HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代が高すぎる!家庭ごとの平均電気代と節電対策を紹介!

blog

ブログ

電気代が高すぎる!家庭ごとの平均電気代と節電対策を紹介!

公開日:
2024.01.17

「電気代が高すぎる…」

こんな悩み、あなたも抱えていませんか?

エネルギー価格の高騰などにより、最近の電気代は高すぎます。

この記事では、世帯数や季節ごとの電気代の平均額を比較し、どうして電気代が高くなるのかを、わかりやすく解説しています。

さらに、電気代を安くするための、節電対策もご紹介。

料金プランの見直しから、省エネ家電への切り替え、賢い家電の使い方まで、これを読めば電気代節約のコツがきっと見つかります。

電気代を賢く節約して、快適な生活を始めましょう。

電気代が高すぎて困る!

円安や世界情勢が原因で、電気代の高騰が続いていますが、多くの家庭にとって切実な問題です。

生活をしていくうえで、電気は必要不可欠ですが、使用量が増えるほど、大きな負担になります。

政府から「電気ガス価格激変緩和対策」として、2024年5月まで補助金がでることが決定されていますが、大手電力会社の値上げなども続き、電気代は、今後も高騰していくと予想されています。

電気代を安くするためには、現状を正確に理解し、適切な節電対策をおこなうことが重要です。

【電気代を徹底比較】世帯数・季節ごとの平均的な電気代

ここでは、以下の項目に分けて電気代の平均額を確認していきます。

  • 世帯人数
  • 季節
  • 全世帯平均

それぞれ、確認していきましょう。

世帯人数ごとの電気代の平均

世帯数ごとの電気代の平均は、以下のとおりです。

世帯人数月々の電気代平均額年間の電気代平均額
1人6,808円81,696円
2人11,307円135,684円
3人13,157円157,884円
4人13,948円167,376円
5人15,474円185,688円
6人以上17,869円214,428円

世帯数が多いほど、電気を使う量は増えるので、電気代は高くなります。

家庭の構成によって、電気代の平均は大きく変わるため、自分の家庭に合った節電対策を考えることが重要です。

季節ごとの電気代の平均

季節によっても、電気代は変動します。

季節ごとの電気代の平均は、以下のとおりです。

季節月々の電気代平均額(全世帯)
春(2022年4月〜6月)9,904円
夏(2022年7月〜9月)9,764円
秋(2022年10月〜12月)10,201円
冬(2023年1月〜3月)14,646円

特に冬場は、暖房器具を使うことで、電気代が高くなる傾向にあり、夏場は、エアコンの使用が増えるので、電気代が高くなります。

冬場の電気代は、夏場に比べて平均で約20%増加することが多いです。

季節においても節電を意識することで、電気代を安くできます。

全世帯の平均的な電気代

全世帯ごとの電気代の平均は、以下のとおりです。

月々の電気代平均額(全世帯)
2019年9,100円
2022年10,559円

2019年に比べると、2022年の電気代は、16%も上昇しています。

この結果から、自分の家庭の電気代が、平均より高いかどうかをチェックしてみましょう。

平均より高い場合は、すぐに節電対策を実施しましょう。

高すぎる電気代を払っている人必見!電気代が高い3つの原因

電気代が高すぎる原因は、以下のとおりです。

  • 料金プランが合っていない
  • 古い家電を使っている
  • 節電対策をしていない

それぞれ、確認していきましょう。

原因①料金プランが合っていない

多くの家庭では、電力会社の料金プランが、電気の使用状況に合っていないことが、電気代が高い原因となっています。

家庭や事業所ごとのライフスタイルや、電気使用のピーク時間での対策をおこなっていない場合、不必要に高い料金を支払っているケースが多いです。

例えば、昼間はほとんど家にいないのに、昼間に特化したプランを選んでいると、無駄に高い電気代を払うことになります。

原因②古い家電を使っている

古い家電製品は、新しい省エネ家電に比べて、電力消費が大きいです。

10年以上前の家電を使っている場合、現在の省エネ基準に適合していない可能性が高く、電気を無駄に使っていることが多いです。

特に、消費電力が高いエアコンや冷蔵庫は、電気代が高くなります。

原因③節電対策をしていない

日常生活で、節電対策をおこなっていないと、無駄な電力消費が発生して、電気代が高くなります。

例えば、部屋を出るときに照明を消す、エアコンの温度設定を適切にする、テレビやパソコンを使わないときはコンセントから抜くなどがおすすめです。

小さな工夫ですが、これらを意識することで電気代を安くできます。

平均よりも電気代が高すぎる人におすすめな3つの節電対策

電気代を安くするための、おすすめの節電対策は、以下のとおりです。

  • 電力会社、料金プランを見なおす
  • 省エネ家電に買いかえる
  • 家電を効率的に使う

それぞれ、確認していきましょう。

対策①電力会社・料金プランを見なおす

電力会社や料金プランの見直しは、電気代を節約するのに、とても効果的です。

家庭や事業所ごとの電気使用状況に合ったプランを選ぶことで、無駄な電気代を削減できます。

電力会社によっては、夜間に安くなるプランや、特定の時間帯に割引が適用されるプラン、オール電化住宅プランなど、さまざまな料金プランが提供されています。

まずは、自分の電気使用状況を把握して、自分にピッタリ合う料金プランを選んでみましょう。

対策②省エネ家電に買いかえる

省エネ家電へ買いかえることで、長期的に電気代を節約できます。

特に、エアコン、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、省エネ性能の高いモデルにすることがおすすめです。

最新の省エネ家電は、消費電力を大きく抑える技術が採用されているので、初期投資を上回る節電効果に、期待できます。

対策③家電を効率的に使う

家電製品の効率的な使用は、日々の電気代節約に、とても必要です。

例えば、エアコンは適切な温度設定を心がけ、不使用時はコンセントから抜くなど、小さな努力ですが、無駄な電力消費を防げます。

また、冷蔵庫の裏側を掃除する、エアコンのフィルターを掃除するなど、家電を定期的に清掃をすると効率よく動かせるので、電気代の節約につながります。

まとめ

電気代が高すぎるという問題は、多くの家庭や企業が抱えている問題です。

高騰が続いている電気代ですが、支払いが高くなっているのには、以下の原因が挙げられました。

  • 料金プランが合っていない
  • 古い家電を使っている
  • 節電対策をしていない

電気代は、今後も高騰していくと予想されているので、各家庭や事業所においては、以下のような節電対策をおこなう必要があります。

  • 電力会社、料金プランを見なおす
  • 省エネ家電に買いかえる
  • 家電を効率的に使う

これらの節電対策をおこなうことで、家計に優しいだけでなく、環境にも配慮した生活を実現することができます。

この記事を参考に、賢く電気代を管理し、快適かつ経済的な生活を送りましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/