HOME / ブログ / 太陽光発電の現状と今後:技術、政策、そして市場の将来性

blog

ブログ

太陽光発電の現状と今後:技術、政策、そして市場の将来性

公開日:
2023.11.29

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も普及している技術の一つです。しかし、太陽光発電にはまだ多くの課題があります。

例えば、発電量の安定性、コストの低減、廃棄物の処理などです。

今後、太陽光発電はどのように発展していくのでしょうか?

この記事では、太陽光発電の現状と今後について、技術、政策、そして市場の将来性を分析します。

太陽光発電の現状|5つのポイント

太陽光発電の現状については、次のようなポイントがあります。

①自家消費の増加とその背景

②固定買取期間の終了

③電気使用料金の変動

④売電価格の変動

⑤蓄電池の普及と変動

ひとつずつ見ていきましょう。

自家消費の増加とその背景

太陽光発電は、自宅や事業所で発電した電力を自分で使う「自家消費」か、余った電力を電力会社に売る「売電」のどちらかに利用できますが、近年では自家消費の割合が増えています。

その背景には、固定買取制度の終了や売電価格の低下、蓄電池の普及などが考えられます。

自家消費を増やすことで、電気料金の節約や環境負荷の低減が期待できるでしょう。

固定買取期間の終了

太陽光発電システムを導入した場合、10年間または20年間、電力会社から一定の価格で電力を買い取ってもらえる「固定買取制度」があります。

しかし、この制度は2019年から段階的に終了しているのが現状です。

固定買取期間が終了した後は、新たな契約を結ぶ必要がありますが、売電価格は大幅に下がっているため、自家消費を増やすことが有利になります。

電気使用料金の変動

太陽光発電システムを導入する際の電気使用料金の変化は、発電量や使用量、契約プランなどによって異なります。

一般的には、昼間は発電量が多く使用量が少ないため、売電収入を得ることが可能です。

しかし、夜間は発電量が少なく使用量が多いため、電力会社から電気を購入する必要があります。また、契約プランによっても料金体系が異なります。

例えば、時間帯別料金プランでは、昼間の料金が高く夜間の料金が安いため、自家消費を増やすことで節約効果が高まります。

売電価格の変動

太陽光発電システムを導入した場合、余った電力を売ることで収入を得ることが可能です。

しかし、売電価格は年々下落しています。

2020年度の売電価格は21円/kWhですが、2021年度は19円/kWhに下がり、2023年現在では16/kWです。

また、今後は市場価格に関連する「新制度」も増えてくる予定です。

市場価格は需要と供給のバランスによって変動しますが、一般的には低い傾向にあります。そのため、売電収入は減少する可能性が高いです。

蓄電池の普及と変動

蓄電池とは、発電した電力を一時的に蓄える装置です。

蓄電池を使うことで、昼間に発電した余剰な電力を夜間に使用することができます。これにより、自家消費率を高めることが可能です。

また、停電時にも電力を供給できるというメリットもあります。

近年、蓄電池の性能が向上し、価格も下がってきています。そのため、太陽光発電システムと併用する人が増加傾向です。

太陽光発電の今後の展望

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も普及している発電方法です。

しかし、太陽光発電には課題もあります。

例えば、発電量が日照時間や天候に左右されることや、余剰電力の売電価格が低下していることなどです。

このような課題に対応するために、太陽光発電の今後の展望はどのようになっているのでしょうか?

自家消費メインへのシフト

太陽光発電の一つの展望は、自家消費メインへのシフトです。

自家消費とは、太陽光発電で生成した電力を自分で使うことを指します。

自家消費メインにすることで余剰電力の売電価格に依存しなくなりますし、電力会社からの供給に頼らなくても済みます。

自家消費メインにするためには、発電量と消費量のバランスを調整する必要があります。

そのためには、蓄電池との併用が有効です。

蓄電池との併用

蓄電池とは、電力を貯めておく装置です。

蓄電池を太陽光発電と併用することで、発電量が多い昼間に余った電力を蓄えておき、発電量が少ない夜間や曇りの日に使うことができるため、自家消費率を高めることができます。

また、災害時などに停電した場合でも、蓄電池から電力を供給することで、生活に必要な最低限の電気を確保することが可能です。

蓄電池は近年性能が大きく向上し、価格も下がってきています。

そのため、太陽光発電と蓄電池のセットは今後ますます普及していくでしょう。

住宅用太陽光発電の拡大とその理由

太陽光発電のもう一つの展望は、住宅用太陽光発電の拡大です。

住宅用太陽光発電とは、一般家庭で屋根や壁などに設置した太陽光パネルで発電することを指します。

住宅用太陽光発電は、自家消費メインへのシフトや蓄電池との併用によってメリットが高まっています。

また、以下のような理由も住宅用太陽光発電の拡大に貢献しています。

・太陽光パネルの価格が下がっていること

・太陽光パネルの設置費用や保守費用が補助金や減税などで支援されていること

・太陽光パネルの耐久性や信頼性が向上していること

・太陽光パネルのデザインやカラーが多様化していること

・太陽光パネルの環境への負荷が低く、CO2排出量を削減できること

太陽光発電の技術の進歩

太陽光発電の技術は、日々進歩しています。

特に、太陽光パネルやパワーコンディショナと呼ばれる発電効率を高める装置の技術革新が目覚ましいです。

以下に、その例を紹介します。

高効率パネルの登場

太陽光パネルの効率とは、太陽から受けたエネルギーをどれだけ電力に変換できるかという指標です。

一般的な太陽光パネルの効率は、約20%程度ですが、最新の高効率パネルでは、30%以上に達するものもあります。

高効率パネルは、同じ面積でもより多くの電力を発生できるため、設置スペースやコストを節約できます。

パワーコンディショナの小型化と高効率化

パワーコンディショナとは、太陽光パネルで発生した直流電力を交流電力に変換する装置です。

パワーコンディショナの性能によっては、変換時に電力がロスすることがあります。

しかし、最新のパワーコンディショナは、小型化と高効率化が図られており、変換ロスを最小限に抑えることが可能です。

また、パワーコンディショナには、発電量や消費量などをモニタリングできる機能も備わっています。

技術革新と新商品ラインアップ

太陽光発電の技術革新について、現在研究開発されている技術や商品には以下のようなものがあります。

・透明な太陽光パネル

窓やガラスに貼ることができる透明な太陽光パネルです。見た目に影響せずに発電できます。

・ペイント型太陽光発電

壁や屋根などに塗るだけで発電できるペイント型太陽光発電です。設置が簡単でコストも低いです。

・フレキシブルな太陽光パネル

曲げたり折ったりできるフレキシブルな太陽光パネルです。形状に合わせて設置できます。

・人工知能(AI)やインターネット(IoT)を活用した太陽光発電

AIやIoTを使って、最適な発電量や消費量を予測したり、自動的に調整したりすることができる太陽光発電です。効率的かつ快適なエネルギーマネジメントが可能です。

買取制度の遷移と今後の方向性

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も普及している発電方式です。

しかし、太陽光発電の普及を促進するためには、電力の買取制度が重要な役割を果たしています。

電力の買取制度とは、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電力を、一定期間、一定価格で電力会社が買い取る制度です。

この制度は、太陽光発電の導入コストを下げるとともに、安定した収益を見込めることで太陽光発電の投資意欲を高める効果があります。

日本では、2012年に固定価格買取制度(FIT)が導入されました。

FITでは、太陽光発電の買取価格は、一般的には40円/kWh程度でした。

しかし、FITでは、買取価格が高すぎるという批判や、買取量が供給量を上回ることで電力システムに負荷がかかるという問題が指摘されました。

そのため、2022年にフィードイン・プレミアム制度(FIP)が開始しました。

今後の方向性としては、太陽光発電の自家消費や蓄電池の活用が重要になってきます。

自家消費とは、太陽光発電で発電した電力を自分で使うことです。

蓄電池とは、余った電力を保存しておく装置です。

自家消費や蓄電池を活用することで、電力会社への売電量を減らし、自立的なエネルギー管理ができます。

また、災害時や停電時にも安心です。

自家消費や蓄電池を促進するためには、設備コストの低減や補助金制度の拡充などが必要です。

FIT制度の現状と問題点

FIT制度とは、再生可能エネルギーの発電事業者に対して、一定期間、一定価格で電力を買い取ることを電力会社に義務付ける制度です。

この制度は、再生可能エネルギーの普及を促進するために2012年に導入されましたが、現在はいくつかの問題点が指摘されています。

例えば、買い取り価格が高すぎることで電気料金の上昇につながったり、発電量が予測できないことで電力の安定供給に影響したりすることです。

FIP制度への移行とその意義

FIP制度は、2022年から段階的に導入されており、FIT制度の問題点を解決することが期待されています。

例えば、市場価格に連動することで買い取り価格の適正化や電気料金の抑制につながったり、発電事業者が需要や供給に応じて柔軟に発電量を調整したりすることで電力の安定供給に寄与したりすることです。

太陽光発電の普及を支える政策と法整備

太陽光発電の普及を支える政策と法整備には、以下のようなものがあります。

・再生可能エネルギー基本法

再生可能エネルギーの導入目標や推進方針を定めています。

・再生可能エネルギー特別措置法

FITやFIPなどの電力の買取制度を規定しています。

・電気事業法

電力市場の自由化や電力システムの安定化を目的としています。

・エネルギー基本計画

再生可能エネルギーの割合を36~38%を目標としています

・グリーン成長戦略

再生可能エネルギーなどの環境分野を成長産業として位置づけています。

これらの政策と法整備は、太陽光発電の普及において、インセンティブや規制緩和、技術開発などの支援を行っています。

しかし、太陽光発電の普及にはまだ課題も多いのが現状です。例えば、土地利用や環境影響、地域住民との調整などです。

これらの課題を解決するためには、関係者間の協力や対話が必要になります。

ZEH支援事業とゼロエネルギーハウスの普及

「ZEH支援事業」とは、太陽光発電や省エネ設備などを備えたゼロエネルギーハウス(ZEH)を建設する住宅購入者や住宅事業者に対して補助金や低利融資などを提供する事業です。

2030年までに新築住宅の半数以上がZEHとなることを目指しています。

ZEHは、自ら発電した電力を消費し余剰分を売電することで、エネルギー消費量とCO2排出量を大幅に削減することができます。

国の法整備と太陽光発電の普及

国は、太陽光発電の普及を促進するために、いくつかの法律や規制を整備しています。

例えば、再生可能エネルギー特別措置法では、FIT制度やFIP制度などの買取制度を定めています。

また、建築基準法では、屋根や壁面などに太陽光パネルを設置する際の技術基準や許可手続きなどを簡素化しています。

さらに、地方自治法では、地方自治体が太陽光発電施設の設置や運営に関与することを認めているため、太陽光パネルを設置する際は補助金制度などについても理解しておくようにしましょう。

「VPP」「P2P電力取引」などの新しい取引形態

「VPP」とは、分散型発電や蓄電池などの小規模な電力資源をネットワークで統合し、一つの大規模な発電所として運用する仕組みです。

この仕組みは、電力の需給バランスを調整したり、周波数や電圧の安定化に貢献したりすることができます。

「P2P電力取引」とは、個人や企業が自ら発電した電力をインターネット上のプラットフォームで直接売買する仕組みです。

この仕組みは、発電者と消費者の間の中間マージンを削減したり、地域間のエネルギー循環を促進したりすることができます。

太陽光発電についてはご相談ください

太陽光発電を導入するには、設置場所や設備容量、買取制度や補助金などの条件を検討する必要があります。

太陽光発電に関する相談や見積もりを無料で承っております。

ニーズに合った最適なプランをご提案します。

太陽光発電に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/