HOME / ブログ / 太陽光発電の効率を最大化しよう!効率が下がる要因から最大化する方法まで徹底解説

blog

ブログ

太陽光発電の効率を最大化しよう!効率が下がる要因から最大化する方法まで徹底解説

公開日:
2023.11.29

この記事では、太陽光発電の効率を最大化する方法について徹底解説します。

太陽光発電の仕組みや効率が下がる要因を理解し、最適なパネルの選び方やメンテナンスの方法を学びましょう。

太陽光の発電効率の基礎を学ぼう

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する技術です。

太陽光発電は、再生可能エネルギーの一種であり、化石燃料に比べて環境に優しいと言われています。しかし、太陽光発電には欠点もあります。

その一つが、発電効率が低いということです。ここからは、太陽光発電の発電効率の基礎について説明していきます。

発電効率の定義と指標

発電効率とは、入力されるエネルギーに対する出力されるエネルギーの割合です。数式で表すと、以下のようになります。

「発電効率(%)=(出力されるエネルギー(W)/入力されるエネルギー(W))×100」

発電効率は、一般的にパーセントで表されます。

発電効率が高いほど、入力されるエネルギー(太陽の光エネルギー)を無駄なく出力することが可能です。

逆に、発電効率が低いほど、入力されるエネルギーの一部が熱や音などに散逸してしまいます。

太陽光発電の場合、入力されるエネルギーは太陽の光エネルギーです。

出力されるエネルギーは電気エネルギーです。

したがって、太陽光発電の発電効率とは、どれだけの太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換できるかを表す指標となっています。

現代の太陽光発電の平均的な発電効率

現代の太陽光発電の平均的な発電効率は約20%程度です。

例えば、100Wの太陽の光エネルギーを得た場合、約20Wの電気エネルギーが出力されることになります。

残りの80Wは熱や反射などによって失われてしまいます。

太陽光発電の発電効率は、使用する太陽電池の種類や品質によって異なります。

一般的に、太陽電池はシリコン素子を用いたものが多く、その中でも単結晶シリコンや多結晶シリコンといった種類がほとんどです。

単結晶シリコンは純度が高く、多結晶シリコンよりも高い発電効率を持ちますが、製造コストも高くなります。

一方で、多結晶シリコンは純度が低く、単結晶シリコンよりも低い発電効率を持ちますが、製造コストも低くなります。

発電効率の計算方法と例

太陽光発電の発電効率を計算するには、以下の手順に沿って進めていきます。

1. 太陽の光エネルギーの入力量を測定します。

これは、太陽光発電システムの設置面積と太陽の放射照度(W/m2)を掛け合わせることで求めることができます。

例えば、設置面積が10m2で、太陽の放射照度が1000W/m2だった場合、入力されるエネルギーは10×1000=10000Wです。

2. 電気エネルギーの出力量を測定します。

これは、太陽電池の出力電圧(V)と出力電流(A)を掛け合わせることで求めることができます。

例えば、出力電圧が12Vで、出力電流が1Aだった場合、出力されるエネルギーは12×1=12Wです。

3. 発電効率を計算します。

これは、出力されるエネルギーを入力されるエネルギーで割り、100を掛けることで求めることができます。

例えば、入力されるエネルギーが10000Wで、出力されるエネルギーが12Wだった場合、発電効率は(12/10000)×100=0.12%です。

太陽光発電の変換効率

太陽光発電における変換効率とは、太陽光発電システムの各部分でどれだけのエネルギーが変換されるかを表す指標です。

変換効率には、モジュール変換効率とセル変換効率の二種類があります。

モジュール変換効率

モジュール変換効率とは、太陽光パネル全体の変換効率を表すものです。

太陽光パネルは、多数の太陽電池(セル)が接続されて構成されていますが、セル同士の接続部分やパネルの枠などによって、一部の光エネルギーが利用できなくなります。

そのため、モジュール変換効率はセル変換効率よりも低くなります。

一般的な結晶シリコン型の太陽光パネルのモジュール変換効率は、約20%前後です。

セル変換効率

セル変換効率とは、個々の太陽電池(セル)の変換効率を表すものです。

セルは、半導体素材で作られており、その種類や製造方法によって光エネルギーを電気エネルギーに変換する能力が異なります。

現在は、結晶シリコン型の太陽電池の変換効率の世界記録は26%程度となっていますが、「ペロブスカイト」と呼ばれる日本発の材料と組み合わせることで32%を超えるものも開発されています。

太陽光発電の効率が下がる6つのポイント

太陽光発電は環境に優しいエネルギー源ですが、効率が下がることもあります。どのような要因が効率に影響するのでしょうか?

ここでは、太陽光発電の効率が下がる6つのポイントを紹介します。

①雪などの天気や気候

②設置場所

③経年劣化

④メンテナンス不足

⑤災害

⑥塩害

ひとつずつ見ていきましょう。

雪などの天気や気候

太陽光発電は太陽の光を電気に変換する仕組みです。

そのため、天気や気候によって発電量が変わります。

例えば、雪が積もったり曇ったりした場合は太陽の光がパネルに届きにくくなり、気温が高すぎるとパネルの性能が低下します。

太陽光発電の効率を高めるためには、天気や気候に合わせてパネルの角度や方向を調整することが重要です。

設置場所

太陽光発電の効率は、設置場所にも大きく影響します。

一般的に、南向きで傾斜した屋根に設置すると、一年を通して太陽の光を最大限に受けることが可能です。

しかし、建物や樹木などの影や反射によって、パネルに届く光量が減ることもあります。

また、周囲の環境汚染やほこりなどによってパネルの表面が汚れると、光を透過する能力が低下します。

設置場所を選ぶ際には、影や汚れの影響も考慮すると良いでしょう。

経年劣化

太陽光発電は長期的な投資ですが、パネルやインバーターなどの部品は経年劣化します。

特にパネルは、日々太陽の紫外線や熱などにさらされているため、時間とともにパネル内部の接合部や導線などが劣化し、発電効率が低下する可能性が高いです。

太陽光パネルは30年以上経過しても使用できるものが多くある一方、パワーコンディショナーの寿命は約10〜15年が目安といわれています。

経年劣化を防ぐためには、定期的な点検や交換が必要です。

メンテナンス不足

太陽光発電は比較的メンテナンスが少なめで良いシステムですが、それでも定期的な清掃や点検が必要です。

パネルの表面に付着したほこりや汚れは、水洗いやブラシで落とすことができます。

しかし、パネル内部やインバーターなどの部品は専門家による点検や修理が必要です。

メンテナンス不足は、発電効率の低下だけでなく火災や感電などの危険も引き起こす可能性があります。

メンテナンスを定期的に行い、安全かつ高効率な発電を維持しましょう。

災害

太陽光発電は、自然災害によっても大きな被害を受ける可能性があります。

特に日本は自然災害が多いため、十分な注意が必要です。

例えば、台風や地震などの強い揺れによって、パネルが外れたり破損したりすることがあります。

また、落雷や火災などによって、パネルやインバーターなどの部品が焼損したりショートしたりすることもあります。

災害に備えるためには、パネルの固定や接続の確認や、避雷器や遮断器などの保護装置の設置が必要です。

塩害

太陽光発電は、海岸近くに設置する場合、塩害に注意する必要があります。

「塩害」とは、海水中の塩分が風に乗って運ばれ、パネルや部品に付着することで発生する腐食や劣化のことです。

塩害は、発電効率の低下だけでなく部品の故障やショートなどの危険も引き起こします。

塩害を防ぐためには、耐塩害性の高いパネルや部品を選ぶことや、定期的な清掃や点検を行うことが重要です。

太陽光発電の効率を上げる方法

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する環境に優しい発電方法です。

しかし、太陽光発電の効率は、設置場所や機器の性能によって大きく変わります。

効率を上げるためには、以下の3つのポイントに注意する必要があります。

①最適な設置場所の選定

②定期的な清掃・メンテナンス

③変換効率の高い機器の採用

ひとつずつ見ていきましょう。

最適な設置場所の選定

太陽光発電の効率は、太陽の光がどれだけ当たるかによって決まります。

したがって、設置場所は、日照時間が長く、日影や障害物が少ない場所を選ぶことが重要です。

また、パネルの向きや角度も効率に影響します。

一般的には、南向きに傾けたパネルが最も効率的ですが、地域や季節によって最適な向きや角度は異なります。

専門家に相談するか、設置前にシミュレーションを行うことがおすすめです。

定期的な清掃・メンテナンス

太陽光パネルは、長期間使用するとほこりや汚れ、鳥糞などで汚れてしまいます。

汚れたパネルは光を反射してしまい発電効率が低下するため、定期的に清掃を行うことが必要です。

清掃方法は、基本的には水洗いや拭き取りで十分です。

ただ、高圧洗浄機や金属製のスポンジなどは傷つける恐れがあるので避けるようにしましょう。

また、清掃だけでなく、パネルや配線の状態を定期的に点検し、故障や劣化がないか確認することも大切です。

変換効率の高い機器の採用

太陽光発電では、太陽光パネルで発電した直流電力をパワーコンディショナーという機器で交流電力に変換して使用します。

しかし、この変換過程で一部のエネルギーがロスしてしまいます。

そのロスを減らすためには、変換効率の高いパワーコンディショナーを選ぶことが重要です。

また、パワーコンディショナーだけでなく、パネルや配線なども品質の高いものを選ぶことで、発電効率を向上させることができます。

太陽光発電は蓄電池と組み合わせて効率が上がる?

太陽光発電は天候や時間帯によって発電量が変動します。

そのため、発電量と消費量のバランスをとることが課題です。

そこで、蓄電池と組み合わせることで効率的に太陽光発電を利用することができます。

蓄電池と組み合わせることで得られるメリットは、以下の3つです。

①発電効率の向上

②安定した電力供給

③電力消費ピーク時の対応力

ひとつずつ見ていきましょう。

発電効率の向上

蓄電池と組み合わせることで、発電した電力を貯めておくことができるため、発電量が多い時に余った電力を無駄にせずに済みます。

また、発電量が少ない時には、貯めておいた電力を補うことができるため、発電効率を最大限に引き出すことができます。

安定した電力供給

蓄電池と組み合わせることで、停電や災害などの非常時にも、自家発電した電力を使用することができます。

そのため、緊急時であっても安定した電力供給を確保することが可能です。

また、蓄電池には自動制御機能が備わっているものが多く、需要や供給の変動に応じて最適な充放電を行ってくれます。

これにより、手間なく快適な生活を送ることができます。

電力消費ピーク時の対応力

蓄電池と組み合わせることで、夏場や冬場などの電力消費ピーク時にも、自家発電した電力を使用することができます。

そのため、電力会社からのピークシフトやピークカットの要請に応えることができます。

また、余った電力を売電することも可能です。節約や収入にも貢献することができるでしょう。

太陽光発電の効率を最大化するための設備

太陽光発電の効率を最大化するためには、機器の種類や特性を理解し、自分のニーズや予算に合わせて選ぶことが必要です。

ここでは、主要な機器である太陽電池・太陽光モジュール・パワーコンディショナについて紹介します。

太陽電池の種類とその特性

太陽電池は、半導体材料を利用して太陽光を直接電気に変換する装置です。

現在市場に出回っている主な種類は、化合物系・有機系・結晶シリコン系の3種類です。

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

①化合物系太陽電池

②有機系太陽電池

③結晶シリコン系太陽電池

ひとつずつ見ていきましょう。

化合物系太陽電池

化合物系太陽電池は、銅・インジウム・ガリウム・セレンなどの化合物を用いた太陽電池です。

変換効率は高く、約30%以上となっています。また、薄膜型であるため、重量が軽く、曲面にも貼り付けることが可能です。

しかし、製造コストが高く、耐久性や安定性に問題があるという欠点もあります。

有機系太陽電池

有機系太陽電池は、有機物を用いた太陽電池です。

変換効率は低く約15%程度となっていますが、製造コストが低く柔軟性や透明性が高いというメリットがあります。

色や形を自由に変えることができるため、建築やデザインに適しています。

結晶シリコン系太陽電池

結晶シリコン系太陽電池は、シリコンを用いた太陽電池です。

変換効率は約25%程度となっており、耐久性や安定性が高いという特徴があります。

最も一般的に使用されている太陽電池の種類です。

効率に影響を与える太陽光モジュール

太陽光モジュールは、複数の太陽電池を接続して一枚のパネルにしたものです。

太陽光モジュールの効率は、太陽電池の種類や特性だけでなく接続方法や保護材料などにも影響されます。

例えば、直列接続では一つの太陽電池の不良が全体の効率を低下させる可能性がありますが、並列接続ではその影響を抑えることができます。

また、保護材料は、透過率や耐候性などによって効率に影響します。

効率に影響を与えるパワーコンディショナの選び方

パワーコンディショナは、太陽光モジュールから得られた直流電力を交流電力に変換する装置です。

パワーコンディショナの効率は、その変換効率や最大出力などによって異なります。

例えば、変換効率が高いパワーコンディショナは、発電量を増やすことができますが、価格も高くなる可能性が高いです。

また、最大出力は、発電量のピーク時に十分な出力を供給できるかどうかにも関わります。

太陽光発電の効率を最大化についてはご相談ください

太陽光発電システムを導入する際には、専門的な知識と経験が必要です。

太陽光発電のプロとしてニーズに合わせた最適なプランを提案します。

設計から施工、メンテナンスまで一貫して行うことで、太陽光発電の効率を最大化し、お客様のコスト削減と収益向上に貢献します。

太陽光発電の導入をお考えの方に無料で相談を受け付けているので、お気軽にお問い合わせください。

SHARE