HOME / ブログ / 電気代の平均金額はいくら?世帯別・季節別の平均から節約方法まで解説

blog

ブログ

電気代の平均金額はいくら?世帯別・季節別の平均から節約方法まで解説

公開日:
2023.11.29

電気代は、家庭の生活費の中でも大きな割合を占めるものです。

しかし、電気代の平均金額は、世帯の人数や季節によって大きく変わります。

この記事では、電気代の平均と節約方法についてお伝えします。

電気代の平均金額はいくら?

電気代の平均金額は、使用する電力量や契約する電力会社、地域や季節によって大きく変わります。

また、家庭の人数や暮らし方にも影響するでしょう。

一般的には、冬や夏の暖房や冷房の使用が多い時期に電気代が高くなります。

また、都市部では電気代が高くなる傾向があります。そのため、電気代の平均は一概には言えません。

例えば、1人暮らしだと月7162円が平均ですが、4人家族だと月14849円が平均です。

電気代が決まる仕組み

電気代は、基本料金と電力量料金の合計に再生可能エネルギー発電促進賦課金を加えたものです。ここからは、項目それぞれについて説明します。

・電気代基本料金

・電力量料金

・再生可能エネルギー発電促進賦課金

・燃料費等調整額 

電気代基本料金

電気代基本料金とは、電力会社が電気を供給するために必要な設備や人件費などの固定費用をカバーするために課される料金です。

基本料金は、契約アンペア数や契約種別によって異なります。

一般的には、契約アンペア数が高いほど基本料金も高くなります。

また、契約種別は、時間帯別電灯や夜間電灯などの特殊なプランを選択した場合も変化します。

電力量料金

電力量料金とは、実際に使用した電気の量に応じて課される料金です。

使用量が多いほど単価が高くなる逓増方式で計算されます。

また、時間帯別電灯や夜間電灯などの特殊なプランを選択した場合は、時間帯や季節によって単価が変わります。

電力量料金は、メーターで計測された使用量(kWh)に単価(円/kWh)を掛けて算出されます。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、電力会社が再生可能エネルギーの電力を買取るために要した費用の一部を、電気を使用するすべての人が負担するというものです。

金額は、使用した電気の量に応じて課されます。算出方法は、国が定めた単価(円/kWh)に使用量(kWh)を掛けたものになります。

燃料費等調整額 

燃料費等調整額とは、電力やガスなどのエネルギー供給会社が、燃料やエネルギー資源の価格変動に対応して料金を調整する仕組みのことです。

金額は、各月の燃料費等調整単価に使用電力量を乗じて算定されますが、具体的な計算方法は、各エネルギー供給業者や地域の方針や規制によって異なります。

世帯別の電気代の平均金額はいくら?

電気代は、世帯の人数や使用する電化製品の種類や量によって大きく変わるでしょう。

しかし、一般的な傾向として、世帯の人数が多いほど電気代も高くなると言えます。ここでは、世帯別に電気代の平均金額を紹介します。

一人暮らしの電気代の平均

一人暮らしの場合、電気代は月額約7,000円となります。

一人暮らしの電気代は、主に照明や冷蔵庫、テレビなどの家電にかかってることが多いです。

エアコンやファンヒーターなどの暖房・冷房器具は、使用時間や設定温度によって消費電力が大きく異なりますが、一般的には少なめに使用する傾向があります。

また、一人暮らしでは、洗濯機や炊飯器などの水回りの家電は頻繁に使わない場合が多いです。

これらの要因が、一人暮らしの電気代を抑える要因となっています。

二人暮らしの電気代の平均

二人暮らしの場合、電気代は月額約9,000円程度となります。

二人暮らしの電気代は、一人暮らしよりも家電の使用頻度や種類が増えるために増加しています。

例えば、二人暮らしではエアコンやファンヒーターなどの暖房・冷房器具を長時間・高温度で使用する場合が多くなるでしょう。

また、二人暮らしでは、洗濯機や炊飯器などの水回りの家電を毎日使う場合が多いです。

さらに、パソコンやゲーム機などの娯楽用家電も多く使う場合があります。これらの要因が、二人暮らしの電気代を高める要因となっています。

オール電化かどうかで電気代の平均金額が異なり、現在では大きく平均が上昇している傾向にあります。

三人暮らしの電気代の平均

三人暮らしの場合、電気代は月額約10,000円程度となります。

三人暮らしの世帯では、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電製品やテレビやパソコンなどの情報機器が多く使われるため、電気代が高くなりやすいと考えられます。

また、季節によっても電気代は変動するでしょう。

夏や冬はエアコンや暖房器具を使うことが多いため、電気代が上昇する傾向があります。

オール電化かどうかで電気代の平均金額が異なり、現在では大きく平均が上昇している傾向にあります。

四人暮らしの電気代の平均

四人暮らしの場合、電気代は月額約11,000円程度となります。

四人暮らしの世帯では、三人暮らしよりもさらに大型家電製品や情報機器が多く使われるほか、照明や換気扇などの小型家電製品も多く消費するため、電気代が高くなりやすいと考えられます。

また、四人暮らしでは子供がいる場合が多いため、学習用や娯楽用に電気を使う時間も長くなる可能性が高いでしょう。

オール電化かどうかで電気代の平均金額が異なり、現在では大きく平均が上昇している傾向にあります。

季節別の電気代の平均金額はいくら?

ここからは、季節別の平均金額について解説していきます。

春の電気代の平均

春の電気代の平均は、約10,604円程度です(2人以上の世帯の場合)。

春は、冬に比べて暖かくなり、暖房や照明の使用時間が減るため、電気代も下がります。

しかし、花粉症やPM2.5などの空気汚染によって空気清浄機や加湿器などの使用が増える場合もあるでしょう。

夏の電気代の平均

夏の電気代の平均は、約9,817円程度です(2人以上の世帯の場合)。

夏は、暑さや湿度が高くなりエアコンや扇風機などの冷房器具の使用が増えるため、電気代はやや上がります。

また、夏休みやお盆休みなどで家族が家にいる時間が長くなり、テレビやパソコンなどの家電製品の使用も多くなる場合もあります。

秋の電気代の平均

秋の電気代の平均は、約9,418円程度です(2人以上の世帯の場合)。

秋は、夏や冬に比べてやや安くなる季節です。しかし、気温や湿度の変化によってエアコンや暖房器具を使う日もあります。

また、日照時間が短くなるため、照明やテレビなどの電化製品の使用時間も長くなります。そのため、秋の電気代は一概に安いとは言えません。

冬の電気代の平均

冬の電気代の平均は、約12,844円程度です(2人以上の世帯の場合)。

冬は、寒さに対応するためにエアコンや暖房器具を多く使う季節です。

特に、北海道や東北などの寒冷地では、冬場の電気代が年間の半分以上を占めることもあります。

また、冬は日照時間が短くなるため、照明やテレビなどの電化製品の使用時間も長くなります。そのため、冬の電気代は一番高くなる季節です。

電気代を平均より安く節約する方法3つ

電気代を平均より安く節約する方法には、いくつかの工夫があります。

ここでは、その中でも効果的な3つの方法を紹介します。

・ LED照明の利用

・節電型家電の使用

・電力会社の見直し

LED照明の利用

LED照明を利用することで節約になります。

照明は家庭の電気代の大きな割合を占めており、従来の白熱電球や蛍光灯に比べて、LED照明は消費電力が少なく寿命も長いです。

LED照明に切り替えることで、電気代を年間で約10%程度節約できると言われています。

また、LED照明は色温度や明るさを調節できるものも多く、お好みの雰囲気に合わせて照明を変えられるというメリットもあります。

節電型家電の使用

家電製品は、エネルギー消費効率の良いものがエコポイントやエネルギー消費効率ラベルなどで表示されています。

これらの家電製品を選ぶことで、電気代を節約するだけでなく地球温暖化の防止にも貢献できます。

特に、冷蔵庫やエアコンなどは常時使用するものなので、節電型のものに買い替えることがおすすめです。

また、家電製品を使用する際には、必要な時だけ使う、使わない時はコンセントから抜く、設定温度や時間を適切にするなどの工夫もすると良いでしょう。

電力会社の見直し

日本では、電力自由化が開始されています。

これにより、従来の地域別の電力会社以外にも、多くの新規参入者が電力市場に参入しました。

これらの電力会社は、料金プランやサービス内容が異なるため、自分の家庭の電気使用量やライフスタイルに合った電力会社を選ぶことが大切です。

電気代を節約できる可能性が高いので、インターネットや専用アプリなどで、自分に最適な電力会社を比較検討してみましょう。

電気代の平均のまとめ

電気代の平均は、地域や季節、家庭の使用状況によって大きく異なります。

自分の地域や家庭環境を振り返り、節電できるところがないか考えてみましょう。

電気代を節約するためには、エアコンや冷蔵庫などの大きな消費電力の家電を効率的に使うことや、LED電球や省エネ家電に切り替えることなどが有効です。

また、電力会社を比較して、自分に合ったプランや料金を選ぶことも大切です。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/