HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代の節約には比較が重要!さまざまな電気代を徹底比較!

blog

ブログ

電気代の節約には比較が重要!さまざまな電気代を徹底比較!

公開日:
2024.01.17

毎月の電気代に、不満を感じていませんか?

電気代が高くなってしまうと、家計が圧迫され、楽しみにしていた旅行へ行けなくなったり、欲しい物が買えなくなったりしてしまいますよね。

電気代の支払いはできるだけ抑えて、別のことにお金を使いたいものです。

電気代を安くするには、電気代に関するさまざまな情報を知っておくことが重要です。

料金プランや各家電の消費力量を知らないと、無駄な出費を続けていることになります。

そこでこの記事では、大手電力会社、新電力会社や各家電の電気代について、比較をおこなっていきます。

家計を見直したい方や、賢い消費を心がける方におすすめの記事ですので、ぜひ参考にしてみてください。

【電気代比較】大手電力会社を比較!

ここでは、以下のような大手電力会社の電気代について比較をおこなっていきます。

  • 東京電力
  • 東北電力
  • 九州電力

各電力会社の、規制料金プラン(従量電灯B)と自由料金プラン(夜間割引プラン)の電気代を比較した表は、以下のとおりです。

電力会社規制料金プラン(従量電灯B)自由料金プラン(夜間割引プラン)
基本料金電力量料金基本料金電力量料金
東北電力1,478円40銭(40A)29円71銭(最初の120kWhまで)2,178円00銭(5kVA)34円91銭(平日昼間)
27円32銭(夜間休日)
東京電力1,180円96銭(40A)30円00銭(最初の120kWhまで)230.67円(1kW)42円80銭(7時〜23時)
31円84(23時〜7時)
九州電力1,264円96銭(40A)18円28銭(最初の120kWhまで1,888円80銭(10kW以下)27円57銭(平日昼間)
14円48銭(夜間)

表のとおり、各電力会社の電気代は、少しづつ差があることが分かりました。

地域によって、電力構成(火力発電や原子力発電の比率など)や、送配電(送電線や電柱などの設備)のコストが違うためです。

【電気代比較】新電力会社を比較!

ここでは、新電力会社(電力自由化以降に新規参入した小売電気事業者)の電気代についての比較をおこなっていきます。

ここでは新電力会社を一部、抜粋して紹介します。

各電力会社の電気代を比較した表は、以下のとおりです。

電力会社基本料金(40A)電力量料金(最初の120kWhまで)
東京ガス (基本プラン)1,180円96銭29円90銭
しろくまぱわー(従量電灯B・東京)1,160円00銭24円70銭
CDエナジーダイレクト(ベーシックでんきB)1,107円60銭29円90銭
新日本エネルギー (新ネクストバリュープラン電灯B)1,029円60銭26円48銭
Looopでんき (スマートタイムONE)0円30分ごとに変わるJEPX(電力市場)のスポット市場価格に基づく
Japan電力 (くらしプランS)0円27円00銭(400kWhまで)
大阪ガスの電気 (ファミリー応援プラン)322円40銭(1契約)22円00銭(300kWhまで)
エルピオでんき(使った分だけSプラン) 0円33円40銭
小田急でんき(Sプラン)1,180.96円19円84銭

電力自由化ということもあり、各電力会社は自由な電気プランを提供しています。

なかには、基本料金0円というプランもあったり、ポイントの付与率が高いプランなどもありました。

自分が住んでいる地域の新電力会社を把握して、自分のライフスタイルに合ったプランを選択するようにしましょう。

【電気代比較】家電製品を比較!

ここでは、以下のような家電の電気代について、比較をおこなっていきます。

  • 暖房器具(エアコン、電気ストーブ、こたつ)
  • 冷房器具(エアコン、扇風機、冷風機)
  • その他の家電製品(冷蔵庫、洗濯機、エコキュート、テレビ、ドライヤー)

各家電の電気代を比較した表は、以下のとおりです。

家電年間の電気代備考
暖房器具エアコン15,735円・ダイキン(S223ATES-W)・暖房能力470W
電気ストーブ20,757円・シャープ(HX-RK12-W)・消費電力620W
こたつ10,044円・YAMAZEN(ESK-759)・消費電力300W
冷房器具エアコン19,418円・ダイキン(S223ATES-W)・冷房能力580W
サーキュレーター837円・アイリスオーヤマ(PCF-SDC15T)・消費電力25W
冷風機1,172円・YAMAZEN(FCR-BWG40)・消費電力35W
その他冷蔵庫5,584円間冷式251〜300リットル
洗濯機6,450円・シャープ(ES-S7H-WL)・消費電力190W
エコキュート28,280円320L以上550L未満
テレビ3,214円4K/50インチ未満
照明器具1,490円シーリングライト(〜8畳)

※1:年間電気代については「省エネ性能カタログ2023年12月版」から各家電の上位機種から平均値を算出

※2:省エネ性能カタログに記載がない家電については、全国家庭電気製品公正取引協議会「電力料金目安単価」から1kWhあたり31円(税込)し、任意の家電を選んで計算しています。

※3:1年間に1080時間(1日3時間を1年間)を使用したと仮定

上記の表のとおり、同じ暖房器具や冷房器具でも消費電力が大きく違うことが分かりました。

各家電は、性能、能力や消費電力がそれぞれ違うので、使用する目的にあわせて効率よく使うようにしましょう。

電気料金プランを夜間割引で契約している方は、消費電力が大きい家電を夜間に使用するのがおすすめです。

電気代を安くするにはさまざまな比較が重要!

電気代を節約するためには、電力会社や各家電の電気代など、さまざまな要素を比較することが重要です。

まずは、大手の電力会社と新電力会社の比較をおこないましょう。

新電力会社は、従来の電力会社にはない独自のサービスや料金プランを提供していることが多く、自分のニーズに合ったサービスを見つけられます。

再生可能エネルギーを利用したエコなプラン、ガスとのセット割引や乗り換えキャンペーンなど、魅力的なオプションが豊富にあるのが特徴です。

また、家電製品の比較も電気代節約には、欠かせません。

例えば、「暖める機能がある家電」には、エアコン・こたつ・ファンヒーターなどがありますが、使用電力は大きく変わります。

自分の目的に合わせて、家電を選びましょう。

さらに、冷蔵庫やエアコンなどの大型家電は、省エネ性能が高いモデルを選ぶことで、長期的に見て大きな節約につながります。

最新の省エネ家電は、初期投資が高いかもしれませんが、長期的に見ると節電に大きく貢献できます。

電気代の比較に関するよくある質問

ここでは、電気代の比較に関するよくある質問について回答します。

Q1:大手電力会社の料金差は大きいですか?

地域によって、電力構成や送配電のコストが異なるため、料金プランにも差が出ます。

Q2:新電力会社と従来の電力会社との違いは何ですか? 

新電力会社と従来の電力会社の主な違いは、サービスや料金プランの多様性にあります。

新電力会社は、従来の電力会社に比べて、柔軟な料金プランや独自のサービスを提供することが多いです。

また、再生可能エネルギーを積極的に取り入れるなど、環境に配慮した運営を行う会社も増えています。

一方で、従来の電力会社は、安定した供給と長年の実績に基づく信頼性があります。

Q3:エアコンと電気ストーブ、どちらが電気代が安いですか? 

エアコンと電気ストーブの電気代は、使用方法によって異なります。

エアコンは、部屋全体を効率的に暖められますが、長時間の使用では、電気代が高くなります。

一方、電気ストーブは、局所的に暖めるのに適しており、短時間の使用なら電気代を抑えられます。

まとめ

この記事のポイントは、以下のとおりでした。

  • 電気代を節約するためには、電力会社の選択、新電力会社との比較、家電製品の選択が重要
  • 各電力会社は、さまざま料金プランやサービスを提供しているため、自分のライフスタイルやニーズに合ったプランを選択をすることが効果的
  • 家電は、省エネ性能の高い製品を選ぶことで、長期的に電気代を節約できる

電気代は、個人や企業ごとの電気使用量や使用する地域によって、変わります。

電力会社及びプランを決めるときは、1社や1プランに絞らず、さまざまなプランを比較してみましょう。

プランの比較をおこなうことで、自分のニーズにぴったりのプランが、必ず見つかります。

毎月の電気代に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

SHARE