HOME / ブログ / 電気代の単価ってどれくらい?電力会社の単価を徹底比較!

blog

ブログ

電気代の単価ってどれくらい?電力会社の単価を徹底比較!

公開日:
2024.02.14

電気代の話って、ちょっと聞くだけで頭が痛くなりますよね。

「電気代の単価って、どうやって決まるの?」

「同じくらい電気を使っているのに、なんで電気代がバラバラなの?」

この記事では、そのような電気代の謎について解説していきます。

電気代の単価がどうやって決まるのか、どのような電力構成がされているのか、大手と新電力会社の違いなどをわかりやすく解説。

この記事を読めば、電気代を少しでも安くできるヒントが見つかります。

電気代の単価とは?

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • 電気代の単価
  • 電気代の内訳

それぞれ、確認していきましょう。

電気代の単価

電気代の単価とは、1キロワット時(kWh)あたりに消費される、電気料金のことです。

電気代を計算するとき、必ず使用する単位です。

全国家庭電気製品公正取引協議会が示している「新電力料金目安単価」では、1kWhあたり31円(税込)とされています。

しかし、あくまで目安の単価であり、実際は電力会社や契約内容、さらには地域によっても違いがあります。

電気代の内訳

電気代の内訳を理解することは、電気代を節約するために、とても重要です。

電気代は、大きく分けて、以下の項目で構成されています。

  • 基本料金
  • 従量料金(電力量料金)
  • 燃料費調整額
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金

基本料金は、契約しているアンペア数に応じて固定で発生し、従量料金は、使った電力量によって変動します。

また、燃料費調整額は、燃料費の変動に応じて調整されるもので、再生可能エネルギーの普及を支援するための賦課金も、電気代に影響を与える要素の1つです。

電力会社の種類

電力会社は、以下のような種類に分かれています。

  • 大手電力会社
  • 新電力会社

それぞれの特徴を、確認していきましょう。

大手電力会社

大手電力会社とは、従前から電力を供給している電力会社のことです。

以下の10社が、該当します。

  • 北海道電力会社
  • 東北電力会社
  • 北陸電力会社
  • 中部電力会社
  • 東京電力会社
  • 関西電力会社
  • 中国電力会社
  • 四国電力会社
  • 九州電力会社
  • 沖縄電力会社

大手電力会社は、安定した供給能力と広いサービスネットワークがあるなど、信頼性の高さから、多くの家庭や企業に選ばれています。

新電力会社

新電力会社は、電力市場の自由化後に市場に参入した、小売電力供給者のことです。

かつては、電力供給が大手電力会社によって独占されていましたが、2016年に小売電力市場が完全に自由化されたことで、多くの新規事業者が市場に参入しました。

この新規参入者は「新電力」と呼ばれ、従来の大手電力会社と比較して、低価格の電気を提供しています。

ガス会社、通信会社など、さまざまな業界からの参入が見られ、消費者は、さまざまな電気料金プランを選択できるようになりました。

【比較】電力会社の電気代単価

ここでは、大手電力会社と新電力会社の、電気代単価の比較をおこなっていきます。

大手電力会社

大手電力会社の1kWhあたりの電気代単価は、以下のとおりです。

電力会社1kWhあたりの電気代単価
北海道電力会社約45円
東北電力会社約39円
北陸電力会社約37円
中部電力会社約28円
東京電力会社約39円
関西電力会社約26円
中国電力会社約39円
四国電力会社約38円
九州電力会社約26円
沖縄電力会社約44円

大手電力会社の電気代単価は、電力の安定供給を保証するためのコストや、インフラ整備のための投資金額などが反映されているため、高く感じてしまうかもしれません。

しかし、大手電力会社は、広範囲にわたるサポート体制や、災害時の迅速な対応力など、電気代の単価だけでは測れない価値を提供しています。

新電力会社

新電力会社の1kWhあたりの電気代単価は、以下のとおりです。

電力会社1kWhあたりの電気代単価(最初の120kWhまで)
東京ガス (基本プラン)29円90銭
しろくまぱわー(従量電灯B・東京)24円70銭
CDエナジーダイレクト(ベーシックでんきB)29円90銭
新日本エネルギー (新ネクストバリュープラン電灯B)26円48銭
Looopでんき (スマートタイムONE)0.01円(最安値のとき)※30分ごとに値段が変動
Japan電力 (くらしプランS)27円00銭(400kWhまで)
大阪ガスの電気 (ファミリー応援プラン)22円00銭(300kWhまで)
エルピオでんき(使った分だけSプラン) 33円40銭
小田急でんき(Sプラン)19円84銭

新電力会社は、従来の電力供給の枠組みにとらわれず、消費者のライフスタイルや価値観に合わせたさまざまなプランがあります。

再生可能エネルギーを利用した、環境に優しい電力供給をおこなっている会社もあり、料金だけでなく、エコへの配慮や独自のサービスで差別化を図っています。

よくある質問

ここでは、電気代の単価に関するよくある質問について回答します。

1kWhあたりの電気代の平均はいくら?

公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会によると、新電力料金目安単価として1kWhあたり31円(税込)が示されています。

電気代の計算方法は?

電気代の計算方法は、以下のとおりです。

消費電力量(kWh)×1kWhあたりの料金単価

1,000Wのドライヤーを10分間使用した場合、消費電力量は約0.167kWhとなり、27円の単価の場合は、約4.5円の電気代がかかることになります。

大手電力会社と新電力会社はどっちが良い?

大手電力会社と新電力会社は、どちらもメリット・デメリットがあるので、一概にどちらの会社が良いとは言えません。

電気代を安くするためには、自分の電気使用量や使用時間帯を細かく把握し、さまざまな電力会社を比較することが重要です。

【まとめ】電力会社の単価をチェックして電気代を安くしよう!

電気代を節約するためには、電気使用量や電気代単価を把握し、自分にとって最適な電力会社や料金プランを選択することが重要です。

電力会社ごとに1kWhあたりの単価が違うので、自分が契約できる複数社を比較するようにしましょう。

また、単価だけでなく、電気代の内訳である基本料金、従量料金や再エネ賦課金についても知識を深めることで、電気代を安くすることが可能です。

電気代が高いと感じているときは、契約している電力会社や料金プランの見直しを検討してみましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/