HOME / ブログ / 蓄電池の設置を後悔した人の理由5選|後悔しないために知るべき5つのこと

blog

ブログ

蓄電池の設置を後悔した人の理由5選|後悔しないために知るべき5つのこと

公開日:
2023.11.29

蓄電池は、太陽光発電などの自家発電システムと併用することで、災害時の非常用電源や電力自由化のメリットを享受できるとして近年注目されています。

しかし、蓄電池には高額な初期費用やメンテナンス費用がかかること、効率的な運用方法が必要であることなど、導入に際して注意すべき点も多くあります。

そのため実際に蓄電池を設置した人の中には後悔している人も少なくありません。

そこで、この記事では、蓄電池の設置を後悔した人の理由と後悔しないために知るべきことをご紹介します。

蓄電池を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

蓄電池を設置して後悔した人の理由5選

実際に蓄電池を設置して後悔した人の理由を5つ紹介します。

①費用が想像以上に高い
②事前に計算が甘く元が取れない
③想定より電気量節約効果が小さい
④補助金などを活用できなかった
⑤容量が小さすぎて停電時に機能しない

費用が想像以上に高い

蓄電池の設置費用は、容量やメーカー、工事内容などによって異なりますが、一般的には数百万円程度かかります。ただこの初期費用までは想定通りの場合が多いのですが、問題は維持・修理・廃棄の費用です。

蓄電池の寿命は約15~30年程度とされており、その間に交換や修理が必要になる可能性があります。

さらに、蓄電池は定期的にメンテナンスが必要になります。

また蓄電池を使うためには専用の配線やスイッチなどの設備が必要で、これらも費用がかかります。

蓄電池を設置して後悔した人の中には、初期費用以外の費用が想定以上にかかり後悔する人が多くいます。

事前の計算が甘く、元が取れない

蓄電池を設置する目的の一つは、電気代の節約です。

しかし、蓄電池を使っても元が取れるかどうかは、自宅の発電量や消費量、売電価格や買電価格などの条件によって変わります。

事前にシミュレーションをしっかり行わないと、想定よりも回収期間が長くなったり赤字になったりする可能性があります。

蓄電池を設置して後悔した人の中には、事前に計算が甘かったために元が取れる見込みがないと悟った人が多くいます。

想定より電気量節約効果が小さい

蓄電池は自宅で発電した余剰電力を貯めておくことで、昼間は売電し夜間は貯めた電力を使うことができます。これにより、節電・節約になります。

しかし、実際には太陽光発電の発電量も天候や季節によって変動しますし、選ぶ機器や各家庭の条件で節約効果は大きく変わります。

蓄電池を設置して後悔した人の中には、想定よりも節約効果が小さかったと感じた人や節約効果がなかったと言う人がいます。

補助金などを活用できなかった

蓄電池の設置費用を軽減するためには、国や地方自治体などが出している補助金や助成金などを活用することが有効です。

しかし、これらの制度は予算や期間が限られており、申請には条件や手続きが必要です。

また、補助金や助成金の額も一定ではなく、時期や地域によって変わります。

蓄電池を設置して後悔した人の中には、補助金を受けられなかった人や、受けられた額が少なかったケースもあります。

容量が小さすぎて停電時に機能しない

蓄電池を設置する目的の一つは、停電時のバックアップです。

しかし、蓄電池の容量は一般的には数kWh程度であり、家庭内の全ての電化製品を動かすことはできません。また、停電時に蓄電池から電力を供給するためには、専用の回路やスイッチなどの設備が必要です。これらの設備も費用がかかりますし、操作も煩雑です。

蓄電池を設置して後悔した人の中には、容量が小さすぎて停電時に役に立たなかった人や、停電時に蓄電池から電力を供給できなかった人が多くいます。

蓄電池設置で後悔しないために知るべき5つのこと

蓄電池設置で後悔しないために知るべき5つのことを紹介します。

①蓄電池は種類や容量など仕様を確かめる
②蓄電池はソーラーパネルと併用の方がお得
③補助金は必ず活用しよう
④日照条件などを事前に調べておく
⑤設置の見積もりは複数社で比較する

これらのポイントを押さえて、後悔しない自分に合った蓄電池を選ぶようにしましょう。

蓄電池は種類や容量など仕様を確かめる

蓄電池には、リチウムイオン型や鉛蓄電池型など、さまざまな種類があります。

それぞれに特徴や性能が異なりますので、自分のニーズに合ったものを選ぶ必要があります。また、容量や充放電回数、寿命なども重要な仕様です。

容量が大きければ大きいほど、多くの電力を貯められますが、価格も高くなります。

充放電回数や寿命は、蓄電池の劣化や故障のリスクを示します。

これらの仕様を確かめて、コストパフォーマンスの高い蓄電池を選びましょう。

蓄電池はソーラーパネルと併用の方がお得

蓄電池だけでは発電することができません。

そのため、太陽光発電システムなどの発電装置と併用する必要があります。

特に、ソーラーパネルと蓄電池の組み合わせは非常にお得です。

ソーラーパネルは昼間に太陽光を利用して発電しますが、夜間や曇りの日は発電量が減ります。そのため、昼間に余った電力を蓄電池に貯めておき、夜間や曇りの日に使うことができます。これにより、自家消費率を高めることができます。

自家消費率が高ければ高いほど、売電よりも節約効果が高くなります。

補助金は必ず活用しよう

蓄電池設置時はできるだけ国や自治体から補助金を受けましょう。

補助金は、一定の条件を満たす場合に限られますが、数十万円から数百万円もの支援を受けることが可能です。

ただし申請方法や期限は各地域によって異なります。

ここは面倒くさがらずに、補助金に対応してくれる業者を選ぶことはもちろん、自身でも調べましょう。

日照条件などを事前に調べておく

蓄電池はソーラーパネルと併用することがお得ですが、その場合は日照条件などを事前に調べておく必要があります。

日照条件とは、自宅の屋根に太陽光がどれだけ当たるかということです。

日照条件が良ければ良いほど発電量が増えますし、蓄電池の効果も高まります。

日照条件は、方位や傾斜角度、周囲の建物や樹木などに影響されます。

これらの要素を考慮して、最適なソーラーパネルの配置や角度を決める必要があります。

設置の見積もりは複数社で比較する

蓄電池設置には、機器費用や工事費用などがかかります。

こういった費用は業者によって大きく異なります。

そのため、一社だけに見積もりを依頼するのではなく、複数社で比較することが重要です。

見積もりを比較する際には、価格だけでなく品質やサービスもチェックしましょう。

安いだけではなく、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

蓄電池で後悔しない業者選びなら岡山電力

岡山電力は、蓄電池の専門家としてお客様のニーズに合わせた最適なプランを提案します。岡山電力が選ばれる理由は以下の通りです。

・豊富な実績と信頼

岡山電力は、太陽光発電システムと蓄電池の設置実績が豊富で、多くのお客様から高い評価を得ています。また、国内外の優良メーカーと提携しており、品質や安全性にも自信があります。

・充実したサポート体制

岡山電力は、蓄電池の設置からアフターサービスまで一貫して責任を持って対応します。万が一のトラブルにも迅速に対処し、お客様の安心を守ります。また、蓄電池の性能や使い方に関するご相談も随時受け付けております。

・お得な料金プラン

岡山電力は、蓄電池の価格や工事費用を明確に提示し、隠れた費用は一切ありません。また、補助金や割引制度などもご案内し、お客様のご予算に合わせたお見積りを作成します。

以上のように、岡山電力は、蓄電池で後悔しない業者選びのパートナーとしてお客様の満足を第一に考えています。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

SHARE