HOME / ブログ / 太陽光パネルのメリット5つを徹底解説

blog

ブログ

太陽光パネルのメリット5つを徹底解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルは、環境にも災害にも強い電力供給源として注目されています。

本記事では太陽光パネルを導入することのメリットを5つ紹介していきます。

太陽光パネルのメリット5つを解説 

太陽光パネルは、太陽の光を電気に変換する機器です。

環境問題が重要視されている現代では、太陽光パネルの導入は環境に良い効果をもたらすことができるのはもちろん、太陽光パネルを設置することで私たち自身もさまざまなメリットを享受することができます。

そこで今回は、太陽光パネルのメリットを紹介します。太陽光パネルのメリットは、大きく分けて次の5つが挙げられます。

①環境に優しい

②電気代を節約できる

③災害に強い

④資産価値を高めることができる

⑥売買収入を得られる

ここからは、それぞれのメリットについてさらに詳しく解説していきます。

環境に優しい

太陽光パネルは、太陽の光を直接電気に変換する装置です。

太陽光パネルを使うと、化石燃料や原子力などの従来の発電方法に比べて、二酸化炭素や放射性廃棄物などの有害な排出物を大幅に減らすことができます。

一般的な電力会社では、石油を燃焼させる”火力発電”によって電気を作っていますが、石油を燃焼することで多くの二酸化炭素を排出してしまうため、火力発電は環境に悪影響を及ぼすことが多いです。

その一方で、太陽光発電は火力発電に比べて二酸化炭素の排出量が少ないため、環境に優しいと言われています。

また、太陽光パネルを導入することは、地球温暖化や環境汚染の防止に貢献するとともに、自然資源の枯渇やエネルギー安全保障の問題にも対応できるというメリットがあります。

太陽光パネルは、自然エネルギーの中でも最も普及しており、世界中で多くの国や地域で導入されています。

電気代を節約できる

太陽光パネルは、自宅や事業所で発電した電気を自分で使うことができます。

そのため、電力会社から買う電気よりも安くなり、また安定的に供給されることを意味します。

さらに、太陽光パネルを設置すると、電気代が大幅に削減されるだけでなく余剰な電気を売電することで収入にもなります。

日本では、政府が太陽光発電の普及を促進するために、固定価格買取制度(FIT)という仕組みを導入しており、太陽光発電の売電価格が高く設定されています。

太陽光パネルは、初期投資はかかりますが、長期的に見れば経済的にも有利な選択だと言えるでしょう。

災害に強い

日本は地震や台風などの自然災害が多い国です。

災害が発生すると、電力供給が途絶えたり停電が発生したりする可能性があります。そのような状況では、太陽光パネルは非常に役立ちます。

太陽光パネルは、自家発電システムとして機能するため、電力会社からの供給に依存しないで電気を使用することができます。

また、太陽光パネルは耐久性が高く、適切な設置とメンテナンスを行えば強風や落雷にも耐えることができます。災害時にも安心して暮らすためにも、太陽光パネルを導入することはメリットがあると言えます。

また、太陽光パネルは太陽の光で電気を作る仕組みがあるものの、電気を貯めておくことはできません。

電気を貯めるためには蓄電池を購入する必要があるため、電力を貯めておきたい方はあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

資産価値を高めることができる

太陽光パネルは、住宅やビルなどの不動産の資産価値を高めることができます。

太陽光パネルを設置することで、電気代を節約したり売電収入を得たりすることができます。これは、不動産の収益性や将来性を向上させる要因となります。

また、太陽光パネルは環境にやさしいエネルギー源であるため、エコロジー志向の人々にも好まれます。

これは、不動産の魅力や需要を高める要因となります。太陽光パネルを設置することは、不動産の価値を高める投資とも言えるでしょう。

売電収入を得られる

太陽光パネルで発電した電気は、自家消費するだけでなく余剰分を電力会社に売ることができます。

これにより、売買収入を得ることができます。売買収入は、設置費用やメンテナンス費用の回収に役立ちますし、家計の収入源としても有効です。

また、売買収入をより多く得るためには、太陽光発電システムの容量や設置場所、売電価格などに注意する必要があります。

一般的には、容量が大きく、日照時間が長く、売電価格が高いほど、売買収入は増えます。

また、設置場所によっては、補助金や減税などの制度を利用できる場合もあります。

太陽光パネルのデメリットとは?

太陽光パネルは、自然エネルギーの一種であり、環境に優しいというメリットがあります。しかし、太陽光パネルにもデメリットが存在します。

ここでは、太陽光パネルのデメリットとして、設置費用が掛かってしまうことと、定期的なメンテナンスが必要であることについて説明します。

また、別の記事でもデメリットについて解説しているので、そちらもご覧ください。

設置費用が掛かってしまう

太陽光パネルを設置するには、まずパネル自体の購入費用が必要です。

パネルの価格は、サイズや性能によって異なりますが、一般的には数十万円から数千万円程度です。また、パネルを屋根や壁に取り付けるための工事費用も必要です。

工事費用は、建物の形状や構造、パネルの配置などによって異なるものの、一般的には数十万円から数百万円程度と言われています。

さらに、太陽光発電システムを運用するためには、パワーコンディショナーや配線などの機器や部品も必要です。

これらの機器や部品の購入費用も含めると、太陽光パネルの設置費用は数百万円から数千万円になる場合もあります。

定期的なメンテナンスが必要

太陽光パネルは、長期間にわたって使用することができますが、そのためには定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスの内容は、パネルの清掃や点検などです。

パネルの清掃は、埃や汚れを除去することで、発電効率を高めるために行います。

埃や汚れが付着すると、太陽光を遮ってしまい、発電量が低下してしまいます。

清掃の頻度は、設置場所や気象条件によって異なりますが、一般的には年に数回程度です。点検は、パネルや機器の故障や劣化を防ぐために行います。

点検の頻度は、製品の保証期間や契約内容によって異なりますが、一般的には年に一回程度です。

また、清掃は自分で行うこともできますが、屋根や壁に登る危険性や時間的な負担があります。

そのため、より安全・安心にメンテナンスを行うためにも専門業者に依頼することをオススメします。太陽光パネルは高価なものなので、メンテナンスを行い長く効果的に利用することを目指しましょう。

太陽光パネルの導入はお気軽にご相談ください

太陽光パネルのメリットとデメリットについて見てきました。

導入を検討している方は、実際のところどのくらい売電できているのかであったり、どのくらい節約になるのか?といった具体的なご相談もシミュレーションを出しますので、ご気軽にご相談ください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/