ハレでん

powered by 岡山電力株式会社

powered by 岡山電力株式会社

GXコンサル

パリ協定以降、企業の気候変動に対する取り組みが加速しています。
「CDP」、「RE100」、「SBT(Science Based Targes)」、「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフオ ース)」など、さまざまな取り組みに企業が挑む背景には、企業価値の向上、 社会貢献企業イメージの醸成による競争力の強化といったメリットが享受できるという点があります。
岡山電力ならではの実現可能な脱炭素化・再生可能エネルギー導入ソリューションを提供します。

脱炭素化を
フルオーダーメイドで支援

現状把握から実行まで、
ワンストップでご支援できます。

近年、世界的な気候変動対策に対 する企業への社会の要求の高まりにより、 SCOPE(スコープ)3を含むサプライ チェーン温室効果ガス(GHG)排出量を公開する企業が増えています。

SCOPE1 燃料の燃焼や企業が直接排出したGHG排出量
SCOPE2 他社から供給された電気、熱の使用に伴う間接排出量
SCOPE3 SCOPE1、SCOPE2以外のサプライ チェーンにおけるGHG排出量

SCOPE1

燃料の燃焼や企業が直接排出したGHG排出量

SCOPE2

他社から供給された電気、熱の使用に伴う間接排出量

SCOPE3

Scopel、Scope2以外のサプライ チェーンにおけるGHG排出量

      

支援メニュー

CDPとは

世界的に浸透している気候変動情報開示枠組みの一つ。CDP署名の機関投資家に代わり、世界の上位企業に質問書を送付し、回答を要請する。

SBTとは

気温上昇を2℃から1.5℃に抑えるため、気候科学(IPCC)に基づく削減シナリオと融合した中長期の削減目標を持つこと(パリ協定が求める水準)。

お申し込みお問い合わせはお気軽に 086-221-1227 平日9:00〜18:00 ※お掛け間違いにご注意下さい
メールでのお問い合わせ