HOME / ブログ / 太陽光パネルの廃棄方法2つ廃棄費用から注意点まで解説

blog

ブログ

太陽光パネルの廃棄方法2つ廃棄費用から注意点まで解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルは寿命を迎えると廃棄する必要があります。

今回の記事では廃棄費用から注意点まで解説していきます。

太陽光パネルの寿命は?いつ廃棄する?

太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する装置です。

太陽光パネルは、長期間にわたって安定した発電性能を維持することができますが、その寿命はどのくらいなのでしょうか?

また、寿命が来たらどのように廃棄するのでしょうか?

今回は、太陽光パネルの廃棄方法や廃棄費用、廃棄する際の注意点などについて解説します。

太陽光パネルの購入を考えている方は必見です。

一般的に20~30年

太陽光パネルの寿命は、一般的に20~30年と言われています。

これは、太陽光パネルの発電効率が年々低下していくことを考慮したもので、発電効率が80%以下になったら交換するという目安です。

しかし、実際には、太陽光パネルの品質や設置環境によって寿命は異なります。

例えば、高品質な太陽光パネルであれば30年以上も使用できる場合もありますし、逆に低品質な太陽光パネルや過酷な環境にさらされた太陽光パネルでは、10年程度で交換が必要になる場合もあります。

太陽光パネルの廃棄方法2つ

太陽光パネルは、環境にやさしいエネルギー源として注目されていますが、寿命が来たらどうやって処分するのでしょうか?

一般的に、太陽光パネルは金属やガラスなどの素材でできており、そのまま捨てると環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、太陽光パネルの廃棄方法について2つ紹介します。

①太陽光パネルメーカーに回収してもらう

②リサイクル業者に回収してもらう

太陽光パネルは長期的に使えるエコロジーな製品ですが、処分するときは環境に配慮する必要があります。

自分の太陽光パネルのメーカーや自治体のルールを確認して、最適な廃棄方法を選びましょう。

太陽光パネルメーカーに回収してもらう

太陽光パネルでは、購入したときのメーカーが回収サービスを提供している場合があります。

メーカーの回収サービスは、太陽光パネルの廃棄に関して最も安心できる方法です。

メーカーに回収してもらう場合は、メーカーに連絡して回収の手続きを行います。

メーカーは、太陽光パネルを専門的に分解して、再利用やリサイクルを行います。

この方法は、メーカーによっては無料で行ってくれる場合もありますが、有料の場合もあります。

また、メーカーが回収サービスを提供していない場合もありますので、事前に確認する必要があります。太陽光パネルメーカーは、自社製品の回収・リサイクルに関する責任を負っており、専門的な知識と技術を持っています。

また、太陽光パネルメーカーは、回収した太陽光パネルを再利用することで、コスト削減や新たなビジネスチャンスを得ることができます。

しかし、太陽光パネルメーカーに回収してもらう方法には、いくつかのデメリットもあります。

例えば、回収費用が高い場合や、メーカーが倒産してしまった場合などです。

そのため、太陽光パネルメーカーに回収してもらう場合は、事前に契約内容や費用などを確認することが重要です。

リサイクル業者に回収してもらう

太陽光パネルメーカーに回収してもらえない場合や、有料で高額な場合は、リサイクル業者に依頼することもできます。

この方法は、太陽光パネルメーカーに回収してもらう方法よりも手軽で安価な方法です。

リサイクル業者は、太陽光パネル以外にも様々な廃棄物を回収・処理することができます。

また、リサイクル業者は、地域密着型のサービスを提供することが多く、迅速かつ柔軟に対応することができます。

しかし、リサイクル業者に回収してもらう方法には、いくつかのデメリットもあります。

例えば、リサイクル業者の資質や信頼性が不明確な場合や、適切な処理が行われているかどうかが分からない場合などです。

そのため、リサイクル業者に回収してもらう場合は、事前に業者の実績や許可証などを確認することが重要です。

太陽光パネルの廃棄費用3つのパターン

太陽光パネルは、発電効率が低下したり、故障したりした場合に廃棄する必要があります。

しかし、太陽光パネルは有害物質を含むため、一般のごみとして捨てることはできません。では、太陽光パネルの廃棄費用はどのくらいかかるのでしょうか?

ここでは、次の3つのパターンを紹介します。

①太陽光パネルメーカーに回収してもらう場合:無料~数万円程度

②リサイクル業者に回収してもらう場合:数万円~十数万円程度

順番に見ていきましょう。

太陽光パネルメーカーに回収してもらう場合:無料~数万円程度

太陽光パネルメーカーに回収してもらう場合は、メーカーによって廃棄費用が異なります。

一部のメーカーでは、無料で回収してくれるサービスを提供しています。例えば、シャープや京セラなどの大手メーカーは、自社製品の太陽光パネルを無料で回収し、リサイクルする仕組みを整えています。

ただし、無料で回収してもらうには、事前に申し込みや手続きが必要です。また、運搬費や解体費などは別途かかる場合があります。

一方、無料で回収してくれないメーカーもあります。その場合は、数万円程度の廃棄費用が発生することが多いです。

例えば、日本電産や三菱電機などのメーカーは、自社製品の太陽光パネルを有料で回収し、リサイクルするサービスを提供しています。

廃棄費用は、パネルの種類や枚数によって異なりますが、一般的には1枚あたり数千円から数万円程度です。

リサイクル業者に回収してもらう場合:数万円~十数万円程度

リサイクル業者に回収してもらう場合は、太陽光パネルメーカーに回収してもらう場合よりも高額な廃棄費用がかかることが多いです。リサイクル業者は、太陽光パネルの種類や枚数だけでなく、設置場所や状態などによって廃棄費用を見積もります。

そのため、廃棄費用は大きく異なることがありますが、一般的には数万円から十数万円程度です。

リサイクル業者に回収してもらうメリットは、手間が少ないことです。メーカーに回収してもらう場合は事前に申し込みや手続きが必要ですが、リサイクル業者に回収してもらう場合は、見積もりを依頼するだけで済みます。

また、メーカーに回収してもらう場合は自社製品に限られますが、リサイクル業者に回収してもらう場合は、どのメーカーの太陽光パネルでも対応してくれることが多いです。

太陽光パネルの廃棄時の注意点2つ

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの一つとして注目されていますが、その寿命は約20年と言われています。

太陽光パネルが劣化して発電量が低下したり、故障したりした場合は、廃棄する必要があります。

しかし、太陽光パネルの廃棄には注意が必要です。

なぜなら、太陽光パネルには有害物質が含まれているため、適切に廃棄しないと環境や人体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

ここでは、太陽光パネルの廃棄時に注意すべき2つの点を紹介します。

① 太陽光パネルには有害物質が含まれているため、適切に廃棄する必要がある

②太陽光パネルの廃棄は、専門業者に依頼するのがおすすめ

ひとつずつ解説していきます。

適切に廃棄する必要がある

太陽光パネルは主にシリコンやガラスでできていますが、その中にはカドミウムや鉛などの重金属やフッ素などの有害物質が含まれています。

これらの物質は、太陽光パネルが破損したり、不適切な方法で処理されたりすると、土壌や水質を汚染したり、人体に発がん性や神経毒性などの健康被害を引き起こしたりする恐れがあります。

そのため、太陽光パネルの廃棄時には、これらの有害物質を適切に回収・分離・処理する必要があります。

太陽光パネルの廃棄は、専門業者に依頼するのがおすすめ

太陽光パネルの廃棄は、一般家庭から出るごみとして捨てることはできません。また、自分で分解したり燃やしたりすることも危険です。

そのため、太陽光パネルを廃棄する際は、専門業者に依頼するのがおすすめです。専門業者は、太陽光パネルを安全かつ効率的に分解し、有害物質を回収・処理し、再利用可能な部品や材料をリサイクルします。

専門業者に依頼することで、環境保護や資源節約にも貢献できます。ただし、専門業者に依頼する際には、その業者が適切な許可や認定を持っているかどうかを確認しましょう。

太陽光パネルの廃棄方法のまとめ

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの一つとして注目されていますが、その一方で、寿命が来たときにどう処分するかという問題もあります。

太陽光パネルは、ガラスや金属などの素材でできており、そのまま埋め立てると環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、有害物質を含むものもあり、適切な処理が必要です。太陽光パネルを処分する際は、自己流で処分するのではなく、適切な処理を行ってくれる専門業者を見つけるようにしましょう。

SHARE