HOME / ブログ / 電気代が安い時間帯はいつ?時間による節約と注意点3つ

blog

ブログ

電気代が安い時間帯はいつ?時間による節約と注意点3つ

公開日:
2023.11.29

電気代は時間帯によって変わることを知っていますか?

電気代が安い時間帯を利用することで、節約につながる可能性が高いです。

しかし、その一方で注意点もあります。この記事では、電気代の仕組みや安い時間帯のメリットや注意点について解説します。

電気代が安い時間帯はいつ?

電気代は時間帯によって変動し、一般的に電力会社は需要の少ない時間帯に電気代を安く設定しています。

このような時間帯を「オフピーク」と呼びます。オフピークの時間帯は電力会社によって異なりますが、午前7時〜午後11時の時間帯や休日、冬季の3つが一般的です。

夜間(23時~朝7時)

夜間は人々が寝ているため、電気の使用量が減ります。そのため、多くの電力会社が夜間をオフピークとしています。

夜間の電気代は昼間の約半分程度になることもありますが、夜間に電気を使う場合は、タイマー機能や節電モードを活用するとよりお得です。

休日 

休日は、家庭や事業所での電気の使用量が減ります。

そのため、一部の電力会社では休日をオフピークとしています。

冬季(11月~3月)

冬季は暖房や照明などで電気の使用量が増えます。そのため、冬季をオフピークとしている電力会社もあります。

冬場は一年の中で最も電気代が高い時期であるため、電気の使い過ぎに注意が必要です。

電気代が安い時間帯でさらに節約する方法 

電気代が安い時間帯でさらに節約する方法を3つ紹介します。

・電気使用量を減らす

・電力会社を変更する

・電気料金プランを変更する

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

電気使用量を減らす

電気代が安い時間帯を利用するだけでなく、電気使用量を減らすことも節約のポイントです。

電気使用量を減らす方法としては、以下のようなものがあります。

①節電グッズを使う

LED電球や省エネ家電などは、消費電力が少なくて済むので、電気代を抑えることができます。

②不要な電気を消す

部屋を出るときや寝る前には、テレビや照明などのスイッチを切るようにしましょう。

③電化製品の設定を見直す

冷蔵庫やエアコンなどは、温度設定や運転モードを適切に調整することで、無駄な電力消費を防ぐことができます。

電力会社を変更する

2016年4月からは、全国の家庭や事業所が自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。

これは「電力自由化」と呼ばれる制度で、従来の地域別の独占的な供給から脱却し、競争原理に基づいてサービスや料金が改善されることを目指しています。

これによって多くの新規参入者が市場に参入し、様々なプランやサービスを提供していますが、中には従来よりも安い料金や割引サービスなどを提供する会社もあります。

そのため、自分の使用状況やニーズに合った電力会社を選ぶことで、節約することが可能です。

電気料金プランを変更する

電力会社を変更するだけでなく、電気料金プランを変更することも節約のポイントです。電気料金はひとりひとりのライフスタイルや消費パターンに応じて異なり、様々な企業で独自の料金プランを提供しています。

家庭に合ったプランを選択することで、電気料金を最適化し、節約を実現することが可能です。

電気代の安い時間帯の注意点3つ

電気代の安い時間帯の注意点としては、次のようなものが挙げられます。

・家電の省エネ性能を必ず確認する

・不要な家電の電源を切る

・無理して体調を崩さないようにする

ひとつずつ見ていきましょう。

家電の省エネ性能を必ず確認する

電気代の安い時間帯に家電を使う場合は、その家電の省エネ性能を必ず確認するようにしましょう。

省エネ性能が高い家電は、同じ機能を提供しながらも消費電力が少なくなります。一方で、省エネ性能が低い家電は、安い時間帯でも高い電気代がかかってしまう可能性があります。

省エネ性能は、家電の取扱説明書やラベルに記載されているため、事前に確認しておくと良いでしょう。

不要な家電の電源を切る

電気代の安い時間帯に家電を使う場合でも、使わないときは必ず電源を切るようにしましょう。

スタンバイ消費電力と呼ばれる待機状態の家電が消費する電力は、積み重なると高額になる場合もあります。

特にテレビやパソコンなどの家電は、スタンバイ消費電力が高いです。不要な家電の電源を切ることで、無駄な電気代はできるだけ抑えていきましょう。

無理して体調を崩さないようにする

電気代を節約することは大切ですが、無理があってはいけません。くれぐれも自分の体調や生活リズムに合わせて計画的に行うことが大切です。

例えば、無理して夜遅くまで起きて洗濯や掃除をすると、睡眠不足やストレスになります。

また、冬場は暖房器具を節約しすぎて寒さで風邪をひくこともあります。健康を犠牲にしてまで節約する必要はありません。

自分の体と相談しながら、適度に節約しましょう。

電気代の安い時間帯のまとめ

今回は、電気代が安い時間帯でさらに節約する方法を3つ紹介しました。

電気使用量を減らす、電力会社を変更する、電気料金プランを変更するという方法を組み合わせることで、より効果的に節約することができます。

ぜひ参考にしてみてください。

また、安い時間帯に家電を使うことで、一定の節約効果が期待できますが、その際は家電の省エネ性能やスタンバイ消費電力に注意しましょう。

さらに、自分の体調や生活リズムに合わせて行うことも大切です。自分の健康を第一に、賢く節約することを心がけましょう。

SHARE