HOME / ブログ / 電気代が3万円はおかしい時の理由と対策方法5つ

blog

ブログ

電気代が3万円はおかしい時の理由と対策方法5つ

公開日:
2023.11.29

電気代が3万円というのは、一般的な家庭では考えられないほど高額です。

電気代が3万円になる原因は何でしょうか?

そして、どのように対策すれば、電気代を節約できるのでしょうか?

この記事では、電気代が3万円になるおかしい時の理由と対策方法を5つご紹介します。

電気代が3万円になるのはおかしい?高騰理由を5つ解説

電気代が高騰している理由は、主に次のようなものが挙げられます。

・電気料金の値上がり

・省エネ意識の低下

・電気使用量の増加

・電気料金プランの見直し不足

・太陽光発電の導入不足

この5つの要因が、高い電気代につながっています。ひとつずつ見ていきましょう。

電気料金の値上がり

最近では、電気料金が高騰しているというニュースを耳にすることが多いでしょう。

電気代が3万円になるのはおかしいと思うかもしれませんが、実は様々な要因が影響しています。

電気料金の値上がりの主な理由は、次のようなものが挙げられます。

・石油や天然ガスなどの化石燃料の価格上昇

・再生可能エネルギーの普及不足による火力発電への依存度の高さ

・原発事故後の原子力発電所の稼働停止に伴う発電コストの増加

・需要と供給のバランスの崩れによるスポット市場での高値取引

省エネ意識の低下

電気代が高くなっても、それに見合った省エネ意識を持っている人は少ないかもしれません。

特に、コロナ禍で在宅勤務やオンライン授業などが増えたことで、家庭での電気使用量が増えています。

しかし、その分だけ節電する意識を持たなければ、節約は難しいかもしれません。

また、節約効果の高いLED電球や省エネ家電などを導入している人もまだまだ少ないでしょう。

省エネ意識の低下は、電気代が高くなる一因となっています。

電気使用量の増加

最近では、在宅勤務やオンライン授業などで家庭での電気使用量が増えています。

しかし、それだけではありません。

最近では、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末や、テレビやゲーム機などの娯楽機器も多く使われています。これらの機器は、充電や使用時にも電気を消費するのはもちろん、インターネットやクラウドサービスなどもデータセンターなどで大量の電力を必要とします。

私たちの生活はこれまで以上に電化されており、それに伴って電気使用量も増加していると考えられるでしょう。

電気料金プランの見直し不足

自分の家庭で使っている電気料金プランに満足しているでしょうか?

実は、自分に合ったプランを選んでいないかもしれません。

例えば、時間帯別料金制やピークシフト制などのメリットを活用していない場合や、自家発電や蓄電池などの割引制度を利用していない場合などです。

また、電力自由化によって多くの新規参入会社が出てきましたが、それらの中から最適なプランを選ぶのは難しいです。

電気料金プランの見直し不足は、無駄な電気代を払っている可能性があります。

太陽光発電の導入不足

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も普及していると言われています。

しかし、日本ではまだまだ太陽光発電の導入率は低いと言わざるを得ません。

特に、家庭用の太陽光発電システムは、初期費用やメンテナンス費用などの問題や、屋根の形状や方向などの条件によって設置できない場合が多いです。

また、売電価格の低下や余剰電力の買取制限などの制度的な問題もあります。

太陽光発電の導入不足は、化石燃料に依存した発電に頼らざるを得ない状況を招いています。

電気代を節約する方法

電気代は毎月の家計の大きな負担になりがちです。

ここでは、電気代を節約するための5つの方法を紹介します。

・電気料金プランの見直し

・省エネ家電への買い替え

・電気使用量の削減

・家族で電気代節約の意識づけをする

・太陽光発電の導入

ひとつずつ見ていきましょう。

電気料金プランの見直し

電気料金プランを見直してみましょう。

電力会社やプランによって、電気料金の単価や割引率が異なります。

自分の家庭の電気使用量や使用時間帯に合ったプランを選ぶことで、電気代を大幅に節約できる可能性があります。

また、自由化された電力市場では、他の電力会社に乗り換えることも可能です。

乗り換える際には、契約期間や違約金などの条件に注意すると良いでしょう。

省エネ家電への買い替え

省エネ家電への買い替えを検討してみるのも有効です。

古い家電は、新しい家電に比べて消費電力が高かったり故障しやすかったりします。それに対し、省エネ家電は、消費電力が低く性能も高いです。

特に、冷蔵庫やエアコンなどの大型家電は、省エネタイプにすることで電気代を大きく削減できるでしょう。

省エネ家電は、エネルギー消費効率(EER)や年間消費電力量(APF)などの表示があります。

これらの数値が高いほど省エネ性能が高いので、家電を買い替える際は確認しておきましょう。

電気使用量の削減

日常生活での電気使用量を削減することも重要です。

例えば、次のような工夫をしてみましょう。

・部屋を出るときは必ず照明やテレビなどのスイッチを切る。

・天気の良い日はカーテンを開けて自然光を利用する。

・洗濯機や食器洗い機などは満杯にしてから使う。

・エアコンや暖房器具は適切な温度設定にする。

・省エネモードやタイマー機能を活用する。

・スタンバイ消費電力を減らすために、コンセントから抜くか節電タップを使う。

ほんの少しの工夫で、電気使用量を減らすことができます。

家族で電気代節約の意識づけをする

また、家族で電気代節約の意識づけをすることも大切です。家族全員が節約に協力することで、効果がさらに高まります。

・電気代の明細を見て、前月や前年と比較する。

・電気使用量や料金プランをシミュレーションするアプリやサイトを利用する。

・電気代節約に関する情報やコツを共有する。

・電気代節約に成功したら、ご褒美や目標達成感を味わう。

・無駄な電気利用を見つけたら声を掛け合う。

家族全員の心がけでも、電気代の節約になります。楽しく節約できるよう工夫して取り組みましょう。

太陽光発電の導入

最後に、太陽光発電の導入を検討してみましょう。

太陽光発電は、太陽の光を電気に変換するシステムです。

自宅で発電した電気は、自分で使うことはもちろん、余った分を電力会社に売ることもできます。

太陽光発電のメリットは、次のようなものが挙げられます。

・電気代を節約できる。

・再生可能エネルギーを利用することで、環境にやさしい。

・災害時にも電気が使える可能性がある。

・国や自治体からの補助金や減税などの支援が受けられる。

ぜひ検討してみましょう。

電気代3万円はおかしい時の理由と対策方法のまとめ

現在、電気代は様々な理由で高騰しています。

主な理由としては、省エネ意識の低下や電気使用量の増加、電気料金プランの見直し不足や太陽光発電の導入不足などです。

手間や資金が必要なものもありますが、中には意識ひとつで対策できるものもあります。まずは気軽にできそうなものから取り組んでみましょう。

SHARE