HOME / ブログ / 家庭用太陽光発電の価格は?蓄電池と設置すると儲かる?プロが徹底解説

blog

ブログ

家庭用太陽光発電の価格は?蓄電池と設置すると儲かる?プロが徹底解説

公開日:
2023.11.29

太陽光発電は、自然エネルギーの中でも最も普及している発電方法の一つです。

しかし、太陽光発電を家庭用に設置する場合、どのくらいの価格がかかるのでしょうか?

また、蓄電池と併用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?この記事では、家庭用太陽光発電の価格や蓄電池の効果について、プロが徹底的に解説します。

家庭用太陽光発電とは? 

家庭用太陽光発電とは、自宅の屋根や壁に太陽光パネルを設置し、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するシステムです。

家庭用太陽光発電は、環境にやさしい再生可能エネルギーの一種であり、化石燃料の消費や二酸化炭素の排出を減らすことができます。

また、電力会社からの電気代を節約するだけでなく、余剰電力を売電することで収入を得ることも可能です。

家庭用太陽光発電の発電量は? 

家庭用太陽光発電の発電量は、設置する太陽光パネルの容量や種類、設置場所や方向、日照時間や気温などによって異なります。

一般的には、1kWの太陽光パネルが1日に平均して発電できる電気量は約4kWhとされています。

つまり、10kWの太陽光パネルを設置すれば、1日に約40kWhの電気を発電できるということです。ただし、これはあくまで目安であり、実際の発電量は天候や季節などによって大きく変動します。

家庭用太陽光発電の容量の選び方

家庭用太陽光発電の容量を選ぶ際は、主に次のポイントに注意することが大切です。

・自宅の屋根や壁の面積

自宅の屋根や壁の面積は、設置できる太陽光パネルの数や大きさに制限を与えます。面積が小さい場合は、容量が小さいパネルを選ぶ必要があります。

・一日あたりの平均的な電力消費量

一日あたりの平均的な電力消費量は、必要な発電量に関係します。消費量が多い場合は、容量が大きいパネルを選ぶ必要があります。

・売電するかどうか

売電するかどうかは、余剰電力をどう扱うかに関係します。売電する場合は容量が大きいパネルを選ぶことで収入を増やすことができ、売電しない場合は容量が小さいパネルを選ぶことでコストを抑えることができます。

家庭用太陽光発電は儲かる?

家庭用太陽光発電が儲かるかどうかは、設置費用やメンテナンス費用、売電価格や補助金などの要素によって異なります。

初期投資はかかってしまいますが、補助金や税制優遇などを活用することで負担の軽減が可能です。また、売電価格は固定価格買取制度(FIT)によって決まりますが、年々下落傾向にあります。

しかし、自分で使う分の電気代を節約できることや余った分の電気を長期間安定して売れることを考えれば、家庭用太陽光発電は十分に儲かると言えます。

一般的には、設置費用を回収できる期間は10年から15年程度です。

家庭用太陽光発電のメリット・デメリット

家庭用太陽光発電を設置すると、環境への優しさや節約などメリットが多いです。

しかし、同時にデメリットも存在します。

ここからは、家庭用太陽光発電のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

家庭用太陽光発電の5つのメリット

家庭用太陽光発電のメリットは次のようなものが挙げられます。

①環境に優しい

②電気代の節約

③災害時の安心感

④住宅価値の向上

⑤政府の補助金や減税の利用

環境に優しい

家庭用太陽光発電は、太陽の光を電気に変換することで、化石燃料を使わずにエネルギーを得ることができます。

これにより、二酸化炭素や有害物質の排出を減らし、地球温暖化や大気汚染の防止に貢献できます。

電気代の節約

家庭用太陽光発電を設置することで、自分で作った電気を自分で使うことができます。

これにより、電力会社からの電気代を大幅に削減することができます。また、余った電気を売電することで、収入を得ることも可能です。

災害時の安心感

家庭用太陽光発電は、停電やブラックアウトにも対応できる優れたシステムです。太陽光パネルと蓄電池を組み合わせることで、災害時にも自家発電が可能になります。

そのため、ライフラインや通信機器などの重要な機器を動かすことができます。

住宅価値の向上

家庭用太陽光発電を設置することは、住宅の価値を高めることにも繋がります。太陽光パネルは、省エネやエコなどの環境意識の高い人々にとって魅力的な設備です。

また、太陽光パネルは屋根を保護する役割も果たすため、住宅の耐久性や美観といった効果もあります。

政府の補助金や減税の利用

家庭用太陽光発電を設置する際は、政府や自治体から補助金や減税などの優遇措置を受けることができます。

これにより、導入費用や運営費用を抑えることができます。

補助金や減税は期間や条件によって異なりますので、事前に確認しておくことが重要です。

家庭用太陽光発電の4つのデメリット

家庭用太陽光発電のデメリットは次のようなものが挙げられます。

①初期費用が高い

②売電価格が下がる

③パネルの性能が劣化する

④メンテナンスや廃棄にコストがかかる

初期費用が高い

家庭用太陽光発電システムを導入するには、パネルやインバーターなどの機器や工事費など、数百万円程度の初期費用がかかります。

補助金や税制優遇などの制度を利用しても、一般的な家庭にとっては大きな負担です。

また、住宅ローンと併せて返済する場合は、金利も考慮する必要があります。

売電価格が下がる

家庭用太陽光発電システムで発電した余剰電力は、電力会社に売ることができます。

しかし、売電価格は年々下がっており、2023年度の固定価格買取制度(FIT)では、住宅用の場合は16円/kWhです。

10年前の2013年度では38円/kWhだったことを考えると、激減していることがわかります。

売電価格が下がると、太陽光発電システムの採算性も低下してしまいます。

パネルの性能が劣化する

太陽光パネルは長期間にわたって使用することができますが、その性能は徐々に劣化していきます。

一般的には、年間0.5%程度の劣化率とされており、20年後には80%~90%程度の発電量になると考えられます。

また、パネルに汚れや傷がついたり、落雷や火災などの事故に遭ったりすると、性能が大きく低下する可能性もあるでしょう。

メンテナンスや廃棄にコストがかかる

太陽光パネルは定期的に清掃や点検を行う必要があります。

清掃は自分で行うこともできますが、屋根に上る危険性や時間的な負担を考えると、専門業者に依頼する方が安全で効率的です。

しかし、その場合は清掃費用や点検費用などのメンテナンスコストがかかります。また、太陽光パネルの寿命は20年〜30年程度とされており、その後は廃棄する必要があります。

しかし、現在日本では太陽光パネルのリサイクル制度が十分に整備されておらず、廃棄処分にもコストや手間がかかってしまうことが多いです。

家庭用太陽光発電の価格と設置費用は?

家庭用太陽光発電は、自宅の屋根に太陽光パネルを設置し、太陽の光を電気に変換するシステムです。

家庭用太陽光発電の価格と設置費用は、主に以下の要素によって決まります。

家庭用太陽光発電の価格相場

家庭用太陽光発電システムの価格は、発電量や品質によって大きく変わりますが、2023年9月現在の平均的な相場は、1kWあたり約25万円程度です。

つまり、一般的な戸建て住宅でよく見られる3kW程度のシステムであれば、約75万円程度の価格になります。

ただし、この価格は機器本体のみであり、設置工事費や保証料などは含まれていません。

家庭用太陽光発電の設置費用相場

家庭用太陽光発電システムを設置する際には、屋根への取り付けや配線工事などが必要です。

これらの工事費は、屋根の形状や材質、施工業者によって異なりますが、一般的な相場は、1kWあたり約14万円〜30万円台程度です。

つまり、3kW程度のシステムであれば、約42〜90万円程度の工事費がかかります。

また、保証料や申請手数料なども別途必要です。

蓄電池と一緒に設置した場合の費用相場

太陽光発電システムと蓄電池を一緒に設置することで、自家消費率を高めたり停電時にも電気を使えるようにしたりすることができます。

しかし、蓄電池は高価な機器であり、その分だけ費用が増えます。

蓄電池の価格は容量や性能によって異なりますが、一般的な相場は、1kWhあたり約15~30万円程度です。

つまり、3kW程度の太陽光発電システムに10kWh程度の蓄電池を組み合わせる場合は、約192〜290万円程度の価格になります。

また、蓄電池を設置する際にも工事費や保証料などがかかります。

家庭用太陽光発電を検討中ならご相談ください

家庭用太陽光発電を検討中の方に対して、無料で見積もりや相談を行っています。

太陽光発電に関する知識や経験が豊富なスタッフが、お客様のご要望やご予算に合わせて、最適なプランをご提案します。

ぜひお気軽にご相談ください。

SHARE