HOME / ブログ / 【知らないと後悔】太陽光発電で後悔する10の落とし穴とその対策

blog

ブログ

【知らないと後悔】太陽光発電で後悔する10の落とし穴とその対策

公開日:
2023.11.29

太陽光発電で後悔する10の落とし穴とその対策について紹介します。

太陽光発電を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

業者を信じすぎて後悔

太陽光発電の業者は数多く存在しますが、中には悪質な営業や施工を行うところもあります。

業者の言葉に騙されず、契約内容や見積もりをしっかり確認しましょう。また、複数の業者から見積もりを取って比較することも大切です。

信頼できる業者を選ぶためには、口コミや評判、実績などを調べるようにしましょう。

住宅条件が悪く計算ほど発電できず後悔 

太陽光発電の発電量は、住宅の条件によって大きく変わります。

例えば、屋根の向きや角度、日照時間や日影の有無、パネルの設置面積や種類などです。

住宅条件が悪いと、計算よりも発電量が少なくなり、コスト回収期間が長くなったり、売電収入が減ったりする可能性があります。

住宅条件に合った太陽光発電システムを選ぶためには、専門家のアドバイスやシミュレーションを活用しましょう。

後からもっと条件の合う機種を知って後悔 

太陽光発電システムは、パネルやパワーコンディショナーなどの部品によって性能や価格が異なります。

また、新しい技術や製品が次々と開発されています。後からもっと条件の合う機種を知って後悔しないためには、最新の情報やトレンドを把握することが必要です。

また、自分のニーズや予算に合わせて最適な機種を選ぶことも大切です。

想像よりコスト回収に時間がかかって後悔 

太陽光発電システムは、初期費用が高い反面、売電収入や節約効果によってコスト回収できるというメリットがあります。

しかし、コスト回収期間は発電量や売電価格、消費税率などの要因によって変動します。想像よりコスト回収期間がかかって後悔しないためには、正確な計算や見通しを立てることが必要です。

また、コスト回収期間だけでなく、寿命やメンテナンス費用などのランニングコストも考慮することが必要です。

メンテナンス費用などを知らず後悔 

太陽光発電システムは、一度設置すればあとは自動的に発電するだけというイメージがありますが、実際には定期的なメンテナンスや点検が必要です。

例えば、パネルの清掃や交換、パワーコンディショナーの故障や修理などが発生する可能性があります。

メンテナンス費用などを知らずに後悔しないためには、契約時に業者から詳細な説明や保証を受けることが必要です。

また、自分でできるメンテナンスや節約方法を学ぶことも大切です。

補助金を知らずに使いそびれて後悔 

太陽光発電システムの導入には、国や地方自治体などから補助金や助成金が支給される場合があります。

しかし、補助金の申請には期限や条件があります。補助金を知らずに使いそびれて後悔しないためには、事前に補助金の情報や手続きを調べることが必要です。

また、補助金だけでなく、税制優遇や低利ローンなどの制度も活用することが必要です。

屋根のメンテナンスを怠り後悔 

太陽光発電システムを設置する際には、屋根の状態や耐久性も重要なポイントです。

例えば、屋根の傷みや漏水、強風や積雪などの影響で、パネルの損傷や脱落などのトラブルが発生する可能性があります。

屋根のメンテナンスを怠り後悔しないためには、太陽光発電システムの設置前に屋根の補修や強化を行うことが必要です。

また、設置後も定期的に屋根の点検や清掃を行うことも大切です。

蓄電池をケチって後悔 

太陽光発電システムでは、昼間に発電した電力を夜間に使用するために蓄電池が必要になります。

しかし、蓄電池は高価であり、容量や性能によって価格が異なります。蓄電池をケチって後悔しないためにも、自分の使用量や目的に合わせて最適な蓄電池を選ぶようにしましょう。

また、蓄電池だけでなく、スマートメーターやHEMSなどのシステムも活用することで、より効率的な電力管理ができます。

住宅ローンに組み込まなくて後悔 

太陽光発電システムを導入する際に、住宅ローンに組み込むことができる場合があります。

住宅ローンに組み込むことで、金利が低くなったり、税制優遇を受けたりすることが可能です。しかし、住宅ローンに組み込まないで別途借り入れをしたり、現金で支払ったりする場合もあります。

その場合、金利が高くなったり、返済期間が長くなったりするデメリットが考えられます。

また、太陽光発電システムの寿命や売電価格の変動によっては、投資効果が低下する可能性もあるでしょう。

そのため、住宅ローンに組み込まなかったことを後悔する人もいるのです。

反射光など隣人トラブルの対策をしなくて後悔 

太陽光発電システムを導入する際には、隣人とのトラブルに注意する必要があります。

例えば、太陽光パネルから反射する光が隣家や道路に影響を与える場合などです。

反射光は眩しさや熱さを感じさせるだけでなく、視界を妨げたり事故の原因になったりする危険性もあります。

そのため、反射光の対策をしないと、隣人から苦情や訴訟を起こされてしまうかもしれません。

反射光の対策としては、パネルの角度や方向を調整したり、遮光ネットやフィルムを設置したりする方法があります。

しかし、これらの対策は費用や効果にばらつきがあるため、事前に考えておくと良いでしょう。

反射光の対策をしなかったことを後悔する人もいるのです。

災害などの保険をケチって後悔 

太陽光発電システムは高価な設備であり、災害や事故によって損傷する可能性があります。

例えば、台風や地震でパネルが飛ばされたり割れたりする場合や、落雷や火災でシステムが故障したり破損したりする場合などです。

そのような場合に備えて、太陽光発電システムの保険に加入することが推奨されます。

保険に加入すれば、修理費用や再設置費用などの補償を受けることが可能です。しかし、保険料は高額であったり、補償内容や条件に制限があったりする場合もあるため、保険に加入しないで済ませようとする人もいます。

しかし、保険に加入しなかったことで大きな損失を被ることもあるので注意しましょう。

後悔しないための3つの対策 

太陽光発電を導入して後悔しないためには、次のようなポイントに注意しましょう。

①複数社の見積もりを取る

②めんどくさがらずに勉強する

③長期での投資と心得る

ひとつずつ解説していきます。

複数社の見積もりを取る 

太陽光発電の導入には、機器の購入や設置、メンテナンスなど、多くの費用がかかります。

そのため、一社だけに依頼せずに、複数社の見積もりを取ることが重要です。見積もりを取ることで価格やサービスの違いを比較できますし、競争原理によって値引き交渉も有利になります。

また、見積もりを取る際には、機器の性能や保証期間、アフターサービスなど、細かい条件も確認しておきましょう。

めんどくさがらずに勉強する 

太陽光発電は、一度導入すれば長期間にわたって電力を自給できるエコなシステムですが、それだけに導入前にはしっかりと勉強する必要があります。

太陽光発電の仕組みやメリット・デメリット、補助金や売電制度など、知っておくべきことは事前に調べておきましょう。

めんどくさがらずに勉強することで自分に最適な太陽光発電システムを選ぶことができますし、トラブルや損失を防ぐことができます。

長期での投資と心得る 

太陽光発電は、初期費用が高いですが、長期的に見れば節約効果が大きいです。

しかし、その節約効果はすぐに現れるものではありません。太陽光発電システムの寿命は約20年と言われていますが、その間に機器の故障や劣化、天候や地域の影響などで発電量が変動します。

また、売電価格も下落傾向にあります。そのため、太陽光発電を導入する際には、短期的な利益ではなく、長期的な投資として考えることが大切です。

後悔しない太陽光発電の業者をお探しならご相談ください

太陽光発電を導入する際には、信頼できる業者を選ぶことが肝心です。

ひとりひとりのニーズに合わせて最適なプランを提案し、高品質な機器を提供します。

太陽光発電の導入はぜひご相談ください。

SHARE