HOME / ブログ / 電気代を節約したい時の補助金を徹底解説

blog

ブログ

電気代を節約したい時の補助金を徹底解説

公開日:
2023.11.29

電気代を節約したい時には、補助金を利用するという方法があります。

補助金とは、電気の使用量や節約効果に応じて、自治体や国などから経済的な支援を受けることができる制度です。

補助金を受けるには、申請方法や条件を確認する必要があります。

この記事では、電気代の補助金について、その種類や申請方法、注意点などを徹底解説します。

電気代の補助金とは?

電気代の補助金とは、電気料金の負担を軽減するために政府や自治体などが支給する給付金のことです。

対象者は、低圧契約の一般家庭・企業と高圧契約の企業などが挙げられます。

電気の補助金はエネルギー価格高騰の負担を軽減するため実施されているもので、2023年9月分まで1kWhあたり7円の補助が実施されていました。

ただ、2023年10月からは半額になり、3.5円/kWhとなっています。

電気代の補助金にはどのような種類がある?

電気代の補助金の種類としては、主に国からの支援です。

国の補助金制度としては、電気・ガス価格激変緩和対策事業による補助金があります。

近年では、物価はもちろん電気やガス料金の高騰が続いており、家計の負担も増加しています。

そのため、2022年10月に「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」という対策が決定され、電気・ガス価格激変緩和対策事業による支援が始まりました。その他、自治体でも支援の実施がされています。

例えば、「中小事業者物価高騰等緊急支援金(東京都立川市)」や、「電気料高騰緊急支援補助金(神奈川県平塚市)」などです。各自治体で金額などに差があるので、自分の自治体について調べてみるのが良いでしょう。

電気代の補助金でどのくらい電気代を節約できる?

電気代の補助金でどのくらい電気代を節約できるかは、受けられる補助金の種類や支給額、電気料金の単価や使用量などによって異なります。

国からの補助金を例にすると、これまでは1kWhあたり7円の補助が実施されていたため、値上げ分の2~3割を国に賄ってもらう程度でした。

しかし、2023年10月以降は支援が半額になってしまうため、3.5円/kWhのサポートにとどまってしまうでしょう。

その後も段階的に支援は減額していきます。

このように、国からの補助金で電気代の全額をカバーすることはできません。補助金と併せて、省エネルギーの取り組みや料金プランの見直しを考える必要があるでしょう。

電気代の補助金の仕組みを解説

電気代の補助金とは、電気の使用量や種類に応じて国や自治体から支給される経済的な支援です。電気代の補助金には、次のようなものが挙げられます。

・太陽光発電システムの設置費用補助

・省エネ家電の購入費用補助

・エコキュートやIHクッキングヒーターなどの導入費用補助

これらの補助金は、電気の使用量を減らし、環境にやさしいエネルギーを活用することを促進するために設けられています。ここからは、ひとつずつ見ていきましょう。

太陽光発電システムの設置費用補助

太陽光発電システムとは、太陽の光を直接電気に変換する装置です。

太陽光発電システムを自宅に設置すると、自家発電で電気を供給できるだけでなく、余剰分を電力会社に売電することもできます。

太陽光発電システムの設置費用補助とは、太陽光発電システムを新たに設置する場合や既存のものを更新する場合に、一定の条件を満たすと国から一部の費用を補助してもらえる制度です。

補助金の額は、設置するシステムの容量や地域によって異なりますが、一般的には数万円〜数十万円程度が支給されます。

省エネ家電の購入費用補助

省エネ家電とは、エネルギー消費効率が高く環境にやさしい家電製品です。省エネ家電には、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどがあります。

省エネ家電の購入費用補助とは、省エネ家電を新たに購入する場合や既存のものを更新する場合に、国や自治体から一部の費用を補助してもらえる制度です。

補助金の額は、購入する家電の種類や性能によって異なりますが、一般的には数万円〜数十万円程度が支給されます。

エコキュートやIHクッキングヒーターなどの導入費用補助

エコキュートとは、空気中の熱を利用してお湯を沸かす給湯器です。IHクッキングヒーターとは、磁力で鍋底を直接加熱する調理器具です。

これらの機器は、従来のガスや灯油などの化石燃料を使う機器に比べてエネルギー消費量が少なく、CO2排出量も減らすことができます。

エコキュートやIHクッキングヒーターなどの導入費用補助とは、これらの機器を新たに導入する場合や既存のものを買い替える場合に、一定の条件を満たすと国や自治体から一部の費用を負担してもらえる制度です。

補助金の額は、導入する機器の種類や性能によって異なりますが、一般的には数万円〜数十万円程度が支給されます。

電気代の補助金の申請方法

電気代の補助金の申請方法は、補助金の種類や支給主体によって異なります。ここからは、主な電気代の補助金とその申請方法について説明します。

補助金の申請方法は各補助金によって異なる

電気代の補助金の申請方法は、補助金によって異なります。

例えば、国が行っている「電気・ガス価格激変緩和対策事業」では、補助金の手続きが不要です。

電力会社やガス会社などが国に対して申請を行い料金の値引きがされるため、家庭での申請はせずに補助金を受けることができます。

電気代の補助金を確認できる各自治体や国などのリンク

電気代の補助金について詳しく知りたい場合は、電気・ガス価格激変緩和対策事業の特設ページを見てみると良いでしょう。

https://denkigas-gekihenkanwa.go.jp/

また、国だけではなく自治体で補助金制度を行っている場合もあるので、自分の自治体がどのような補助を行っているか調べてみるのもおすすめです。

電気代の補助金のまとめ

今回は、電気代の補助金について解説しました。

ここ数年では、電気代の高騰が続いており、家計が圧迫されていると感じている方も多いでしょう。

そこで、国や自治体では様々な補助金制度を行っています。

具体的な内容については国や自治体のサイトに掲載されているので、調べてみると良いでしょう。

補助金を利用することで、電気料金の負担を軽減することができます。

SHARE