HOME / ブログ / 太陽光パネルの廃棄費用はどのくらい?安く抑える方法4つ解説

blog

ブログ

太陽光パネルの廃棄費用はどのくらい?安く抑える方法4つ解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルは寿命を迎えたのちは廃棄する必要が出てきます。

では、廃棄費用はどのくらいでしょうか?目安の費用と安く抑える方法について解説していきます。

太陽光パネルの廃棄費用はどのくらい?

太陽光パネルは長期間にわたって発電を続けることができますが、その寿命は20年から30年程度とされています。

そのため、いずれは廃棄する必要がありますが、その際にかかる費用や方法についてはあまり知られていません。

この記事では、太陽光パネルの廃棄費用の内訳や廃棄方法、廃棄する際に注意すべきことについて解説します。

太陽光パネルの廃棄費用の内訳を解説

太陽光パネルの廃棄費用の内訳は、主に以下の3つに分けられます。

①解体費用

太陽光パネルを屋根や架台から外す作業にかかる費用です。解体費用は、パネルの数や大きさ、設置場所や高さなどによって異なりますが、一般的には1枚あたり1万円から2万円程度と見積もられます。

②運搬費用

解体した太陽光パネルを廃棄処分場やリサイクル施設まで運ぶ作業にかかる費用です。

運搬費用は、距離や重量、輸送手段などによって異なりますが、一般的には1枚あたり500円から1,000円程度と見積もられます。

③処分費用

太陽光パネルを廃棄する際にかかる費用です。

処分費用は、太陽光パネルの種類や材質、処分方法などによって異なりますが、一般的には1枚あたり2,000円から5,000円程度と見積もられます。

以上の3つの費用を合計すると、太陽光パネル1枚あたりの廃棄費用は約1.5万円~3万円となります。

ただ、これらの費用はあくまでも目安であり、実際には個別の見積もりが必要です。

太陽光パネルの廃棄方法を解説

太陽光パネルの廃棄方法は、主に以下の2つに分けられます。

①廃棄処分

太陽光パネルをそのまま破棄する方法です。

この場合、太陽光パネルは産業廃棄物として扱われるため、自分では廃棄ができず専門の業者に依頼する必要があります。

また、太陽光パネルに含まれる有害物質や希少金属などが環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

②リサイクル

太陽光パネルを再利用する方法です。

この場合、太陽光パネルはリサイクル施設に持ち込み、有価物質や再生可能エネルギーとして再利用されます。

太陽光パネルのリサイクル率は約90%以上と高く、環境保護や資源節約に大きく貢献できます。

太陽光パネルを廃棄する際に注意すべきこと

太陽光パネルを廃棄する際に注意すべきことは、次の3つです。

①廃棄費用の見積もりを事前に取ること

②廃棄方法を選択すること

③廃棄業者の信頼性を確認すること

①廃棄費用の見積もりを事前に取ること

太陽光パネルの廃棄費用は、解体費用、運搬費用、処分費用の合計となりますが、これらの費用は個別に見積もらなければなりません。

また、廃棄方法や業者によっても費用は異なります。そのため、廃棄する前には必ず業者から見積もりを取り、検討することが重要です。

②廃棄方法を選択すること

太陽光パネルの廃棄方法には廃棄処分とリサイクルの2つがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

廃棄処分は費用が安く済む場合がありますが、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。リサイクルは環境保護や資源節約に貢献できますが、費用が高くなる場合があります。

自分の希望や予算に合わせて、最適な廃棄方法を選択することが必要です。

③廃棄業者の信頼性を確認すること

太陽光パネルの廃棄は、専門的な知識や技術が必要な作業です。

そのため、廃棄業者の信頼性や実績を確認することが重要です。

廃棄業者には、産業廃棄物収集運搬業許可や産業廃棄物処理業許可などの資格や許可を持っているかどうか、また、太陽光パネルの解体や運搬、処分やリサイクルの方法や流れを明確に説明できるかどうかなどを確認しましょう。

太陽光パネルの廃棄費用を抑える方法3つ

太陽光パネルは、発電効率が低下したり故障したりすると廃棄する必要があります。

しかし、太陽光パネルの廃棄は、環境にも財布にも優しくありません。

太陽光パネルの廃棄費用は、一般的に50kW以上の産業用の場合は、1kWあたり1.5万円~4万円といわれています。

つまり、50kWの太陽光パネルを廃棄すると、100万円程度の費用がかかることになります。

そこで、ここでは太陽光パネルの廃棄費用を抑える方法を解説していきます。

・太陽光パネルの寿命が長いものを選ぶ

・太陽光パネルを設置する場所に配慮する

・専門業者に依頼して安く抑える

順番に見ていきましょう。

太陽光パネルの寿命が長いものを選ぶ

太陽光パネルの寿命は、品質や性能によって異なります。寿命が長いものを選ぶことで、廃棄する回数や量を減らすことができます。寿命が長いものを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

①太陽電池の種類

太陽電池には、結晶系と薄膜系の2種類があります。

結晶系には高効率で安定性が高いというメリットがありますが、価格が高く重量が重いというデメリットがあります。

薄膜系には低効率で劣化しやすいというデメリットがありますが、価格が安く、軽量で柔軟性が高いというメリットがあります。

一般的には、結晶系の方が寿命が長いと言われています。

②耐久性や保証期間

太陽光パネルは屋外で使用されるため、風雨や温度変化などの環境要因に影響されます。

耐久性や保証期間は、太陽光パネルの品質や信頼性を示す指標です。

耐久性や保証期間が長いものを選ぶことで、寿命を延ばすことができます。

太陽光パネルを設置する場所に配慮する

太陽光パネルを設置する場所は、発電効率や寿命に影響します。

太陽光パネルを設置する場所に配慮することで、廃棄費用を抑えることができます。

設置する場所に配慮する際には、以下の点に注意しましょう。

①方位や角度

太陽光パネルは南向きに設置することで最大限の発電量を得ることができます。

また、角度も重要です。日本では、緯度に応じて10度から30度の傾斜角が適切とされています。

方位や角度を調整することで、太陽光パネルの効率をさらに高めることができます。

②清掃やメンテナンス

太陽光パネルは、ほこりや汚れによって発電量が低下することがあります。

定期的に清掃やメンテナンスを行うことで、太陽光パネルの性能を維持することができます。

清掃やメンテナンスを行う際には、設置場所のアクセスや安全性にも配慮する必要があります。

そのため、太陽光パネルを設置する際は、メンテナンスしやすい場所に設置するのが良いでしょう。

専門業者に依頼して安く抑える

太陽光パネルの廃棄費用は、専門業者に依頼することで安く抑えることができます。

専門業者は、太陽光パネルの回収や処分に関する知識や技術を持っているのはもちろん、太陽光パネルのリサイクルや再利用にも取り組んでいます。

専門業者に依頼することで、太陽光パネルの廃棄費用を節約するだけでなく、環境にも貢献することができます。

太陽光パネルの廃棄費用を抑えるために専門業者に依頼しよう

太陽光パネルは、長期的な視点で利用するものですから、その後の処分についても計画的に考えることが必要です。

専門業者に依頼することは、太陽光パネルの廃棄費用を抑えるだけでなく、環境保護や社会貢献にもつながります。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/