HOME / ブログ / 太陽光パネルの設置費用はいくら?費用を抑える方法を3つ解説

blog

ブログ

太陽光パネルの設置費用はいくら?費用を抑える方法を3つ解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの設置を考えている方向けに費用相場と費用を抑える方法について解説していきます。

太陽光パネルの設置費用はいくら?

太陽光パネルの設置費用は、メーカー、容量、屋根の形や面積などによって異なります。

経済産業省のデータによると、2021年の設置費用の平均値は1kWあたり28.0万円でした。このうち、太陽光パネルの製品代が約60%、工事費が約25%を占めます。

また、屋根材によっても工事費が変わります。瓦屋根は金属屋根と比べて工事の工程が増えるため、約5万円ほど高くなるケースが多いです。太陽光パネルの設置費用を節約する方法としては、補助金や減税の活用があります。

市町村によっては太陽光発電の導入に対して補助金を出している場合があるので、自治体の公式サイトで確認しましょう。

太陽光パネルの設置費用の相場

太陽光パネルの設置費用の相場は、2023年以降は84万〜140万円と予想されています。

これは、国内主力メーカーのソーラーパネル価格と設置工事費を合わせたものです。

メーカーごとに価格や性能が異なるため、自宅の屋根の形や大きさとの相性や発電量などを考慮して選ぶ必要があります。

太陽光パネルを比較するときは、1枚あたりではなく1kWあたりで比較しましょう。これを「kW単価」と呼びます。kW単価は以下の式で計算します。

「kW単価=設置費用総額÷パネルのkW数」

kW単価で比較することで、総費用と発電量のバランスを見てパネルを選ぶことができます。

太陽光パネル後付けの場合の設置費用

既存住宅に太陽光パネルを後付けする場合は、新築住宅に比べて設置費用が高くなる可能性があります。その理由は以下の通りです。

・屋根材や構造によっては強度補強や改修が必要になる場合がある

・配線や配管などを隠すために天井裏や壁の内部にアクセスする必要がある場合がある

・電気設備や分電盤の更新や増設が必要になる場合がある

これらの工事は、新築住宅では不要であるかあらかじめ計画しておけるため、コストが抑えられます。

しかし、既存住宅では現状に合わせて工事を行う必要があるため、費用が高くなることがあります。

太陽光パネル後付けの場合の設置費用は、新築住宅の場合と同じくメーカー、容量、屋根の形や面積などによって異なりますが、一般的には1kWあたり30万円〜40万円程度と考えられます。

太陽光パネルの設置費用を抑える方法3つ

太陽光パネルを設置する際には、費用が気になるところです。太陽光パネルの設置費用は、パネルの種類や容量によって大きく異なります。ここでは、太陽光パネルの種類と容量を検討することで、設置費用を抑える方法を3つ紹介します。

①太陽光パネルの種類を検討する

②太陽光パネルの容量を検討する

③設置場所を検討する

順番に見ていきましょう。

太陽光パネルの種類を検討する

太陽光パネルの種類には、主に結晶系と薄膜系の2種類があります。

結晶系は発電効率がとても高いですが、価格も高くなります。薄膜系は発電効率が比較的低いですが、その分価格も安くなります。

どちらを選ぶかは、設置場所や目的によって異なりますが、一般的には結晶系の方がコストパフォーマンスが高いと言われています。

しかし、薄膜系は屋根の形状や方向に制約が少なく、日陰や曇りの日でも発電できるというメリットもあります。

したがって、太陽光パネルの種類を検討する際には、自分の環境やニーズに合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

太陽光パネルの容量を検討する

太陽光パネルの容量とは、パネルが一定時間に発電できる最大電力です。

自分の家庭で消費する電力量や売電する電力量に応じて決める必要があります。

容量が大きければ発電量も多くなりますが、必要なパネルの面積やインバーターの能力も大きくなるため設置費用が高くなります。

容量が小さければ発電量も少なくなりますが、設置費用も安くなります。どちらを選ぶかは自分の目的や予算によって異なりますが、一般的には自家消費型の場合は容量を小さくし、売電型の場合は容量を大きくするという傾向があります。

しかし、自家消費型でも余剰電力を売電できる場合や売電型でも自家消費できる場合もあります。

したがって、太陽光パネルの容量を検討する際には、自分の消費パターンや売電条件に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

設置場所を検討する

太陽光パネルは屋根に設置するのが一般的ですが、屋根の形や向きによっては発電効率が低下する可能性があります。

また、屋根に設置する場合は、屋根の強度や耐震性も考慮する必要があります。

そこで、屋根以外の場所に設置することも検討してみましょう。

例えば、庭や駐車場に設置する場合は、日照条件や風通しを自由に調整できるメリットがあります。

屋根に設置するよりも多くの太陽光パネルを設置できる場合は発電量も増え、さらに屋根に比べてメンテナンスや清掃がしやすいというメリットもあります。

ただし、土地の所有権や地域の条例などは事前に確認する必要があります。

太陽光パネルの設置費用を抑えるために専門業者に早めに相談する

設置費用を抑えるために専門業者に早めに相談することが大切です。

相談をすることで、太陽光パネルを設置するために適している場所か、どのような補助金を活用可能か、など事前に知ることができます。

設置を考えている方は、お気軽にご相談ください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/