HOME / ブログ / 太陽光発電「つけてよかった」は嘘?本音を徹底調査!

blog

ブログ

太陽光発電「つけてよかった」は嘘?本音を徹底調査!

公開日:
2023.11.29

太陽光発電を自宅に設置すると、本当に「つけてよかった」と思えるのでしょうか?

今回は、太陽光発電のメリットとデメリット、そして実際に設置した人たちの本音を徹底調査しました。太陽光発電に関する最新の情報や口コミをお届けします。

太陽光発電をつけてよかったという声は本当か?

太陽光発電は、自然エネルギーを利用して電気を作る環境に優しいシステムです。

しかし、実際に太陽光発電を設置した人たちはどのように感じているのでしょうか?インターネット上の口コミや評判を調べてみました。

一人暮らしで電気代0!さらに売電もできてつけてよかった!

太陽光発電を設置した一人暮らしの方の中には、電気代がほとんどかからなくなったという声が多くあります。

特に、昼間に家にいることが多い人や家電製品を多く使う人は、太陽光発電の恩恵を大きく感じるようです。

また、余った電気を電力会社に売ることで収入にもなるというメリットもあります。太陽光発電は一度設置すれば、長期的に安定した収入源になる可能性があります。

停電対策につけてよかったという声多数!

太陽光発電は、災害時や計画停電時にも自家発電ができるという安心感があります。

特に、蓄電池と併用することで、夜間や曇りの日でも電気を使うことが可能です。太陽光発電を設置した方の中には、停電時にも冷蔵庫やテレビなどの生活必需品が使えたという声が多くあります。

また、停電時に近所の人たちにも電気を分け与えることで、コミュニティーの絆も深まったという声もあります。

蓄電池は災害目的では後悔の声もあり!

太陽光発電は万能ではありません。

太陽光パネルを導入する際は蓄電池も一緒に購入する方が良いとされていますが、蓄電池は高価であり、容量も限られています。

そのため蓄電池は、長期間の停電には対応できません。

太陽光発電を設置した方の中には、蓄電池は災害目的ではなく、日常的な節約目的で使うべきだという声もあります。

蓄電池を設置する際には、自分のニーズや予算に合わせて慎重に検討しましょう。

これからの電気代高騰への対策に期待の声もあり!

太陽光発電は、これからの電気代高騰への対策としても注目されています。原子力発電所の再稼働や火力発電所の燃料費などの影響で、今後も電気代は上昇する可能性が高いです。

太陽光発電を設置することで、自分で作った安価な電気を使うことができ節約になるでしょう。また、売電収入も電気代の高騰に伴って増える可能性があります。

太陽光発電は、将来的にも経済的にも有利な選択となるかもしれません。

結論:太陽光発電をつけてよかったという人は意外と多い

以上のように、太陽光発電を設置した人たちの声を見てみると、太陽光発電をつけてよかったという人は意外と多いことがわかります。

もちろん太陽光発電にはデメリットや注意点もありますが、メリットや魅力も大きいです。

太陽光発電を検討している方は、自分のライフスタイルや目的に合わせて、太陽光発電のメリットを最大限に活用できるように計画してみてはいかがでしょうか?

太陽光発電をつけてよかったという人の2つの事例

太陽光発電をつけて良かったという事例は、次の2つが挙げられます。

・災害時に太陽光発電で助かった事例

・約10年で太陽光発電の元が取れた事例

ひとつずつ見ていきましょう。

災害時に太陽光発電で助かった事例

東日本大震災のとき、電力が復旧するまでの数日間、太陽光発電で自家発電を行うことができたという声があります。

太陽光発電は、災害時にも安定して電気を供給することができるので、ライフラインとして重要な役割を果たしています。

太陽光発電を設置していたおかげで、冷蔵庫やテレビなどの家電を使うことができ、生活に必要な情報や食品を確保することができたようです。

約10年で太陽光発電の元を取れた事例

太陽光発電は、初期投資が高いというデメリットがありますが、長期的に見ると、節約効果や売電収入などで元を取ることができます。

例えば、10kWの太陽光発電システムを設置した場合、設置費用は約300万円ですが、年間の発電量は約1万kWhです。

これを売電すると、年間約30万円の収入になります。また、自家消費分も考慮すると、年間約40万円の節約効果があります。

このように計算すると、約10年で太陽光発電の元を取ることができます。

太陽光発電をつけてよかったと思う6つの理由

太陽光発電をつけて良かったという理由は、主に次の6つが挙げられます。

①一番は電気代の節約

②メンテナンスの手間と費用が想定より少ない

③停電時に電気が使えるメリット

④補助金などをしっかり使うことで元が取れるから

⑤コツコツ節約や売電しているのが楽しい

⑥これからの電気代高騰の対策になりそうだから

ひとつずつ見ていきましょう。

一番は電気代の節約

太陽光発電をつけてよかったと思う一番の理由は、電気代の節約だという声が多いです。

太陽光発電は、自分で発電した分だけ電気を使えるので、電力会社からの請求額が減ります。

また、余った電気を売電することで収入にもなります。利用者には一番のメリットと言えるでしょう。

メンテナンスの手間と費用が想定より少ない

太陽光発電を設置した際、想像よりもメンテナンスの手間と費用が想定より少なかったという声もあります。

太陽光発電は、基本的にパネルを屋根に設置するだけで、特別な操作や管理は必要ありません。

また、パネルは自然に風や雨で洗われるので、汚れもほとんどありません。

もちろん、定期的な点検や清掃は必要ですが、それでも年間数万円程度で済みます。

停電時に電気が使えるメリット

日本は自然災害が多い国なので、停電時に電気が使えるのもメリットのひとつです。

太陽光発電は自家消費型と売電型のどちらも選べますが、現在は自家消費型が推奨されています。

自家消費型は、発電した分だけ自分で使うことができるので、停電時にもバッテリーから電気を供給してくれます。これは災害時や計画停電時に非常に便利です。

補助金などをしっかり使うことで元が取れるから

太陽光発電は高い買いものですが、補助金を有効活用することで初期投資を抑える事ができ、元を取ることも可能です。

国や自治体から補助金や減税などの支援にはどのようなものがあるのか、事前に調べておくと良いでしょう。

中には、「設置費用の半分近くを補助金でまかなった」という声もあります。

また、売電する場合は固定価格買取制度(FIT)で高い価格で買い取ってもらうこともできます。

コツコツ節約や売電しているのが楽しい

コツコツ節約や売電しているのが楽しいと感じる人もいるようです。

太陽光発電は、自分でエネルギーを作っている感覚があり、毎日パネルの発電量や消費量をチェックしたり、天気や季節に応じて節約したり売電したりするのが楽しいと感じる場合もあります。

太陽光発電を設置するとエネルギーに対する意識も変化するので、自然エネルギーの普及に向けて前向きな気持ちになります。

これからの電気代高騰の対策になりそうだから

太陽光発電をつけてよかったと思う最後の理由は、これからの電気代高騰の対策になりそうだからです。太陽光発電は、自分で発電した分だけ電気代を節約できるので、電力会社の値上げに左右されません。また、売電する場合はFITの価格が保証されているので、安定した収入になります。太陽光発電をつけてから、電気代の心配がなくなったという声があげられました。

太陽光発電について悩んだらご相談ください

太陽光発電について悩んだら、お気軽にご相談ください。

お客様のニーズに合わせた最適なプランを提案します。

また、設置からメンテナンスまで一貫してサポートしますので、安心して太陽光発電を利用できます。

どんなことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/