HOME / ブログ / ソーラー パネルの寿命は何年?寿命を決める5つのポイントを徹底解説

blog

ブログ

ソーラー パネルの寿命は何年?寿命を決める5つのポイントを徹底解説

公開日:
2023.11.29

ソーラーパネルは、太陽光を電気に変換する装置です。

ソーラーパネルを設置すると、自家発電ができるだけでなく、余剰電力を売電することも可能です。

しかし、ソーラーパネルには寿命があります。この記事では、ソーラーパネルの寿命や寿命を決めるポイントについて、徹底解説します。

ソーラーパネルの寿命は平均何年?

ソーラーパネルの寿命は、ソーラーパネルの種類や品質、設置場所や環境条件、メンテナンスの状況などによって大きく変化します。

ただ、一般的にはソーラーパネルの寿命は20年から30年程度です。

産業用太陽光発電の法定耐用年数は17年ですが、実際はそれ以上利用することが期待でき、太陽光パネルのメーカーの多くは約20~25年程度の保証期間を設けています。

ソーラーパネルの寿命を決める5つの要素

ソーラーパネルの寿命は、次のようなポイントで決まります。

①材料・品質

②使用環境(紫外線量)

③設置方法

④過剰な電圧変動

⑤定期的なメンテナンスの有無 

ひとつずつ見ていきましょう。

材料・品質

ソーラーパネルの寿命は、その材料や材質によって大きく異なります。

一般的に、ソーラーパネルは結晶系シリコン(単結晶シリコンや多結晶シリコン)や薄膜系(アモルファスシリコンや有機薄膜)などの種類があります。

結晶系シリコンは高い変換効率と安定性を持ちますが、製造コストが高く重量も大きいです。

薄膜系は低い変換効率と劣化速度を持ちますが、製造コストが低く軽量で柔軟性も高いです。一般的に、結晶系シリコンの寿命は20年以上、薄膜系の寿命は10年程度と言われています。

使用環境(紫外線量)

ソーラーパネルの寿命には、使用環境も大きく影響します。

特に、紫外線の量はソーラーパネルの劣化を促進する要因です。

ソーラーパネルのセルやガラスを酸化させたり変色させたりするだけでなく、温度変化を引き起こし、ソーラーパネルの収縮や伸張を繰り返されてしまいます。

これにより、ソーラーパネルの接合部や配線部にひび割れや断線が発生する可能性があります。

紫外線量の多い地域では、ソーラーパネルの寿命が低下する傾向があるので十分に注意しましょう。

設置方法

ソーラーパネルの寿命には、設置方法も重要です。

ソーラーパネルは屋根や壁などに取り付けられますが、その角度や方向によっても効率や劣化が変わります。

一般的に、日本では南向きに傾斜した設置が最適とされていますが、南向きだけでなく、東西方向にも設置することで朝夕の日射量を捉えることができます。また、設置角度は季節や地域によっても調整しなければなりません。

設置角度が適切でないと、日射量が減少したり雨水や落ち葉などの汚れが溜まってしまい、ソーラーパネルの効率や寿命を低下させる原因となります。

過剰な電圧変動

ソーラーパネルの寿命には、過剰な電圧変動も影響します。

ソーラーパネルは太陽光の強さに応じて発電量が変化しますが、その変化に対応できるようにパワーコンディショナーという装置が必要です。

パワーコンディショナーはソーラーパネルからの直流電力を交流電力に変換し、家庭や電力会社に送ります。

しかし、パワーコンディショナーの性能や設定が不適切だと、ソーラーパネルに過剰な電圧がかかったり逆流したりすることがあり危険です。

ソーラーパネルのセルや配線を損傷したり、発火したりする可能性があるでしょう。

パワーコンディショナーはソーラーパネルの種類や容量に合わせて選択し、正しく設置・調整することが重要です。

定期的なメンテナンスの有無

ソーラーパネルの寿命には、定期的なメンテナンスの有無も大きく関わります。

ソーラーパネルは長期間にわたって外気にさらされるため、汚れや損傷が発生する可能性もあります。汚れや損傷はソーラーパネルの発電効率や安全性を低下させる要因となるので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

メンテナンスでは、ソーラーパネルの清掃や点検を行い、汚れや損傷を除去したり修理したりする必要があります。

自分で行うこともできますが、危険が伴う作業となるため、専門業者に依頼する方が望ましいでしょう。

ソーラーパネルの寿命を延ばす5つの方法

ソーラーパネルの性能は、そのメンテナンスや設置方法によって大きく影響されます。

ソーラーパネルの寿命を延ばすためには、次の5つの方法を実践することがおすすめです。

①定期的な清掃と点検

②適切な設置角度と方向

③通気性の確保

④電圧変動(サージ)の保護

⑤メーカーの推奨事項の順守

定期的な清掃と点検

ソーラーパネルは屋外に設置されているため、埃や花粉、鳥の糞などで汚れやすいです。

これらの汚れを放置してしまうとパネルの表面に影ができてしまい、太陽光の受光量が減ってしまいます。

また、汚れが長期間付着すると、ソーラーパネルの素材にダメージを与える可能性もあります。

そのため、定期的にソーラーパネルの清掃を行うことが重要です。清掃方法は、水や中性洗剤を使って柔らかい布やスポンジで優しく拭くことです。

高圧洗浄機や金属製のブラシなどは、ソーラーパネルを傷つける恐れがあるので使用しないでください。

また、清掃時には、ソーラーパネルの配線や接続部分なども点検し、異常がないか確認しましょう。

適切な設置角度と方向

ソーラーパネルの発電量は、その設置角度と方向によっても変わります。

一般的には、日本では南向きに設置することで、一年を通して最も多くの太陽光を受けることができます。

また、設置角度は季節に応じて調整することが望ましいです。冬場は低い位置から昇る太陽に対応するために、傾斜角度を大きくすることが効果的です。

逆に夏場は高い位置から昇る太陽に対応するために、傾斜角度を小さくすることが効果的です。

設置角度や方向を変えることが難しい場合もありますが、可能な限り最適化することで、ソーラーパネルの発電効率をより高めることができます。

通気性の確保

ソーラーパネルは、高温になると発電効率が低下してしまいます。

そのため、ソーラーパネルの裏側に空気が流れるように通気性を確保することが重要です。通気性を確保するには、ソーラーパネルと屋根や地面との間に十分な隙間を空けることが望ましいです。

隙間が狭いと空気が滞留して熱がこもりやすくなってしまいますが、隙間を広くすることで空気が循環して熱が逃げやすくなります。

通気性を確保することで、ソーラーパネルの温度を下げるとともに、屋根や地面の温度も下げることができるでしょう。

電圧変動(サージ)の保護

ソーラーパネルは、雷や落雷などの自然現象や、電力会社の送電線の故障などの人為的な原因によって、電圧が急激に上昇する現象(サージ)にさらされる可能性があります。

サージは、ソーラーパネルやパワーコンディショナーなどの発電設備に大きなダメージを与える恐れがあり、とても危険です。

そのため、サージから発電設備を保護するための「サージプロテクター」という装置を取り付けると良いでしょう。

サージプロテクターは、サージが発生した際に過剰な電圧を安全な値に抑えるか、あるいは切り離すことで、発電設備を守る役割を果たします。

メーカーの推奨事項の順守

ソーラーパネルの寿命を延ばすためには、メーカーが推奨する使用方法や注意事項を守ることが大切です。

各メーカーは、ソーラーパネルの性能や品質を保証するために、その製品に合わせた最適な設置方法やメンテナンス方法を提供しています。

また、ソーラーパネルの故障や不具合が発生した場合に、修理や交換などの対応も行っています。

しかし、メーカーの推奨事項を無視したり不適切な方法で設置や清掃を行ったりすると、ソーラーパネルの性能低下や故障、不具合などが起こりやすくなったりします。注意事項はしっかり守りましょう。

ソーラーパネルの寿命が切れた場合の破棄・交換方法

ソーラーパネルは環境に優しいエネルギー源ですが、寿命が切れた場合は適切な処分や交換が必要になります。

そのため、ソーラーパネルを購入する際には、将来的なコストや手間を考慮しておくことが大切です。

また、ソーラーパネルの性能や品質を維持するためには、定期的な点検や清掃も必要です。

ここでは、ソーラーパネルの寿命が切れた場合の破棄方法と交換方法について解説していきます。

破棄方法

ソーラーパネルの寿命は一般的に20年から30年と言われていますが、その後はどのように処分すればよいのでしょうか。

ソーラーパネルの破棄方法としては、以下の3つがあります。

①製造メーカーに引き取ってもらう

②認定されたリサイクル業者に依頼する

③地方自治体の指定する施設に持ち込む

これらの方法では、ソーラーパネルの回収や処理にかかる費用が発生する場合があります。

そのため、ソーラーパネルを購入する際には、寿命が切れた後の処分方法や費用についても確認しておくことが重要です。

交換方法

ソーラーパネルの寿命が切れた場合、新しいものに交換することもできます。

しかし、交換する際には以下の点に注意する必要があります。

①既存のシステムと互換性があるかどうか

②交換するパネルの性能や品質が優れているかどうか

③交換するパネルの価格や効率が合理的かどうか

④交換工事にかかる期間や費用が許容範囲内かどうか

これらの点を検討した上で、信頼できる業者に依頼することが望ましいです。また、交換した古いパネルは決められた破棄方法に従って処分する必要があります。

ソーラーパネルの寿命についてはご相談ください

ソーラーパネルの寿命を最大限に引き出すためには適切な設置、運用、メンテナンスが大切です。

寿命を伸ばす運用方法や設置についてはお気軽にご相談ください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/