HOME / ブログ / 電気代節約 / 【2024年最新】東京電力の電気代値上げ情報と対処法を徹底解説!

blog

ブログ

【2024年最新】東京電力の電気代値上げ情報と対処法を徹底解説!

公開日:
2024.01.17

「東京電力、また値上げしてる…」

東京電力の電気代がどんどん高くなってきて、家計に与える影響が、日々大きくなっていますよね。

実は、東京電力は値上げを繰りかえしており、2024年1月にも値上げをおこないました。

これ以上、電気代が高くなってしまうと、自分の好きなようにお金が使えなくなります。

そこで、この記事では、東京電力の料金プランの見なおし、お得な電力会社の選択方法、電気代節約のための実践的なコツを紹介します。

賢く電気代を節約し、家計を守る方法を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京電力の概要

ここでは、東京電力の概要について解説していきます。

供給エリア

東京電力の供給エリアは、以下のとおりです。

エリア対象県
関東エリア栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県静岡県
北海道エリア北海道
東北エリア青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県
中部エリア愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県
北陸エリア富山県、石川県、福井県、岐阜県
関西エリア滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、福井県、岐阜県三重県
中国エリア鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県、香川県、愛媛県
四国エリア徳島県、高知県、香川県、愛媛県
九州エリア福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

東京電力は、日本全国に電気を供給しており、ライフスタイルに合わせたさまざまなプランを提供しています。

東京電力の料金プラン

東京電力の電気料金プランは、以下のとおりです。

プランの種類特徴
プレミアムS/L一定の使用量までは定額で、それ以上は従量料金となる
スタンダードS/L一人暮らしからファミリーまで幅広い層におすすめ
夜トクプラン夜の時間帯の電気ご使用量が多い方向け
スマートライフS/Lオール電化住宅の方向け
くらし上手S/L/X太陽光発電システムと「おひさまエコキュート」の両方を使っている方向け
アクアエナジー100再生可能エネルギーの電気を希望している方向け
従量電灯B・C従来の規制料金プラン

参考:東京電力「電気の料金プラン一覧」

オール電化向けプランや、夜間割引プランなどがあり、各家庭や事業所のニーズに合わせてプランを選べます。

新規入会や独自のWebサイトにログインすることで、ポイントを貰えるプランもあるので、電気料金を払いながら、お得に生活をすることができます。

​【最新】東京電力の電気代値上げ情報

東京電力では、2024年1月から電気代の値上げがおこなわれました。

その他の大手電力会社(北海道電力、中部電力、九州電力、沖縄電力)も、同じタイミングで値上げをおこなっています。

東京電力は、2023年6月にも規制料金の値上げをおこなっており、平均で15.90%の値上げ幅となっています。

2023年1月から、電気代の高騰のため「電気・ガス価格激変緩和対策事業」という、国からの補助金が貰えており、2024年4月まで再延長されましたが、補助金はいつ終わるかわからず、各電力会社も値上げをおこなっています。

電気代は、今後も高騰していく見通しなので、さまざまな節電対策をおこなうことがとても重要です。

東京電力が電気代を値上げしている理由

東京電力が電気代を値上げしている原因は、以下のとおりです。

  • 燃料費が高騰しているから
  • 国内の電気供給力が不足しているから

電気代が高騰している主な原因は、燃料費の高騰です。

新型コロナウイルスによって止まっていた経済が回復してきていることもあり、原油の需要がどんどん高まっています。

さらに、2022年2月からウクライナ侵攻が始まり、経済制裁を受けたロシアが、輸出入の制限を受けていることも、燃料費が高騰している原因です。

また、2010年以降、国内の発電量は減少傾向にあり、需要と供給のバランスを保つため、電気代は高騰しています。

発電量が減少しているのは、東日本大震災以降、原子力発電所の稼働率が低下したり、火力発電所の廃止や休止が多くなっているからです。

発電量の不足によって、安定した電力供給を維持するためのコストが増えてしまい、電気代に反映されています。

東京電力の電気代値上げに対処するための5つの方法

東京電力のエリアで、電気代を安くするための方法は、以下のとおりです。

  • 消費電力が大きい家電を夜間に使う
  • 住宅の断熱性能を高める
  • 最新家電に買いかえる
  • オール電化住宅に変更する
  • 自分に合った電気料金プランを選ぶ

それぞれ、確認していきましょう。

方法①消費電力が大きい家電を夜間に使う

電力の使用が大きい家電を、深夜割引が適用される時間帯に使用しましょう。

洗濯乾燥機や食洗機は、タイマーを設定して深夜に稼働させたり、エコキュート(電気温水器)を深夜に沸かす設定にしたりすることで、電気代を安くできます。

方法②住宅の断熱性能を高める

住宅の断熱性能を高めることで、電力を大きく削減できます。

断熱性能が高い住宅は、エネルギーロスが少なく、電気を使う量が減ります。

窓の二重・三重サッシ、断熱材の追加や遮熱カーテンの使用などがおすすめです。

方法③最新家電に買いかえる

最新の省エネ家電に買いかえることで、電気代を節約できます。

最新の省エネ家電は初期投資は高いですが、消費電力を大きく抑えられるので、長期的に考えると節電効果は大きいです。

エアコン、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、省エネ性能の高いモデルにすることがおすすめです。

方法④オール電化住宅に変更する

オール電化住宅では、IHクッキングヒーター、エコキュート、電気式床暖房などが使われ、家庭で使うエネルギーのすべてが、電力でまかなわれます。

ガスや灯油などの代わりに電気を使用するので、電気代だけでみると高くなってしまいますが、トータルの光熱費で見てみると、電気・ガス併用住宅に比べて、安くなるケースが多いです。

オール電化専用の電気料金プランを契約することで、電気代はさらに安くなります。

方法⑤自分に合った電気料金プランを選ぶ

電力会社や電気料金プランの見直しは、電気代を節約するのに、とても効果的です。

電力会社によっては、夜間に安くなるプランや、特定の時間帯に割引が適用されるプラン、オール電化住宅プランなど、さまざまな電気料金プランが提供されています。

自分の電気使用状況を把握して、ライフスタイルにピッタリ合う、プランを選びましょう。

【東京電力エリア】新電力会社の電気代比較

電気代を安くするためには、各電力会社と料金プランの比較が重要です。

比較をすることで、自分のライフスタイルや電力使用状況に合った最適なプランを見つけられるからです。

東京電力エリアの新電力会社と、おすすめの料金プランは、以下のとおりです。

電力会社おすすめ料金プラン料金
東京ガス(でんき)基本プラン・基本料金1,180.96円(40A)・電力量料金29.90円(120kWhまで)
ENEOSでんき東京Vプラン・基本料金1,180.96円(40A)・電力量料金30.00円(120kWhまで)
auでんきでんきM(東京D)・基本料金1073.60円(40A)・電力量料金27.27円(120kWhまで)
楽天でんきプランS・基本料金0円・電力量料金41.55円(東京エリア)
LooopでんきスマートタイムONE・基本料金0円・電力量料金は30分ごとに変動

電力会社を選ぶときは、料金の安さだけでなく、サービスの質や信頼性、追加オプションなどをしっかりと確認するようにしましょう。

東京電力の電気代に関するよくある質問

ここでは、東京電力の電気代に関する、よくある質問に答えていきます。

Q1:東京電力の値上げはいつから?

東京電力の電気代の値上げは、2024年1月から実施されています。

電気代は、高騰していく見込みなので、各家庭や事業所で節電対策が重要です。

Q2:東京電力が電気代を値上げしている理由は?

東京電力の電気代値上げの主な理由は、燃料費の高騰と国内の電気供給力の不足です。

経済の回復に伴う原油の需要増加、ウクライナ侵攻による経済制裁を受けたロシアの輸出入制限、そして国内の発電量の減少が原因となっています。

Q3:電気代を安くするための方法はある?

電気代を安くする方法として、以下の5つの方法が挙げられます。

  • ・消費電力が大きい家電を夜間に使う
  • ・住宅の断熱性能を高める
  • ・最新の省エネ家電に買い替える
  • ・オール電化住宅に変更する
  • ・自分に合った電気料金プランを選ぶ

これらの方法をおこなうことで、電気代を安くできます。

東京電力の電気代値上げには適切な料金プランを選ぶことが必須!

東京電力は、関東エリア、北海道エリアから九州エリアまで、幅広い地域に電気を供給しています。

定額制、従量制や夜間割引など、さまざまなライフスタイルに合わせた料金プランがあります。

東京電力は、2024年1月から、燃料費の上昇や、国内の電力供給力不足を理由に、電気代の値上げをおこないました。

今後も電気代は、高騰していくと予想されているので、各家庭や事業所は、節電対策を実施しないと、高い電気代を支払う可能性があります。

おすすめの節電対策としては、以下のとおりでした。

  • 消費電力が大きい家電を夜間に使う
  • 住宅の断熱性能を高める
  • 最新家電に買いかえる
  • オール電化住宅に変更する
  • 自分に合った電気料金プランを選ぶ

また、東京電力エリアでは、新電力会社もたくさん誕生しています。

自分のライフスタイルに合う電力会社や電気料金プランを比較して、自分にピッタリなプランを探してみましょう。

SHARE