HOME / ブログ / 電気代が急に高くなった?高騰の理由や3つの節電対策を徹底解説!

blog

ブログ

電気代が急に高くなった?高騰の理由や3つの節電対策を徹底解説!

公開日:
2024.02.14

「最近、電気代がなぜか高くなった…」と感じることはありませんか?

実は、電気代が高くなったのは、電気を多く使うライフスタイルや、電力会社の料金値上げが大きな原因です。

特に2024年は、政府による補助金制度が終了したり、大手電力会社による電気料金の値上げがおこなわれるので、家計が苦しくなっていきます。

この記事では、電気代が高くなった原因と、それに対する具体的な節電対策を詳しく解説します。

電気代が高くなって困っている方は、ぜひ参考にしてください。

電気代が高くなった2つの原因

電気代が高くなった原因は、以下の2つが考えられます。

  • 電気をたくさん使うようになった
  • 電気料金が値上げされた

それぞれ、確認していきましょう。

原因①電気をたくさん使うようになった

電気代が高くなった理由の一つは、電気の使用量が増えたことが考えられます。

例えば、テレワークによって家電の使用時間が増えたり、季節によって、エアコンや暖房器具の使用が多くなったりするなどです。

電気の使用量が多い場合は、どの家電をどれくらい使っているのかをしっかりと把握し、節電に努めましょう。

原因②電気料金が値上げされた

電気料金の値上げも、電気代が高くなった原因の1つです。

最近では、燃料費の高騰や、電力供給の問題などが原因で、多くの電力会社が料金を見直しています。

2023年には、複数の大手電力会社が料金を改定し、2024年にも電気代の値上げがおこなわれると予想されています。

電気料金の値上げは、家庭や企業の使用状況に関わらず影響を及ぼすので、料金プランの見直しや節電対策が必要です。

【2024年最新版】電気料金の値上げ

2024年に、電気料金の値上げがおこなわれるタイミングは、以下のとおりです。

  • 2024年1月
  • 2024年5月

それぞれ、確認していきましょう。

2024年1月に値上がり

2024年1月には、以下の大手電力会社が、電気料金を値上げしました。

  • 東京電力
  • 北海道電力
  • 中部電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

燃料費の高騰や、円安によって輸入価格が高騰していることが主な原因です。

2024年5月に値上がり

2024年5月には、電気代の補助金である「激変緩和措置」が終了するため、電気代が高くなると予想されています。

「激変緩和措置」とは、電気代の急激な上昇を抑えるために政府が導入した、一時的な補助制度のことです。

この制度によって、電気代の一部が補助され、家庭や企業の負担が軽減されています。

2023年1月から始まった制度ですが、終了後は、電気料金が元の水準に戻るため、電気代は高くなってしまいます。

なぜ電気代は高くなったり安くなったりするの?

電気代は、シーズンごとに、高くなったり安くなったりすることがあります。

電気代は、さまざまな要因で決められますが、特に、燃料調整額で変動することが多いです。

日本の電源構成は、約70%が火力発電ですが、火力発電に必要な石炭・天然ガスの価格は、数ヶ月ごとに上下します。

石炭・天然ガスの価格は、ロシアによるウクライナ侵攻による影響、円安、暖冬による燃料需要の低下などによって、価格が推移するので、電気代が上下するのです。

また、再エネ賦課金の値下がりも、電気代が安くなる原因です。

再エネ賦課金とは、太陽光発電や風力発電などの、再生エネルギーの買取に必要な費用をまかなうためのお金のことで、 実質的な税金と言えます。

再エネ賦課金 は、「価格」と「一般的な電気料金」の差額で算出されます。

電気代の高騰により、差額が少なくなったため、再エネ賦課金 も値下がりすることになりました。

電気代が高くなったときの3つの対策

電気代が高くなったときは、以下の対策を実施することがおすすめです。

  • 電気料金プランを見直す
  • 省エネ家電に買いかえる
  • 再生エネルギーを導入する

それぞれ、確認していきましょう。

対策①電気料金プランを見直す

電気代が高くなったとき、まず検討するべきなのは、電気料金プランの見直しです。

2016年からは「電力自由化」により、多くの電力会社がさまざまなプランを提供しています。

ライフスタイルや、電気の使用量に合わせて最適なプランを選ぶことで、電気代を大きく節約できます。

対策②省エネ家電に買いかえる

電気代を節約するもう1つの方法は、省エネ家電への買いかえです。

古い家電は、新しい省エネ家電に比べて消費電力が高いことが多いので、無駄な電気消費をしています。

特に、エアコンや冷蔵庫などの大型家電は、電気代に大きく影響します。

最新の省エネ家電に更新することで、長期的に見ると、電気代の節約につながります。

対策③再生エネルギーを導入する

再生可能エネルギーの導入も、電気代が高くなったときにおすすめできる、有効な手段です。

再生エネルギーを作れる太陽光発電システムなどの設置は、初期投資が必要ですが、長期的には、電気代の削減に大きく繋げることが可能です。

屋根に太陽光発電システムを設置することで、自宅で消費する電力の一部を自給自足できるようになったり、売電収入で得ることができます。

再生可能エネルギーの利用は、環境にも優しいので、近年、大きな注目を浴びています。

よくある質問

ここでは、電気代に関するよくある質問について、回答していきます。

Q1. 電気代が急に高くなったが、どうすればいい?

電気代が急に高くなったときは、まずは電気の使用量をチェックし、無駄な消費を減らしましょう。

省エネモードの活用や、こまめな電源のオフがおすすめです。

また、電気料金プランを見直し、省エネ家電への買い替えや再生可能エネルギーの導入も長期的な節約策として有効です。

Q2. 電気料金プランを見直すとき、どのような点に注意すれば良い?

電気料金プランを見直すときには、以下の点に注意しましょう。

  • 電気の使用時間帯や、使用量に合わせたプランにする
  • 基本料金、従量料金、時間帯別料金など、各プランごとで比較する
  • 現在の契約アンペア数が使用量に合っているかを確認する
  • 割引オプションや乗り換えキャンペーンがあるかをチェックする

Q3. 再生可能エネルギーの導入にはどのようなメリットとデメリットがある?

再生エネルギーを導入するときは、以下のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • 長期的に見れば電気代を安くできる
  • CO2排出量の削減に貢献できる
  • エネルギーを自給自足できる

【デメリット】

  • 初期投資に費用がかかる
  • 設置するには適切なスペースが必要になる
  • 太陽光や風力など、天候によって発電量が変動する

電気代が高くなったと感じたらすぐに対策を!

電気代が高くなっている原因は、日常生活での電気使用量の増加や、電力会社による料金の値上げが挙げられました。

2024年の1月には、大手電力会社の電気料金値上げ、5月には、政府の補助制度「激変緩和措置」が終了するため、電気代が高くなることが予想されています。

電気代が高くなったときは、電気料金プランの見直し、省エネ家電への買い替え、再生可能エネルギーの導入などの、節電対策を実施することが重要です。

また、電気代が高くなったと感じる前に、上記の節電対策をおこなっておき、電気代の高騰に備えるようにしましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/