HOME / ブログ / 太陽光パネルの寿命は何年?寿命を伸ばすためのポイントとメンテナンス方法

blog

ブログ

太陽光パネルの寿命は何年?寿命を伸ばすためのポイントとメンテナンス方法

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルの寿命について解説していきます。

寿命を伸ばし、効率的に運用していくためのポイントとメンテナンス方法まで理解し、適切に太陽光パネルを運用していきましょう。

太陽光パネルの寿命は20年から30年

太陽光パネルの寿命は20年から30年と言われていますが、実際にはどのように決まるのでしょうか。太陽光パネルの寿命は、主に以下の3つの要因によって影響を受けます。

①太陽電池の劣化

②パネルの構造や材質

③外的な環境やメンテナンス

①太陽電池の劣化

太陽電池は光を電気に変換する素子ですが、長期間にわたって光や熱にさらされると、その性能が低下します。これを太陽電池の劣化と呼びます。

太陽電池の劣化は、パネルの発電量や効率を下げる原因となります。

一般的に、太陽電池の劣化率は年間0.5%から1%程度とされていますが、使用する太陽電池の種類や品質によって異なります。

②パネルの構造や材質

パネルの構造や材質も、寿命に影響を与えます。

パネルは、太陽電池を保護するためにガラスやフレームなどで覆われていますが、これらの部品も経年劣化します。

特に、ガラスやフレームと太陽電池との間にある接着剤やシーラントは水分や空気によって劣化しやすく、パネル内部に湿気や酸素が侵入すると太陽電池の劣化を加速させます。

また、パネルの材質によっては、紫外線や温度変化に弱いものもあります。

③外的な環境やメンテナンス

外的な環境やメンテナンスも寿命に大きく関わります。

パネルは屋外で使用されるため、風雨や落雷などの自然災害や、鳥糞や落葉などの汚れにさらされます。

これらはパネルの表面を傷つけたり、発電量を低下させたりします。そのため、定期的な清掃や点検が必要です。

また、パネルの設置場所や角度も重要です。

日照時間や日射量が多い場所や角度であればあるほど発電量が増えますが、同時に熱ストレスも大きくなります。適切な設計とバランスが求められます。

以上のように、太陽光パネルの寿命は20年から30年と言われていますが、一概には言えず様々な要因が絡んできます。

太陽光パネルを長持ちさせるためには、品質の高い製品を選び適切な設置とメンテナンスを行うことが大切です。

太陽光パネルの寿命を伸ばすための4つのポイント

ここからは、太陽光パネルの寿命を伸ばすポイントを解説していきます。

①日照量が多い場所に設置する

②屋根や地面を整備する

③雪や汚れを落とす

④定期的にメンテナンスを行う

順番に見ていきましょう。

日照量が多い場所に設置する

太陽光パネルは、日照量が多いほど効率的に発電できます。

日照量が多い場所に設置することで太陽光パネルの性能を最大限に発揮できるだけでなく、発電量が安定することでパネルの劣化を抑えることができます。

日照量が多い場所とは、南向きや西向きの屋根や地面で、周囲に高い建物や樹木などの影がない場所です。

日照量が少ない場所に設置すると、太陽光パネルの発電量が低下しパネルの温度も上昇しやすくなります。

これは、パネルの素材や接合部分に負担をかけることになり、寿命を縮める原因となります。

屋根や地面を整備する

太陽光パネルは、屋根や地面に設置されることが多いです。

しかし、屋根や地面には雨や風、雪や落ち葉などの自然現象や汚れが影響します。これらの要因は、太陽光パネルの表面を汚したり傷つけたりし、発電効率を低下させたり寿命を縮めたりする可能性があります。

そのため、屋根や地面を整備することが重要です。屋根や地面を整備する方法としては、以下のようなものがあります。

・雨水や落ち葉などを排水しやすくするために、屋根や地面に傾斜をつける。

・汚れや傷などを防ぐために、屋根や地面に防水・防塵・防錆・防虫などのコーティング剤を塗る。

・汚れや傷などを除去するために、定期的に屋根や地面を清掃・点検・修理する。

これらの方法を実施することで、太陽光パネルの表面を清潔に保ち発電効率を高めることができます。

雪や汚れを落とす

太陽光パネルは、屋根や地面に設置されることが多いです。そのため、雨や風で汚れたり、雪が積もったりすることがあります。

雪や汚れがパネルに付着すると、光を遮ってしまい、発電効率が低下します。

また、雪や汚れが重くなると、パネルに負荷がかかり、破損する恐れもあります。そこで、雪や汚れを定期的に落とすことが重要です。

落とす方法は、専用のブラシやスポンジなどで優しく拭き取るか、水で洗い流すかです。

定期的にメンテナンスを行う

太陽光パネルは、設置後に放置しておくだけではなく、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。それは、長期間使用すると劣化してしまうからです。

劣化する原因は、紫外線や温度変化などの環境要因や、接続部分や配線などの機械的な要因です。

劣化すると、発電量が低下したり故障したりする可能性があります。そこで、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

太陽光パネルのメンテナンス方法4つのポイント

太陽光パネルは、定期的なメンテナンスを行うことで、発電効率を高めることができます。メンテナンス方法は以下の4つのポイントに注意して行いましょう。

①パネルの表面を水で洗う

②パネルの汚れを落とす

③パネルのガラスを清掃する

④パネルの架台を点検する

順番に見ていきましょう。

パネルの表面を水で洗う

太陽光パネルは、パネルの表面が汚れていると太陽光の受け入れ量が減り、発電効率が低下します。また、汚れが長期間付着すると、パネルの劣化や故障の原因にもなります。そこで、定期的にパネルの表面を水で洗うことが必要です。

パネルの表面を洗う際には、以下の点に注意しましょう。

・水は清潔なものを使う

・水圧は弱めにする

・水温は低めにする

・洗浄時期は早朝や夕方にする

・洗浄頻度は季節や環境に応じて調整する

パネルの汚れを落とす

水で洗うだけでは落ちない汚れもあります。例えば、鳥糞や落ち葉などです。これらの汚れは、発電効率を大きく低下させるだけでなく、発火や発煙の危険性もあります。

そのため、水で洗った後に柔らかい布やスポンジなどで優しく拭き取ることが必要です。パネルの汚れを落とす際には、以下の点に注意しましょう。

・研磨剤や溶剤などは使わない。

・金属製や硬い素材の道具は使わない。

・拭き取った後は乾いた布で拭き上げる

パネルのガラスを清掃する

パネルのガラスが汚れていると、光の吸収率が低下し発電効率が悪くなります。また、ガラスに付着したほこりや汚れは、湿気やカビの原因にもなります。

そのため、定期的にパネルのガラスを清掃することが必要です。パネルのガラスを清掃する際には、以下の点に注意してください。

・清掃する時期は、春や秋など気温が高すぎない時期に行う

・清掃する時間帯は、日没後や日の出前など太陽光が当たらない時間帯に行う

・清掃する道具は、柔らかい布やスポンジ、水や中性洗剤を用意する

パネルの架台を点検する

太陽光パネルは、架台と呼ばれる金属製の台に固定されています。架台はパネルを支えるだけでなく、風や雨などの自然災害からも守ってくれます。

しかし、架台も長期間使用すると錆びたり緩んだりすることがあります。そのため、定期的にパネルの架台を点検することが必要です。

パネルの架台を点検する際には、以下の点に注意してください。

①点検する時期は春や秋など気温が高すぎない時期

②点検する時間帯は日没後や日の出前など太陽光が当たらない時間帯に

③点検する際の道具はヘルメットや手袋などの安全装備を着用

このように、パネルの架台を点検することで太陽光発電システムの安全性と効率性を高めることができます。

太陽光パネルの寿命を伸ばし運用しよう

太陽光パネルは、一般的に20〜30年程度の寿命と言われていますが、適切なメンテナンスを行うことで、さらに長く発電を続けることができます。

パネルの表面に付着した汚れを水で洗うのはもちろん、架台のメンテナンスも意識することが大切です。

太陽光パネルは高額な投資となるので、長く安全に使い続けるためにも、適切な管理を心がけましょう。

SHARE