HOME / ブログ / 【2023年最新】太陽光発電価格を徹底解説!価格を抑えた最適な選び方と運用方法

blog

ブログ

【2023年最新】太陽光発電価格を徹底解説!価格を抑えた最適な選び方と運用方法

公開日:
2023.11.29

太陽光発電は、環境に優しく長期的に安定した収入を得ることができるエネルギー源です。

しかし、太陽光発電を導入するには、様々な要素によって変動する価格を把握する必要があります。

2023年最新の太陽光発電価格は、どのように決まるのでしょうか?
また、価格を抑えた最適な選び方と運用方法は何でしょうか?

この記事では、太陽光発電の価格に関する基礎知識を徹底解説します。

2023年太陽光発電価格の最新情報

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中で最も普及している発電方法です。
しかし、太陽光発電の価格は、設置費用やソーラーパネルの性能、メーカーや地域によって大きく異なります。

この記事では、2023年の太陽光発電価格の最新情報をお伝えします。

設置費用の現状と相場

太陽光発電の設置費用は、主にソーラーパネルの容量や種類、架台やパワーコンディショナーなどの機器費用、工事費用などによって決まります。

また、ソーラーパネルの種類には、高効率で高価な単結晶型や多結晶型、低効率で安価なアモルファス型などがあります。

架台やパワーコンディショナーなどの機器費用は、ソーラーパネルの容量やメーカーによって異なるので注意が必要です。

工事費用は、屋根の形状や傾斜角度、配線や土木工事などの工程によって異なります。

2023年の太陽光発電設置費用の相場は、以下の表のようになっています。

ソーラーパネル容量設置費用(税込)
3kW107.7万
4kW135.6万
5kW160.5万
6kW191.4万
7kW220.3万
8kW250.2万
9kW282.1万

ソーラーパネルのkW単価の動向

ソーラーパネルのkW単価とは、ソーラーパネル1kWあたりの価格のことで、ソーラーパネルの性能や品質、需要と供給などによって変動します。

また、需要が高く供給が少ないほど、kW単価は上昇し、2023年のソーラーパネルのkW単価は20~40万円程度です。

単結晶型と多結晶型のソーラーパネルのkW単価が下落しましたが、その理由としては技術革新や競争激化によってコストが低下したためです。

一方、アモルファス型のソーラーパネルのkW単価は、需要が増加したため上昇しました。

地域別の価格比較

太陽光発電の価格は、メーカーや地域によっても異なります。

メーカーによっては、ソーラーパネルの性能や品質、保証期間やアフターサービスなどが異なります。

地域によっては、設置費用や売電価格、補助金や減税などが異なります。

例えば、沖縄のような気温が高くなる地域では、温度耐性がある機材がお勧めです。

反対に、北海道のような冬場の積雪量が多い地域では、積雪のリスクが高いため耐久性能がある機材がお勧めです。

太陽光発電を導入する際には、自分のニーズや環境に合った機材を選ぶことが重要です。

太陽光発電価格の補助金と経済性

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も普及している発電方法です。

しかし、太陽光発電システムの導入には高額な費用がかかります。

そこで、政府や自治体は、太陽光発電システムの価格を下げるために、様々な補助金制度を用意しています。

この章では、太陽光発電価格の補助金とその経済性について解説します。

最新の補助金を使った場合の実質価格

太陽光発電システムの価格は、システムの容量やメーカー、設置場所などによって異なりますが、一般的には1kWあたり20万円から40万円程度です。

しかし、補助金を利用すると、この価格は大幅に下がります。例えば、2023年度に実施されている補助金制度は以下の通りです。

・国の補助金

一律1/2から自治体連携型のみ2/3を補助

・東京都の補助金

設置容量が3kW以下の場合の補助金額(新築)…12万円/kW(上限は36万)

設置容量が3kW以上の場合の補助金額(新築)…10万円/kW

設置容量が3kW以下の場合の補助金額(既築)…15万/KW(上限45万円)

設置容量が3kW以上の場合の補助金額(既築)…12万円/kW

これらの補助金をすべて利用した場合、太陽光発電システムの価格はかなり下がると予想されます。

ただ、国の補助金と地域の補助金は併用できる場合とできない場合があるので、十分に注意しましょう。

FIT制度と価格への影響

太陽光発電システムを導入すると、自家消費した分だけ電気代が節約できますが、それだけではなく、余剰電力を電力会社に売ることもできます。

これを可能にするのがFIT(固定価格買取制度)です。

FITとは、政府が定めた一定期間一定価格で、再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社が買い取る制度です。

この制度によって、太陽光発電システムの導入者は安定した収入を得ることができます。

FIT制度は、太陽光発電システムの経済性に大きな影響を与えます。

理由としては、FIT制度によって得られる収入は、太陽光発電システムの価格や補助金と比較しても非常に大きいからです。

したがって、FIT制度は太陽光発電システムの経済性を大きく高めると言えます。

ソーラーローンのメリットと実質価格

太陽光発電システムを導入するには、高額な費用が必要です。

しかし、一括で支払うのが難しい場合は、分割で支払うこともできます。

これを可能にするのがソーラーローンです。

ソーラーローンとは、太陽光発電システムの導入費用を低金利で借りることができるローンです。

ソーラーローンには以下のようなメリットがあります。

・初期費用が少なくて済む
・FIT収入や節約した電気代で返済できる
・住宅ローン減税の対象になる

また、ソーラーローンを利用した場合の実質価格は、単純にローンの金利や手数料だけで決まるわけではありません。

実質価格を計算するには、以下のような要素を考慮する必要があります。

・太陽光発電システムの性能や寿命
・太陽光発電システムのメンテナンス費用や保証期間
・太陽光発電システムの設置場所や方向、日照時間などによる発電量
・売電価格や売電期間
・税金や補助金などの制度

これらの要素によって、ソーラーローンを利用した場合の実質価格は大きく変わります。

そのため、ソーラーローンを利用する際には、複数の金融機関や太陽光発電システムの提供業者から見積もりを取り、実質価格を比較検討することが重要です。

価格を考慮した太陽光発電の選び方

太陽光発電は、自然エネルギーを利用して電気を生成する環境に優しいシステムです。しかし、太陽光発電を導入するには、高額な初期投資が必要です。

そのため、価格を考慮した太陽光発電の選び方が重要になります。

ここでは、ソーラーパネルの品質と価格、設置業者選びの価格と品質のバランス、設置の流れと価格に影響するポイントについて説明します。

ソーラーパネルの品質と価格

ソーラーパネルは、太陽光発電の中核となる部品です。

ソーラーパネルの品質は、発電効率や耐久性に大きく影響します。
一般的に、品質が高いソーラーパネルは価格も高くなることが多いです。
しかし、価格だけでソーラーパネルを選ぶと、発電量が少なかったり故障しやすかったりするリスクがあります。
そのため、ソーラーパネルの品質と価格は、メーカーの信頼性や保証期間なども考慮して比較することが大切です。

設置業者選びの価格と品質のバランス

設置業者は、太陽光発電システムの設計や施工を行う会社です。
設置業者の選び方も、太陽光発電の価格と品質に影響します。

安い設置業者を選ぶと、工事費用を節約できますが、工事の質やアフターサービスが低下する可能性があります。
逆に、高い設置業者を選ぶと、工事の質やアフターサービスが高くなりますが、工事費用が増加します。

そのため、設置業者選びの価格と品質のバランスを考慮し、実績や評判なども参考にして決めることが大切です。

設置の流れと価格に影響するポイント

太陽光発電システムの設置は、以下のような流れで行われます。

1. 見積もり依頼
2. 現地調査
3. 見積もり提示
4. 契約
5. 工事
6. 点検・検査
7. 連系申請

この流れで価格に影響するポイントは、主に以下の3つです。

①システム容量:システム容量が大きいほど、ソーラーパネルやパワーコンディショナーなどの機器費用や工事費用が高くなります。

②屋根形状:屋根形状が複雑だったり傾斜が急だったりすると、ソーラーパネルの取り付けや配線が難しくなり工事費用が高くなります。

③補助金:補助金は、太陽光発電システムの導入費用の一部を補助する制度です。補助金の種類や額は、自治体や時期によって異なります。補助金を利用すると価格を抑えることができるので、ぜひ活用しましょう。

以上のように、太陽光発電の選び方は、ソーラーパネルの品質と価格、設置業者選びの価格と品質のバランス、設置の流れと価格に影響するポイントに注意する必要があります。

太陽光発電は、長期的に見れば電気代の節約や売電収入などで元が取れる投資です。

自分のニーズや予算に合った太陽光発電システムを選ぶことで、快適でエコな暮らしを実現しましょう。

実際のユーザー体験と太陽光発電価格

ここからは、太陽光発電システムを設置したユーザーの体験談を紹介します。

太陽光発電の価格は、設置費用や運転費用、トラブル時の対応や費用、売電価格や利益回収などの要素によって変わります。

実際のユーザーの声を聞くことで、太陽光発電のメリットやデメリットを知ることができるでしょう。

①実際の設置費用と運転費用報告

太陽光発電システムの設置費用は、パネルの種類や容量、屋根の形状や方位、工事業者の選択などによって異なります。

一般的には、パネル容量1kWあたり20万円から40万円程度が目安とされています。

また、運転費用は、パネルの清掃や点検、保守管理などが含まれており、年間数千円から数万円程度が必要です。

設置費用や運転費用は、売電収入や節税効果などで相殺できる場合があります。

②トラブル時の対応と費用

太陽光発電システムは、長期間にわたって安定して発電できるように設計されていますが、万が一トラブルが発生した場合は、迅速かつ適切な対応が必要です。

トラブルの原因は、パネルの故障や劣化、配線の断線やショート、インバーターの不具合など様々です。

トラブル時の対応と費用は、工事業者やメーカーの保証内容や期間によって異なります。

保証期間内であれば無償で修理してもらえる場合もありますが、保証期間外であれば自己負担となる場合もあります。

トラブル時には、工事業者やメーカーに連絡して対処方法を確認しましょう。

③売電価格と利益回収

太陽光発電システムを設置する最大のメリットは、余剰電力を電力会社に売電できることです。

売電価格は、設置年度や契約期間によって異なります。2023年度に設置した場合は、16円/kWhで売電することが可能です。

ただ、売電価格は毎年見直されるため、今後下がる可能性もあるので注意しましょう。

また、売電収入から設置費用や運転費用を差し引いた金額が利益となります。

利益回収期間は、太陽光発電システムの性能や稼働率、気象条件などによって変わりますが、一般的には10年から15年程度とされています。

2023年の太陽光発電価格のまとめ

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する技術です。

太陽光発電は、化石燃料に依存しない再生可能エネルギーとして注目されています。また、2023年の太陽光発電価格は、全体的に下落傾向にあると予測されます。

しかし、太陽光発電価格は、地域や市場によって大きく異なるため、事前にしっかり調べておくようにしましょう。

太陽光発電を導入する際には、自分の住む地域や利用するシステムに応じて、最適なプランを選択することが重要です。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/