HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代が安くなる!補助金の申請方法とは?

blog

ブログ

電気代が安くなる!補助金の申請方法とは?

公開日:
2024.01.17

電気代の高騰が続いて、どのように対処すれば良いか困っていませんか?

実は、国が電気代に対して補助金を出しているので、電気代を安くできるんです。

この記事では、電気代補助金の概要から、申請方法、適用期間などについて解説していきます。

さらに、補助金対象の電力会社の選び方まで、分かりやすく解説しています。

電気代でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

電気代の補助金とは?自分で申請が必要?

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • 電気代補助金の概要
  • 電気代補助金の対象者
  • 補助金の申請方法

それぞれ、確認していきましょう。

電気代補助金の概要

電気代の補助金は、正式にいうと「電気・ガス価格激変緩和対策事業」といい、国が実施している支援策のことです。

この補助金は、近年の電気代やガス代の高騰に対して、家庭や企業の経済的な負担を軽減するために設計されています。

補助金の額は、以下のとおりです。

対象2023年1月〜8月使用分の補助金額2023年9月〜使用分の補助金額
低圧契約の一般家庭・企業7円/1kWh3.5円/1kwh
高圧契約の企業3.5円/1kwh1.8円/1kwh

電気代補助金の対象者

補助金の対象は、低圧契約の一般家庭や特定の事業所など、政府が定める基準に該当する者です。

また、「50kWh〜2000kWh」の電力を使用する高圧契約の企業にも、補助金を支給していて、対象者を幅広く設定しています。

補助金の申請方法

一般の消費者は、補助金の申請を、直接おこなう必要はありません。

補助金の申請は、契約している電力会社がおこないます。

補助金は、電力会社が国から受け取り、消費者の電気代請求に、自動的に適用されます。

契約している事業者が補助金を申請して、交付が決定されていれば、消費者の電気代は安くなります。

電気代補助金の適用期間

ここでは、補助金がいつから始まっていて、いつまで貰えるのかという点について解説していきます。

補助金の適用期間はいつから?

補助金は、2023年1月使用分(2月の検針分)からが対象です。

一般家庭では、1〜8月までの使用分は、7円/1kWhの補助、9月からの使用分については、3.5円/1kwhの補助がされます。

補助金の適用期間はいつまで?

電気代の補助金は、2024年4月まで延長されることが決定しました。

適用期間は、2023年9月までの予定でしたが、いまだに物価高が続いていることから、再延長が決定されています。

補助金の額は、2023年9月以降に半減されているため、補助金が減る可能性があるので、注意が必要です。

補助金が対象となる電力会社

補助金の対象となる電力会社は、国によって認定された事業者です。

認定された電力会社は、補助金を受けとって、消費者に対して電気代の割引をおこないます。

経済産業省のHPで、認定されている事業所を確認することができます。

リンクは、以下のとおりです。
https://denkigas-gekihenkanwa.go.jp/adopt

自身が契約している電力会社が、認定されているかどうかを、必ずチェックしてみましょう。

よくある質問

ここでは、電気代の補助金に関するよくある質問に回答していきます。

Q1:補助金の申請はどのようにおこなうの?

補助金の申請は、消費者は直接おこないません。

電力会社が、国に対して申請をおこなって補助金を受けとり、消費者の電気代に自動的に適用されます。

Q2:すべての電力会社が補助金の対象なの?

すべての電力会社が、補助金の対象となっているわけではありません。

対象となるのは、国によって認定された特定の電力会社です。

経済産業省のHPで、認定されている電力会社を確認できるので、必ず確認するようにしましょう。

Q3:補助金の適用期間はいつまで?

補助金の適用期間は、2024年4月までです。

2023年12月までの予定でしたが、物価高が続いていることから、再延長が決定されました。

電気代を安くしたいなら補助金対象の電力会社を選ぼう!

電気代を安くするためには、国から認定されて、補助金を受けとっている電力会社を選びましょう。

認定を受けていない電力会社と契約をしていると、補助金を受けとれず、電気代が高くなってしまう可能性があります。

電力会社を選ぶときには、補助金を受けとっているかどうかだけでなく、料金プランやサービスの内容、割引率、オプションなどを比較して、自分のライフスタイルや電力使用状況に合った電力会社を選ぶことが大切です。

また、電気代の補助金は、家計への負担を軽減してくれる有効な手段ですが、いつまで続くかわかりません。

補助金が終了しても、家計を安定させるために、さまざまな節電対策を取るようにしましょう。

SHARE