HOME / ブログ / 【プロ解説】太陽光発電の寿命は40年?本当の寿命と寿命を伸ばす方法も解説!

blog

ブログ

【プロ解説】太陽光発電の寿命は40年?本当の寿命と寿命を伸ばす方法も解説!

公開日:
2023.11.29

太陽光発電には寿命があります。

一般的には、太陽光発電の寿命は20年から30年と言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?また、太陽光発電の寿命を伸ばす方法はあるのでしょうか?

この記事では、太陽光発電の仕組みや劣化の原因、寿命を伸ばすためのメンテナンス方法などを詳しくご紹介します。

太陽光発電の寿命が耐用年数ではない理由

太陽光発電の寿命はどのくらいなのでしょうか?一般的に言われる法定耐用年数とは何なのでしょうか?

まずは、太陽光発電の寿命と法定耐用年数の違いについて説明します。

国税庁の「産業用太陽光発電システムの法定耐用年数」は17年

国税庁は、産業用太陽光発電システムについて「法定耐用年数」を17年と定めています。

これは、産業用太陽光発電システムが設置された年から17年間で減価償却できるという意味です。

減価償却とは、固定資産の価値が経年劣化や使用によって減少することを会計上で反映する仕組みです。

減価償却を行うことで、固定資産の購入費用を収益に見合った費用として計上できます。

法定耐用年数は減価償却の話

法定耐用年数は、減価償却の計算方法を決めるために国税庁が設定したものであり、太陽光発電システムの実際の寿命を示すものではありません。

法定耐用年数は、一般的な使用状況や技術水準に基づいて決められており、個々の太陽光発電システムの品質やメンテナンス状況などは考慮されていません。

したがって、法定耐用年数が17年ということは、太陽光発電システムが17年で使えなくなるということではありません。

法定耐用年数=寿命ではない

太陽光発電システムの寿命は、法定耐用年数よりも長くなる可能性があります。

実際、国内外で20年以上稼働している太陽光発電システムは多いです。

太陽光発電システムの寿命は、パネルやインバーターなどの部品の品質や劣化度合い、設置場所や環境条件、メンテナンスや修理などの管理状況などによって異なります。

太陽光発電システムを長持ちさせるためには、信頼性の高い製品を選び、適切な設置方法や保守点検を行うことが重要です。

本当の太陽光発電の寿命とは?

太陽光発電の寿命はどのくらいなのでしょうか?一般的には、太陽光発電の寿命は平均30年以上と言われています。

しかし、実際には、太陽光発電の寿命はさまざまな要因によって異なります。

ここでは、太陽光発電の寿命に影響する要因と、実際の事例を紹介します。

太陽光発電の寿命は平均30年以上!

太陽光発電の寿命は、主に太陽電池モジュールとパワーコンディショナーの耐久性によって決まります。

太陽電池モジュールは、ガラスやアルミニウムなどの材料で覆われており、外部からの衝撃や湿気に強いです。

また、太陽電池モジュールは、年間約0.5%程度の劣化率で性能が低下します。これは、太陽光発電システムが設置された後25年間で約12%程度の性能低下ということになります。

また、パワーコンディショナーは、太陽電池モジュールから得られた直流電力を交流電力に変換する装置です。内部に回路や部品が多く含まれており、温度や湿度などの環境条件によって劣化します。

パワーコンディショナーの寿命は、一般的に10年から15年程度と言われています。

したがって、太陽光発電システム全体としての寿命は、パワーコンディショナーを交換することで延ばすことができます。

このように考えると、太陽光発電システムの寿命は平均30年以上と言えるでしょう。

運転開始から25年の事例

運転開始から25年経過している太陽光発電の事例としては、「佐倉ソーラーエネルギーセンター」にある太陽光パネルが挙げられます。

こちらの太陽光パネルは1984年に設置されて以降、現役で使用されています。

公園やセンターの敷地内に設置したシステムに関しても、25年以上の稼働記録を更新し続けている事例です。

運転開始から37年事例

運転開始から25年経過している太陽光発電の事例としては、奈良県の壷阪寺に設置されている太陽光パネルが挙げられます。

1983年から継続的に安定して稼働し続けており、国内最長寿の太陽光発電システムとも呼ばれるほどです。

運転開始から既に37年以上が経過している事例です。

太陽光発電の寿命は40年以上で今後も伸びる可能性あり

以上のように、太陽光発電システムの寿命は、設置時期や環境条件によって異なりますが、平均30年以上と言えます。

また、現在の太陽光発電システムは、過去のものよりも高性能で耐久性が高いです。

例えば、太陽電池モジュールの劣化率は0.3%以下に抑えられており、パワーコンディショナーの寿命も20年以上に延ばすことができています。

これらの技術的な進歩によって、太陽光発電システムの寿命は40年以上になる可能性が高いです。

さらに、今後も性能向上やコスト削減が期待されていることから、太陽光発電システムは、長期的に見ても非常に有望な発電方法であると言えるでしょう。

太陽光発電の寿命を決める要因は?

太陽光発電の寿命は無限ではありません。

太陽光発電の寿命を決める要因には、以下のようなものがあります。

ホットスポット

ホットスポットとは、太陽電池の一部が過熱して劣化する現象で、太陽電池の不良や汚れ、影などによって発生します。

ホットスポットが発生すると、太陽電池の出力が低下し、火災の危険もあります。

ホットスポットを防ぐためには、定期的な点検や清掃が必要です。

層間剥離

層間剥離とは、太陽電池の表面と裏面の層が剥がれる現象で、温度や湿度の変化による熱膨張や収縮、機械的な衝撃などによって発生します。

層間剥離が発生すると、太陽電池の防水性や耐久性が低下し、出力も減少します。

層間剥離を防ぐためには、高品質な太陽電池を選び、適切な取り付け方法や保守管理を行う必要があります。

パワーコンディショナーの管理

パワーコンディショナーとは、太陽光発電システムで生成された直流電力を交流電力に変換する装置のことで、太陽光発電システムの効率や安全性に大きく影響します。

パワーコンディショナーの故障や劣化は、出力の低下や停止、火災や感電などの事故を引き起こす可能性があります。

パワーコンディショナーの管理を行うためには、定期的な点検や交換が必要です。

太陽光発電の寿命を最大化する5つのポイント

太陽光発電の寿命は、設置やメンテナンスによって大きく変わります。

太陽光発電の寿命を最大化するためには、以下の5つのポイントに注意しましょう。

①最新の太陽光発電を選ぶ

②適度な定期メンテナンス

③こまめなモニターチェック

④メーカー保証の活用

⑤パワーコンディショナーの設置場所とメンテナンス

ひとつずつ見ていきましょう。

最新の太陽光発電を選ぶ

太陽光発電の技術は日々進化しています。最新の太陽光発電は古いものよりも効率が高く、耐久性が強いです。

また、デザインやサイズも多様化しており、屋根や敷地に合わせて選べます。

最新の太陽光発電を選ぶことで、性能や見た目に優れたものを手に入れることができます。

適度な定期メンテナンス

太陽光発電は、屋外に設置されるため、風雨や埃などにさらされます。

太陽光パネルの表面を汚したり傷つけたりすることで、発電効率が低下してしまいます。また、配線や接続部分が劣化したり断線したりする可能性もあります。

そこで、適度な定期的にメンテナンスを行うことが大切です。定期メンテナンスでは、太陽光パネルの清掃や点検を行い、必要に応じて修理や交換も行います。

定期メンテナンスは、専門業者に依頼するか、自分で行うかを選べますが、安全性や効果を考えると、専門業者に依頼する方が良いでしょう。

こまめなモニターチェック

太陽光発電システムにはモニターが付属しており、発電量や消費量などのデータを確認できます。

こまめなモニターチェックを行うことで、太陽光発電システムの状態や効果を把握することが可能です。

また、モニターには、異常や故障などの警告も表示されます。

警告が表示された場合は、早急に対処することが重要です。

モニターチェックは毎日行うことが理想的ですが、少なくとも月に1回は行うようにしましょう。

メーカー保証の活用

太陽光発電システムは高額な投資になるため、メーカー保証を活用することが大切です。

メーカー保証とは、メーカーが一定期間内に故障や性能低下などが起きた場合に無償で修理や交換を行うサービスです。

メーカー保証の期間や内容は、メーカーや製品によって異なりますが、一般的には10年から25年程度です。

メーカー保証を活用することで、太陽光発電システムの安心感や信頼性を高めることができます。

パワーコンディショナーの設置場所とメンテナンス

パワーコンディショナーとは、太陽光パネルから発電された直流電力を交流電力に変換する装置です。

パワーコンディショナーは、太陽光発電システムの中核となる部分であり、発電効率や安全性に大きく影響します。

設置場所は、屋内にすることが望ましいです。屋内に設置することで、パワーコンディショナーを温度や湿度などの外的要因から守ることができます。

また、パワーコンディショナーのメンテナンスも重要です。

定期的に清掃や点検を行い、必要に応じて修理や交換を行うようにしましょう。

太陽光発電を導入するならご相談ください

太陽光発電を導入するには、設置場所やパネルの種類、メンテナンスなど様々な要素を考慮する必要があります。

弊社では、太陽光発電の導入をお考えのお客様に対して、一括見積もりから設置工事、アフターサービスまでトータルサポートを提供しています。

太陽光発電についてはお気軽にご相談ください。

SHARE