HOME / ブログ / 蓄電池の容量の決め方とは?目安や計算方法を解説

blog

ブログ

蓄電池の容量の決め方とは?目安や計算方法を解説

公開日:
2023.11.29

蓄電池とは、電気を蓄えておいて必要な時に使える装置で、蓄電池の容量とは、どれだけの電気を蓄えることができるかを表す指標です。

この蓄電池の容量の決め方がわからないという声は多数いただきます。

そこでこの記事では、蓄電池の容量の目安や計算方法について、解説します。

蓄電池の容量の決め方|5つのポイント

蓄電池の容量は、次のような要素によって選び方が変わります。

①太陽光パネルの容量
②家庭の電気使用量
③停電時の使用電気量
④蓄電池の価格
⑤補助金制度

太陽光パネルの容量

太陽光パネルの容量は、該当する太陽光発電システムが生成できる電力の最大量を示す数値であり、容量が大きいほど多くの電力を生成する能力があることを示します。

家庭用蓄電池の容量を検討する際には、1日の電力使用量を計算し、それに基づいて必要な容量を逆算するのが効果的です。電力使用量は使用時間を基に考慮すると良いでしょう。

具体的には、「出力(W)×時間(時間)÷1000=電力量(kWh)」の式を使用して計算することができます。

さらに、上記の式を利用して大体の電力使用量を確認するには、頻繁に使用する家電製品の出力の一般的な値を知っておくと便利です。

以下はあくまで目安です。

・冷蔵庫:200W
・洗濯機:400W
・電子レンジ:1400W
・エアコン:750W
・液晶テレビ:50W

家庭の電気使用量

一般的に、家庭の平均的な1日あたりの電気使用量は12〜13kWh程度とされています。

しかし、これはあくまで平均値であり、家庭によって大きく異なります。

例えば、在宅勤務やテレワークをする場合は、電気使用量が増える傾向にあります。

逆に、節電や省エネを意識している場合や外出が多い場合は、電気使用量が減る傾向にあります。

また、季節や時間帯によっても電気使用量は変わります。

したがって、自分の家庭の実際の電気使用量を把握し、その量を考慮して、自分の家庭に合った蓄電池の容量を選ぶ必要があります。

停電時の使用電気量

一般的に、停電時に必要な最低限の電力は3kWh程度とされています。

これは、照明や冷蔵庫などの必需品、スマートフォンなどの通信機器の充電などにも必要な電力です。しかし、これも家庭によって異なります。

例えば、医療機器や通信機器などの重要な機器を使う場合や、子供や高齢者などの安全を確保するためにエアコンやテレビなどの快適設備を使う場合は、停電時の使用電気量が増える可能性があります。

逆に、非常用のランタンやバッテリーなどを備えている場合や停電時に外出する場合は、停電時の使用電気量が減る可能性があります。

したがって、自分の家庭が停電した際に必要な家電と使用電気量を想定することが重要です。適した蓄電池の容量を選ぶためにも、一度災害時をシミュレーションしてみましょう。

蓄電池の価格

蓄電池の価格は、蓄電池を購入する際に支払う金額を示します。

一般的に、蓄電池の価格は容量に比例して高くなります。

しかし、メーカーや製品によって価格は異なります。

例えば、性能や品質が高い蓄電池は安い蓄電池よりも高くなりますし、新しい技術や機能を搭載した蓄電池は古い技術や機能を搭載した蓄電池よりも高くなります。

したがって、自分の家庭の予算やニーズに応じて、コスパの高い蓄電池を選ぶ必要があります。

補助金制度

補助金制度は、太陽光発電システムと蓄電池を設置する際に受けられる政府や自治体からの経済的支援制度です。

ただ自治体によって、独自の条件があります。

この条件を考慮せずに選んでしまうと、最悪の場合補助金を使えないケースもあります。

ご自身の自治体にそもそも補助金があるのか?

補助金制度を利用できる危機はどれなのか?を確認することが重要です。

蓄電池の容量を決める目安は?計算方法を紹介

蓄電池とは、電気を蓄えておいて必要なときに使えるようにする装置です。

災害などで停電になったときに、自家発電や太陽光発電の余剰電力を利用できるようにするために、蓄電池が必要になります。

では、どのくらいの容量の蓄電池が必要なのでしょうか?

その目安を計算する方法を紹介します。

蓄電池の容量を決める目安

蓄電池の容量を決める目安は、使用する電化製品の出力(W)×時間=必要な電力量(容量 kWh)で考えられます。

例えば、テレビ(150W)と照明(100W)を3時間使った場合の電気使用量は、

「(150W+100W)×3時間=0.75kw」です。

蓄電池の容量は、使用する電化製品の出力と使用時間によって異なります。

実際に利用する際の家電の電気量を調べておきましょう。

蓄電池の容量を決める時の3つの注意点

蓄電池の容量を決める時には、いくつかの注意点があります。

ここでは、その中でも重要な3つのポイントを紹介します。

①容量が大きすぎると価格が高く、元が取りづらい
②容量が小さすぎると節電効果・停電時の効果が低い
③容量は将来の電気使用量の増加を考慮して決める

容量が大きすぎると価格が高く、元が取りづらい

蓄電池の容量が大きいほど、価格も高くなります。

また、容量が大きいと、発電した電気をすべて使い切ることができない場合もあります。

したがって、容量は必要最低限に抑えることが経済的に有利です。

容量が小さすぎると節電効果・停電時の効果が低い

一方で、蓄電池の容量が小さすぎると、節電効果や停電時の効果が低くなります。

容量が小さいと発電した電気をすぐに使い切ってしまうため、夜間や曇りの日など発電量が少ない時には、蓄電池からの供給が不足する可能性があります。

その場合、通常の電力会社からの買電をする必要がありますが、これは節電効果を減らします。また、停電時には、蓄電池からの供給時間も短くなります。

したがって、容量は十分なものである必要があります。

この塩梅が非常に難しいため、まずは専門家に相談しても良いかもしれません。

>>問い合わせフォームボタン

容量は将来の電気使用量の増加を考慮して決める

蓄電池は、長期間で資金回収していくものです。

この期間は、家族構成やライフスタイルの変化、エアコンや冷蔵庫などの家電製品の買い替えや増設などの変化が予想されるほどの期間です。

そのため蓄電池の容量を決める際には、現在の電気使用量だけでなく、将来の電気使用量の増加も考慮する必要があります。

また、太陽光発電システムや蓄電池自体の性能も時間とともに劣化します。

これらの要因を考慮して、将来的にも十分な容量を確保することが重要です。

蓄電池の容量を決められない…そんな人におすすめの容量

蓄電池の容量は、使用目的や使用環境によって異なります。

ただそう入っても目安が欲しいという人も多いですよね。

そこでここでは、蓄電池のみを検討中の法人と一般家庭、太陽光パネルと併用を検討中の法人と一般家庭のそれぞれにおすすめの容量を紹介します。

①蓄電池のみを検討中の一般家庭の場合
②太陽光パネルと併用を検討中の一般家庭の場合
③蓄電池のみを検討中の法人の場合
④太陽光パネルと併用を検討中の法人の場合

蓄電池のみを検討中の一般家庭の場合

蓄電池のみを検討中の一般家庭の場合、主な目的は停電時に生活に必要な機器や照明などを稼働させることです。

そのため、日常的に使用する電力量や停電時に必要な時間などを考慮して、適切な容量を選ぶことが重要です。一般的には、5~7kWh程度の中容量の蓄電池がおすすめです。5~7kWhの蓄電池であれば、約0.5kWの負荷を5~10時間程度まで供給することができます。

また、蓄電池は設置場所によっては、電力会社からの補助金や減税などのメリットを受けることができます。

設置場所については、事前に電力会社や専門業者に相談することがおすすめです。

太陽光パネルと併用を検討中の一般家庭の場合

太陽光パネルと併用を検討中の一般家庭の場合、太陽光パネルの発電量や売電価格などを考慮して、適切な容量を選ぶことが重要です。

一般的な家庭では、約10kWh程度の蓄電池が適切です。

昼間に発電した電力を効率的に利用することができますし、価格も比較的手頃です。

また、条件次第ではありますが、補助金や減税などのメリットを受けることもできます。

ただ詳細は事前に電力会社や専門業者に相談することがおすすめです。

蓄電池のみを検討中の法人の場合

蓄電池のみを検討中の法人の場合、節電効果は期待できないため、主な目的は停電時に重要な機器や照明などを稼働させることです。

そのため、最低限必要な電力量を計算し、それに応じた容量を選ぶことが重要です。

蓄電池は連系方式という仕組みで、複数台をつなげて容量を増やすことも可能です。連系方式であれば、必要に応じて容量を追加することができます。

太陽光パネルと併用を検討中の法人の場合

太陽光パネルと併用を検討中の法人の場合、主な目的は昼間に発電した余剰電力を蓄えて、夕方や夜間に使用することです。そのため、太陽光パネルの発電量や自家消費率などを考慮して、適切な容量を選ぶことが重要です。

どうしても蓄電池の容量に困ったら岡山電力に相談

岡山電力は、

・全国対応可能
・設置実績が豊富
・補助金などにも対応
・アフターサービスが充実
・良心的な価格

などの特徴があります。

迷った方は、どうぞ岡山電力にお気軽に相談してみてください。
全国対応しております。

SHARE