電がやばいと言われる8つの理由

太陽光発電は再生可能エネルギーの一種で、環境にやさしいとされています。
しかし、太陽光発電にも問題点があり、やばいと言われる理由がいくつかあります。

①発電量が期待ほどでない場合がある
②高額な初期投資にやばいと感じる
③長期的なメンテナンスがやばい
④売電価格の変動がやばい
⑤施工トラブルや悪徳業者の存在がやばい
⑥蓄電池を導入しなかったことを後悔
⑦契約内容の理解不足で後悔
⑧廃棄時の手間がやばい

ひとつずつ見ていきましょう。

発電量が期待ほどでない場合がある

太陽光発電は、天候や季節、設置場所や角度などによって発電量が大きく変わるため注意が必要です。

曇りや雨の日はもちろん、冬場や日没後は発電量が低下します。

また、設置場所によっては周囲の建物や樹木などによって日照時間が短くなったり、反射光が減ったりすることもあります。

これらの要因によって、太陽光発電の発電量は期待ほどでない場合があるのです。

高額な初期投資にやばいと感じる

太陽光発電を導入するには、パネルやインバーターなどの機器費用だけでなく、設置工事費などの諸費用もかかります。

また、蓄電池を併用する場合はさらに費用が増えます。

一般的に、太陽光発電の初期投資は数百万円から数千万円程度です。

このように高額な初期投資に対して、売電収入や節約効果が見込めるかどうかは不確実です。

そのため、太陽光発電の導入はやばいと感じる人も多いのです。

長期的なメンテナンスがやばい

太陽光発電は、一度設置すれば後は放置して良いと思われがちですが、実際には定期的なメンテナンスが必要です。

パネルの表面に付着したほこりや汚れを除去したり、インバーターや配線などの機器の点検や交換を行ったりすることで、発電効率を維持することができます。

しかし、メンテナンスには時間や費用がかかりますし、自分で行う場合は屋根に上る危険性が高いです。

また、メンテナンスを怠ると、パネルの劣化や故障のリスクが高まります。

このように長期的なメンテナンスがやばいと感じる人もいます。

売電価格の変動がやばい

太陽光発電で余剰分の電力を売電する場合、売電価格は固定価格買取制度(FIT)に基づいて決まります。

FITでは、契約時点で10年間または20年間の売電価格が保証されていますが、契約後にFITの価格改定が行われた場合、新規契約者と既存契約者とで売電価格に差が生じることがあります。

また、FIT以外の売電方法も登場しており、市場価格に連動した売電価格や需要家と直接契約した売電価格などもあります。

これらの売電方法では、売電価格は変動するため、収入が安定しない可能性が高いです。

このように売電価格の変動がやばいと感じる人もいます。

施工トラブルや悪徳業者の存在がやばい

太陽光発電の設置には、専門的な知識や技術が必要です。

しかし、太陽光発電の需要が高まるにつれて、施工能力や経験の不足した業者や、不当な営業や契約を行う悪徳業者も増えています。

これらの業者による施工トラブルやトラブル後の対応がやばいと感じる人も多いです。

例えば、パネルの設置位置や角度が適切でなかったり、インバーターや配線などの機器が不良品だったり、発電量が見込みより低かったりすることがあります。

また、施工後に保証やアフターサービスが受けられなかったり、解約や返金ができなかったりする声も上がっています。

蓄電池を導入しなかったことを後悔

太陽光発電は、発電した電力をその場で使うか、余剰分を売電するかのどちらかです。

しかし、発電量と消費量のバランスをとることは難しいですし、売電価格も下落傾向にあります。

そのため、蓄電池を併用することで、発電した電力を自分で貯めておいて、必要な時に使うようにすることが大切です。

また、蓄電池は、停電時のバックアップやピークカットなどのメリットもあります。

しかし、蓄電池は高価ですが寿命も長いため、太陽光発電を導入した時に蓄電池を併用しなかったことを後悔する人もいます。

契約内容の理解不足で後悔

太陽光発電を導入する際には、契約内容をきちんと理解して決定することが大切です。

例えば、設置業者との契約や保証契約、売電契約や接続契約などです。

これらの契約には、重要な条項や注意事項が含まれています。

しかし、中には契約内容を十分に理解せずにサインしてしまう人もいるのが現状です。

その結果、施工トラブルや故障時の対応、売電価格の変更などに対して不利な立場になったり、解約や返金ができなかったりすることがあります。

このように契約内容の理解不足で後悔する人もいます。

廃棄時の手間がやばい

太陽光発電装置は一般的に20年から30年程度の寿命だといわれています。

その後、廃棄する必要がありますが、その手間が面倒だという声が多いです。

太陽電池には有害物質や希少金属などが含まれており、適切な処理をしないと環境汚染や資源の無駄遣いにつながります。

しかし、現在日本では太陽光発電装置の廃棄に関する法律や制度が整備されておらず、廃棄費用や方法について不明確な状況です。

新築住宅での太陽光発電もやばい?

新築住宅で太陽光発電を導入することは、環境にやさしく電気代を節約できるというメリットがありますが、一方で注意すべき問題点も存在します。

ここでは、新築住宅での太陽光発電の構造的、経済的、サービス的な問題点について解説します。

設置時の構造的問題点

太陽光発電を設置する際には、屋根の形状や方向、角度などが重要な要素です。

屋根が平らでない場合や南向きでない場合は、発電効率が低下する可能性があります。

また、屋根に穴を開ける必要があるため、防水性や耐震性に影響を与える恐れもあります。

設置時には、専門的な知識と技術を持った業者に依頼することが必要です。

新築時の追加コストとその効果

太陽光発電を新築時に導入する場合は、建物の価格に上乗せされることになります。

一般的には、太陽光発電システムの価格は100から500万円程度と言われていますが、設置面積や容量、メーカーなどによっても変化します。

また、太陽光発電の導入によって得られる効果も個々の状況によっても異なります。
発電量は日照時間や気温などの気象条件に左右されますし、売電価格も年々下落気味です。

太陽光発電の採算性を見極めるためには、事前にシミュレーションを行うことが重要です。

メンテナンスやアフターサポートの欠如

太陽光発電は一度設置すれば自動的に発電するというイメージがありますが、実際には定期的なメンテナンスやトラブル対応が必要です。

パネルの汚れや故障、配線の断線などが発生する可能性がありますし、災害や盗難などのリスクも考慮しなければなりません。

しかし、太陽光発電の業者は多くが販売や設置に特化しており、メンテナンスやアフターサポートが不十分な場合も少なくありません。

また、業者が倒産したり撤退したりすると、保証や修理が受けられなくなる恐れもあります。

太陽光発電を選ぶ際には、長期的なサービス体制を確認することが大切です。

太陽光発電がやばいという声に応える具体的対策

新築住宅での太陽光発電には様々な問題点がありますが、それらを解決するための具体的な対策もあります。ここでは、信頼性の高い業者を選ぶ方法や発電効率を最大化するポイント、経済的リスクを最小化するアドバイスについて紹介します。

①信頼性の高い業者を選ぶ
②発電効率を最大化するポイント
③経済的リスクを最小化するアドバイス

ひとつずつ見ていきましょう。

信頼性の高い業者を選ぶ

太陽光発電の業者は数多く存在しますが、その中には悪質な業者もいるのが現状です。

悪質な業者は、品質の低いパネルやインバーターを高額で販売したり、設置やメンテナンスに不備があったり、契約内容や保証内容を曖昧にしたりすることがあります。

信頼性の高い業者を選ぶためには、以下のようなポイントに注意することが必要です。

①業者の実績や評判を調べる
②パネルやインバーターのメーカーや性能を確認する
③設置やメンテナンスの技術力やサービス体制を確認する
④契約内容や保証内容を明確にする
⑤見積もりやシミュレーションを比較する

発電効率を最大化するポイント

太陽光発電の発電効率は、パネルの性能だけでなく、設置条件や環境要因にも影響されます。

発電効率を最大化するためには、以下のようなポイントに注意することが必要です。

・屋根の形状や方向、角度を最適化する
・パネルのサイズや配置を最適化する
・パネルの清掃や点検を定期的に行う
・日陰や雪などの影響を避ける
・インバーターの選択や設定を最適化する

経済的リスクを最小化するアドバイス

太陽光発電は長期的な投資と考えるべきですが、その間には様々な経済的リスクが発生する可能性があります。

経済的リスクを最小化するためには、以下のようなアドバイスに従うことが必要です。

・太陽光発電システムの価格と採算性を比較検討する
・売電価格の下落や自己消費率の変動に備える
・災害や盗難などの事故に備える保険に加入する
・修理や交換などの費用に備える貯金を行う

太陽光発電は環境と経済の両面でメリットがありますが、それだけでなくデメリットやリスクも考慮しなければなりません。

太陽光発電を導入する際には、信頼性の高い業者と相談しながら、自分の状況に合った最適なプランを選ぶことが重要です。

太陽光発電はなぜやばいという評価が生まれたのか

太陽光発電は再生可能エネルギーの代表格として、環境に優しいイメージがあります。

しかし、近年、太陽光発電に対する評価が下がっているのが現状です。
その理由としては、次のようなものが挙げられます。

・過去の太陽光発電のイメージと現実
・市場の評価と実際の性能のギャップ
・ 今後の太陽光発電の見込みと期待

過去の太陽光発電のイメージと現実

太陽光発電は、太陽の光を直接電気に変換する技術です。

太陽の光は尽きることがないため、安定的にエネルギーを供給できると考えられていました。

また、太陽光発電は燃料を必要としないため、CO2や排気ガスなどの有害物質を排出しません。そのため、温暖化や大気汚染の問題に対する解決策としても重要です。

しかし、太陽光発電には実際には多くの課題がありました。

例えば、太陽光発電は天候や季節によって発電量が大きく変動します。
そのため、安定的な電力供給を確保するためには、他のエネルギー源との連携や蓄電システムが必要です。

また、太陽光発電は設置コストが高く、効率も低いという問題もありました。
特に日本では、土地や屋根の面積が限られているため、大規模な太陽光発電所の建設が困難です。

市場の評価と実際の性能のギャップ

太陽光発電は政府や企業からも注目されており、多くの補助金や優遇措置が施されてきました。

特に2012年から始まった固定価格買取制度(FIT)は、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの普及を促進しました。

再生可能エネルギーで発電した電力を一定期間高値で買い取ることを義務付けた結果、太陽光発電の設置量は急増し、日本は世界第三位の太陽光発電大国になりました。

しかし、FITは市場原理と乖離した制度であり、多くの問題を引き起こしているのも事実です。

例えば、FITでは高値で買い取られるため、性能や品質に関係なく安易に太陽光発電を設置する事業者が増えました。

その結果、低効率や故障などの不良品が市場に氾濫し、消費者や環境に悪影響を与えました。

また、FITでは買い取り価格の差額を電気料金に上乗せする仕組みであるため、電気料金の高騰を招いたことも問題です。

これらの問題は、太陽光発電に対する市場の評価を低下させました。

今後の太陽光発電の見込みと期待

太陽光発電は現在、厳しい状況に直面しています。

他のエネルギー源と比べてまだコストが高く効率も低いため、太陽光発電の普及は停滞しているのが現状です。しかし、太陽光発電にはまだ可能性があります。

太陽光発電は技術的に進歩しており、コストや効率の改善が期待できます。
特に、薄膜型や有機型などの新しい太陽電池の開発が進んでおり、安価で柔軟な太陽光発電が実現できるかもしれません。

また、太陽光発電は分散型エネルギーとして、地域や個人のニーズに応えることができます。特に、災害時や非常時には自立的な電力供給源として役立つでしょう。

さらに、太陽光発電は環境に優しいエネルギーであり、温暖化や大気汚染の問題に対する貢献も大きいです。

太陽光発電は本当にやばいの?そんな方は岡山電力へ相談

以上のように、太陽光発電にはメリットとデメリットがあります。

太陽光発電は本当にやばいのでしょうか?
それとも、まだチャンスがあるのでしょうか?

そんな疑問をお持ちの方は、岡山電力へ相談してみてください。

岡山電力は太陽光発電の専門家として、あなたの疑問や悩みに親身になってくれます。

また、岡山電力では、太陽光発電運用を一貫してサポートしています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

SHARE