HOME / ブログ / 電気代の平均はいくら?さまざま条件で徹底比較!

blog

ブログ

電気代の平均はいくら?さまざま条件で徹底比較!

公開日:
2024.02.14

「電気代の平均値っていくら?」

電気代をあたりまえに支払っていますが、平均額がいくらか知っていますか?

平均額より高い場合は、すぐに対策を実施しなければいけません。

電気代の計算方法から、世帯や季節、地域による電気代の平均値、さらにはオール電化住宅の電気代まで、あなたの知りたい情報を解説していきます。

また、家電の使い方を見直したり、契約アンペア数を変更するなど、すぐに実践できる節電のコツについても紹介。

この記事を読めば、電気代を賢く節約する方法が必ず見つかります。

電気代の基本

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • 電気代はどのように計算される?
  • 電気使用量と電気代の関係

それぞれ、確認していきましょう。

電気代はどのように計算される?

電気代は、私たちの日常生活において、絶対に避けられない支出の1つです。

電気代がどのように計算されるのかを理解しておくことは、家計を管理するときに、とても役立ちます。

電気代の計算方法は、以下のとおりです。

電気代=電気使用量×電力会社の単価

電気使用量は、電力メーターによって計測され、1ヶ月単位で集計されます。

この使用量に、電力会社が定める単価を乗じることで、その月の電気代が算出されるわけです。

例えば、ある月の電気使用量が200kWhで、単価が30円だった場合、電気代は「200kWh × 30円 = 6,000円」となります。

ただし、実際の請求額には、基本料金、燃料調整費や再生可能エネルギー発電促進賦課金なども加算されるので、注意しましょう。

それでも、この基本的な計算方法を理解しておくことは、電気代を節約するうえで大きく役立ちます。

電気使用量と電気代の関係

電気使用量が増えれば増えるほど、電気代は高くなります。

電気使用量を把握することは、電気代の金額を知ることだけではなく、具体的な節電方法を探すチャンスにもなります。

例えば、季節によって電気使用量がどのように変動しているかを知ることで、どの時期に、どの家電製品が電力を多く消費しているかが分かり、効果的な節電策を実施することが可能です。

また、世帯ごとの平均電気使用量などと比較することで、自宅の電気使用が平均と比べて多いのか少ないのかを判断でき、電気の使い方を見直すことができます。

一人暮らしの場合の平均電気使用量は、月に約200kWh程度と言われていますが、これが明らかに超える場合は、無駄な電力消費を見直す良い機会と言えるでしょう。

このように、電気代の基本を理解し、自宅の電気使用量を知ることは、節電への第1歩です。

日々の生活のなかで、少し意識を変えるだけで、電気代の節約につながり、結果的に家計にやさしい生活を送ることが可能になります。

世帯別の電気代平均はいくら?

世帯別ごとの電気代平均は、以下のとおりです。

世帯数1ヶ月の電気代平均
1人世帯6,808円
2人世帯11,307円
3人世帯13,157円
4人世帯13,948円

参考:総務省統計局「家計調査(家計収支編) 調査結果

上記の表からわかるように、1人世帯から2人世帯に変わると電気使用量は大きく増えますが、それ以降は、増加率は緩やかです。

自分の世帯数と比較して、高い場合は、すぐに節電対策に取り組みましょう。

季節ごとの電気代平均はいくら?

季節ごとの電気代平均は、以下のとおりです。

世帯数春(4〜6月)夏(7月〜9月)秋(10月〜12月)冬(1〜3月)
1人世帯6,333円6,418円5,200円7,749円
2人世帯10,657円10,446円8,470円13,216円
3人世帯12,599円12,062円9,838円15,320円
4人世帯12,713円12,922円10,785円16,286円
5人世帯14,529円14,038円11,748円18,467円
6人以上世帯16,764円15,874円14,069円21,186円

参考:総務省統計局「家計調査

表からわかるように、特に冬(1月〜3月)の消費電力が高くなっています。

夏季にもエアコンや扇風機、冬季にはヒーターを使って室温調整をしますが、冬季の方が室内と外気の温度差が大きいので、より多くのエネルギーを必要とすることが電気代が高くなる理由として挙げられます。

全体的に見ると、気候が穏やかな秋に、電気代が最も安くなることが一般的です。

また、春も同じく過ごしやすい季節とされていますが、夏に近い水準になります。

春の期間は梅雨があり、エアコンを除湿モードで使用したり、花粉や湿気の多い時期に洗濯物を乾燥機で乾かす機会が増えることが、電気代が高くなる理由として挙げられます。

オール電化住宅の電気代比較はいくら?

オール電化における、世帯ごとの電気代平均は、以下のとおりです。

世帯数1ヶ月の電気代平均
1人世帯11,415円
2人世帯14,303円
3人世帯15,873円
4人世帯17,738円

参考:関西電力「オール電化住宅の光熱費はいくらくらい?

表からわかるとおり、オール電化住宅では、世帯人数が増えると、電気代が急激に高くなっています。

人数が増えると、電気を使う場所や時間帯が増えるので、電気代が高くなるのは当然でしょう。

オール電化住宅は、電気代が高くなると考えられがちですが、ガスを使用しないので、人数の多い家庭に比べると、トータル光熱費は、それほど大きくないと言えます。

電気代を節約する3つのコツ

電気代を節約するには、以下の3つのポイントを実施するのがおすすめです。

  • 家電の設定などを見直す
  • 契約アンペア数を変更する
  • 電力会社を乗り換える

それぞれ、確認していきましょう。

コツ①家電の設定などを見直す

家電製品は、日常生活に欠かせないものですが、その使用方法や設定によっては、無駄な電力を消費している可能性があります。

例えば、エアコンの設定温度を1度調整するだけで、消費電力量を約10%削減できると言われています。

夏場は28度、冬場は20度を目安に設定することが推奨されています。

また、テレビやパソコンなどの待機電力も見逃せません。

使用しないときは、コンセントから抜くか、節電効果のあるタップを使用することで、待機電力による無駄な電力を防ぐことができます。

さらに、冷蔵庫の温度設定を見直すことも重要です。

適切な温度設定は、冷蔵室で約4度、冷凍室で約-18度とされています。

これらの温度設定にすることで、冷蔵庫を効率的に運転できます。

コツ②契約アンペア数を変更する

電気契約のアンペア数は、家庭で同時に使用できる電力の量を示しています。

多くの家庭では、実際の使用量よりも高いアンペア数で契約していることがあり、その結果、基本料金が無駄に高くなっているケースがあります。

実際の電気使用状況を検針票などからチェックし、必要以上に高いアンペア数で契約していないか見直してみましょう。

アンペア数を下げることが可能であれば、基本料金の節約につながります。

ただし、アンペア数を下げるときには、ブレーカーが落ちやすくなるなどの影響も考慮する必要があるので、注意しましょう。

コツ③電力会社を乗り換える

電力自由化により、現在では多くの電力会社から最適なプランを選ぶことが可能になりました。

従来の電力会社よりも、低い料金プランを提供している新電力会社も多いです。

自宅の電気使用状況に合わせて、最適な会社やプランを選択することで、電気代の大幅な節約が期待できます。

電力会社の乗り換えは、オンラインで簡単に手続きが可能です。

料金プランの比較サイトなどを利用して、自分のライフスタイルに合った最適なプランを見つけましょう。

よくある質問

ここでは、よくある質問に対して回答していきます。

Q1: 電気代が高くなる主な原因は何ですか?

電気代が予想以上に高くなる原因は、季節によるエアコンの使用率増加、古い家電製品の効率の悪さや、待機電力の消費にあります。

特に、夏の冷房や冬の暖房時には、エアコンの使用が大幅に増え、それに伴い電気使用量も増加します。

また、古い冷蔵庫や洗濯機などは新しいモデルに比べて消費電力が多く、無駄な電力を消費している可能性があります。

さらに、使用していない家電製品をコンセントに差し込んだままにしておくと、小さな電力を消費し続けるため、これが積み重なって電気代が高くなっています。

Q2: 電気代を節約するための簡単な方法はありますか?

電気代を節約するための簡単な方法としては、LED電球への交換、エアコンの設定温度の見直し、家電製品の待機電力カットなどが挙げられます。

LED電球は、従来の電球に比べて消費電力が少なく、長寿命であるため、電気代を大幅に削減できます。

エアコンは、設定温度を1度調整するだけで消費電力を約10%削減できるため、夏は28度、冬は20度設定を心がけましょう。

また、使用しない家電製品のプラグをコンセントから抜くことで、待機電力による無駄遣いを防ぐことができます。

Q3: 電力会社を変更することで電気代は安くなりますか?

電力自由化により、消費者は自分のライフスタイルや電気使用量に合わせて、最適な電力会社やプランを選択することが可能になりました。

多くの電力会社がさまざまな料金プランを提供しているので、低価格のプランを選べば、電気代を節約することが可能です。

プランを選ぶときには、契約内容の詳細、使用条件に応じた実際の料金計算を確認することが重要です。

まとめ

電気代は、毎日の生活において重要な支出の1つです。

電気代を理解し管理することは、家計を賢く運営するうえで、とても重要です。

電気代を効果的に節約するためには、電気使用量の把握、家電製品の効率的な使用、電力会社やプランの変更がおすすめです。

また、家電を以下のように効率的に使用して電気使用量を減らせば、電気代は、大きく減らせます。

  • エアコンや暖房器具の適切な温度設定
  • LED電球への交換
  • 冷蔵庫の適切な温度設定

電力自由化により、消費者は、自分のライフスタイルや使用量に合わせて、最適な電力会社や料金プランを選択できるようになりました。

異なる電力会社の料金プランを比較し、自宅の電気使用状況に最も合ったプランを選ぶことで、電気代をさらに節約することが可能です。

電気代の節約は、単にコストを削減するだけでなく、エネルギーの無駄遣いを減らし、環境保護にも貢献することができます。

日々の小さな工夫で、電気代の長期的な節約にチャレンジしてみましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/