HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代が払えない!滞納を回避するための3つの方法を徹底解説!

blog

ブログ

電気代が払えない!滞納を回避するための3つの方法を徹底解説!

公開日:
2024.01.17

「今月分の電気代、払えないかも」

電気代の高騰が続くなか、このような心配を抱えている方も多いのではないでしょうか?

電気代が払えずに滞納していると、電気の供給が停止され、日常生活ができなくなります。

真夏にエアコンが使えないなどの状況になれば、最悪の場合、命を落とす危険もあります。

さらに、延滞料金が加算されたり、信用情報に傷がつくリスクも。

そこで、この記事では、電気代が払えないときの対処法を徹底解説します。

電力会社への交渉方法、賢い家計の見直し、電気の再開手続きまで、具体的で役立つ情報を分かりやすく解説しています。

電気代が払えなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

電気代が払えないとどうなるの?

ここでは、電気代が払えない場合、どのようなことが起こるか解説していきます。

電気代の滞納通知が届く

電気代が払えないときは、電力会社から滞納通知が届きます。

通知書には、支払いの催促や、最終期限の警告などが記載されています。

例えば「〇〇日までに支払いがない場合、電気供給を停止する」という文言が含まれていることが多いようです。

電気の供給が止まる

滞納通知が届いても、電気代の支払いをおこなわなかったときは、電力会社から電気の供給を止められます。

電気が止められる期間は、電力会社によって違いますが、検針日から約60日後になるケースが多いようです。

【2ステップ】電気が止まった後の対応

電気を止められてしまった場合は、以下のような対応をとる必要があります。

  • 滞納分の全額支払い
  • 電気供給の再開手続き

それぞれ、確認していきましょう。

ステップ①滞納分の全額支払い

電気が止まった後、供給を再開するためには、滞納している電気代の全額を支払わなければいけません。

さらに、もともとの請求額に加えて、延滞料金を支払う必要があるケースもあります。

多くの電力会社では、年10.0%で延滞利息を設定していることが多く、日ごとに利息が発生します。

支払いが遅くなるほど、負担もどんどん大きくなるので注意が必要です。

ステップ②電気供給の再開手続き

滞納分を全額支払ったなら、電力会社に連絡して、電気供給の再開手続きをおこないましょう。

電力会社が、滞納分の支払いを確認できれば、電気の供給はすぐに再開されますが、地域や状況によっては時間がかかることもあります。

電気代を払えなくなって滞納したときの4つのリスク

電気代を払えず、滞納したときのリスクは、以下のとおりです。

  • 電気が使えなくなる
  • 延滞料金が発生する
  • 信用情報に傷がつく
  • 法的措置を取られる

それぞれ、確認していきましょう。

リスク①電気が使えなくなる

当然ながら、電気代の滞納が続くと、電気は使えません。

電気は生活の基盤なので、供給が停止してしまうと、照明、エアコン、冷蔵庫、スマホなど、日常生活に必要不可欠な家電が、使えなくなります。

特に、冬場の暖房や夏場の冷房が利用できないと、命に影響を及ぼす可能性もあります。

リスク②延滞料金が発生する

電気代の滞納が続くと、本来の電気代に加えて、延滞料金が発生します。

多くの電力会社では、年10.0%などの延滞利息を設定していることが多いです。

滞納期間に比例して増加するので、長期間滞納するほど、支払うべき金額は増え続け、経済的にきつくなってしまいます。

リスク③信用情報に傷がつく

電気代を滞納すると、クレジットカードの個人信用情報に、傷がつく可能性があります。

信用情報の傷は、最長10年間継続し、クレジットカードの審査に落ちたり、住宅ローンや車のローンなどの審査に落ちたりするケースがあるので、注意が必要です。

リスク④法的措置を取られる

長期的な滞納をしたり、滞納額が高額な場合、電力会社が裁判所を通じて、訴訟や資産の差し押さえなどの法的措置を取ってくる可能性があります。

法的措置を取られると、法的費用や手間が発生するので、経済的な負担がさらに大きくなってしまいます。

電気代が払えないときの3つの対処法

電気代を払えなくなったときの、おすすめの対処法は以下のとおりです。

  • 電力会社に相談する
  • クレジットカード払いにする
  • 固定費を見直す

それぞれ、確認していきましょう。

対処法①電力会社に相談する

電気代が払えなくなったときは、まず電力会社に直接相談しましょう。

支払いがなくなるわけではありませんが、支払い期限の延長や分割払いの設定など、対策をとってくれる可能性があります。

早めに相談することで、電気の供給停止を避けられるだけでなく、個々の状況に合わせた適切な対策を講じてくれます。

対処法②クレジットカード払いにする

現金での一括支払いが難しい場合は、クレジットカード払いに変更しましょう。

クレジットカードを使用することで、支払いを分割し、口座からの引き落とし期間を伸ばせます。

クレジットカードは、1ヵ月の利用分を翌月にまとめて支払う仕組みなので、すぐに用意できるお金がなくても、次の支払いまでに準備することが可能です。

ただし、クレジットカードの支払いが遅れると信用情報に傷がつく可能性があるので、利息や支払い能力をしっかりと考えておきましょう。

対処法③固定費を見直す

電気代の支払いに困っているなら、家計全体の固定費を見直してみましょう。

不要なサブスクリプションサービスの解約、スマートフォンの料金プランの見直しや保険内容の再検討など、支払う固定費を削減することで、無駄な出費を減らせます。

毎月支払う固定費は、一度見直せば、継続的かつ大幅に節約できます。

契約している固定費を、もう一度、見直してみましょう。

よくある質問 

Q1: 電気代が払えない場合、最初に何をするべき?

電気代が払えないときは、電力会社へすぐに連絡を取りましょう。

早い段階で状況を説明すれば、分割払いや支払い期限の延長など、対策を提案してくれるケースがあります。

Q2: 電気代を滞納すると信用情報に影響するの?

電気代を滞納すると、個人の信用情報に傷がつく可能性があります。

信用情報に傷がつくと、クレジットカードの審査に落ちたり、住宅ローンや車のローンなどの審査に落ちたりする場合があります。

Q3: 電気が止まった後、どのようにして再開できますか?

 電気が止まった後、供給を再開するには、滞納している電気代の全額を支払う必要があります。

支払った後に、電力会社へ連絡をして、電力会社が支払い状況を確認できれば、電気は再開されます。

まとめ

電気代が払えなくて、滞納をしてしまうと、最悪の場合、電気を止められる可能性があります。

しかし、以下のような対処法をおこなうことで解決できました。

  • 電力会社に相談する
  • クレジットカード払いにする
  • 固定費を見直す

もし、電気が止められたときは、滞納分の全額を支払い、電力会社に連絡して、電気供給の再開を依頼しましょう。

電気が止まってしまうと、日常生活に支障が出てしまいます。

そのような状況にならないように、日頃から、節電対策をしっかりおこなうようにしましょう。

SHARE