HOME / ブログ / 太陽光発電と蓄電池の価格を徹底解説【セットと後付けでどれだけ変わる?】

blog

ブログ

太陽光発電と蓄電池の価格を徹底解説【セットと後付けでどれだけ変わる?】

公開日:
2023.11.29

太陽光発電と蓄電池の価格について、どのように考えるべきでしょうか?

太陽光発電は、自然エネルギーの中でも最も普及しているものの一つですが、太陽光パネルだけでは電力の安定供給や災害時の備えには不十分です。

そこで、蓄電池との組み合わせが大切です。

蓄電池は、太陽光発電で発電した余剰電力を貯めておき、必要なときに使えるようにする装置です。

しかし、蓄電池にも様々な種類や性能があり、価格も大きく異なります。そこで今回は、太陽光発電と蓄電池の価格に関する基礎知識や比較方法をお伝えします。

5kwならいくら?太陽光発電と蓄電池の具体的な価格相場

太陽光発電と蓄電池の設置費用は多くの要因によって左右され、地域や市場の状況によって異なります。ここでは、太陽光発電システムや蓄電池の具体的な価格相場について説明します。

太陽光パネルの価格相場

太陽光発電システムの価格は、パネルの種類や容量、設置場所や条件などによって異なりますが、一般的には5kwのシステムで約125~175万円程度が相場と言われています。

ただし、この価格には補助金や固定価格買取制度(FIT)などの制度利用が前提となっている場合が多いので、注意が必要です。

また、パネルの性能や品質にも差がありますので、単純に価格だけで比較するのではなく、メーカーや販売業者の信頼性やアフターサービスなども考慮する必要があります。

家庭用蓄電池の価格相場 

家庭用蓄電池は、太陽光発電システムと併用することで、発電した電力を自家消費する割合を高めたり停電時に備えたりすることができます。

家庭用蓄電池の価格は、容量や性能、メーカーや販売業者などによって異なりますが、一般的には5kwのシステムで約125~175万円程度が相場と言われています。

また、蓄電池の寿命や劣化には十分に注意する必要があります。

蓄電池は長期間使用すると性能が低下しますので、定期的な点検や交換が必要です。

【セットvs後付け】太陽光発電と蓄電池の設置費用 

太陽光発電と蓄電池は、再生可能エネルギーを利用して電力を供給し、エネルギーコストを削減するための人気のある選択肢です。

これらのシステムを導入する際、設置方法によって費用に大きな違いが出ることがあります。

ここからは、太陽光発電と蓄電池のセット取り付けと後付け取り付けについて、設置費用に焦点を当てて説明します。

太陽光発電と蓄電池をセットで取り付ける場合 

太陽光発電と蓄電池をセットで取り付ける場合、初期の設置費用が高くなりますが、総合的に見ると安くなります。

これは、太陽光発電と蓄電池のシステムが最初から連携して設計されているため、配線や工事の手間が省けるからです。

蓄電池の設置も同時に行うため後付けよりも初期の設置費用は高くなってしまいますが、後付けで蓄電池を設置する費用も考えると、セットで設置する方が安くなります。

また、セットで取り付ける場合は、太陽光発電と蓄電池のメーカーや販売業者が同じであることが多いため、アフターサービスや保証もスムーズに受けられます。

セットで取り付ける場合の設置費用は、太陽光発電の容量や蓄電池の種類によって異なりますが、おおよそ150~350万円程度が目安となります。

蓄電池を太陽光発電の後付けで取り付ける場合 

蓄電池を太陽光発電の後付けで取り付ける場合、太陽光パネルのみ取り付けるため初期費用は安くなりますが、総合的な設置費用は一般的に高くなります。

これは、太陽光発電と蓄電池のシステムが互換性があるかどうかを確認する必要があり、配線や工事の手間が増えるからです。

また、後付けで取り付ける場合は、太陽光発電と蓄電池のメーカーや販売業者が異なることが多いため、アフターサービスや保証に関しても注意が必要です。

後付けで取り付ける場合の設置費用は、蓄電池の種類や容量によって異なりますが、おおよそ200~400万円程度が目安となります。

太陽光発電と蓄電池のセットで使える補助金もあり

太陽光発電と蓄電池のセットを導入すると、国や自治体から補助金を受けることができます。

補助金の額は、設置する太陽光発電の容量や蓄電池の種類によって異なりますが、一般的には数十万円から数百万円の範囲です。

補助金を受けるためには、申請期限や条件を満たす必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

【結論】太陽光発電と蓄電池はセットがお得 

太陽光発電と蓄電池はセットで導入することで、以下のようなメリットがあります。

太陽光発電で発電した余剰電力を蓄電池に貯めておくことで、停電時や夜間などに自家消費することができます。これにより、電力会社からの購入量や売電量を減らすことが可能です。

蓄電池はピークカットやピークシフトなどの需要調整にも役立ちます。これにより、電力会社からの高い時間帯別料金を回避することが可能です。

再生可能エネルギーの普及や地球温暖化対策にも貢献します。また、太陽光発電は二酸化炭素の排出量を削減することができます。

蓄電池に電力を貯めておくことで停電時にも使用できるようになります。日本は自然災害が多いため、蓄電池をセットにしておくと安心です。

太陽光発電と蓄電池をセットにすることで、補助金や税制優遇などの制度を利用し初期投資を抑えることができます。また、長期的に見ても、ランニングコストやメンテナンスコストが低いため、経済的です。

太陽光発電と蓄電池の10年後の価格を予想 

太陽光発電と蓄電池の価格は、技術の進歩や市場の拡大に伴って今後も下がっていくと予想されます。

その一方で、売電価格や補助金などの制度は、減額や廃止される可能性が高いです。そのため、太陽光発電と蓄電池の導入時期は、価格だけではなく制度や需要なども考慮して決定するようにしましょう。

一般的には、早めに導入するほうが有利だと言われています。

太陽光発電と蓄電池の購入はご相談ください

岡山県内で太陽光発電と蓄電池のセットを導入するなら、ぜひご相談ください。

補助金の申請や設置工事などの手続きも代行いたします。

売電シミュレーションや気になることにも全てお答えしますので、お気軽にご相談ください。

SHARE