HOME / ブログ / 蓄電池の寿命は30年?寿命を伸ばす方法と寿命が来た時の廃棄方法を解説

blog

ブログ

蓄電池の寿命は30年?寿命を伸ばす方法と寿命が来た時の廃棄方法を解説

公開日:
2023.11.29

蓄電池は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及に欠かせない装置です。ただこの蓄電池は、残念ながら寿命があります。

そこで今回は、

・蓄電池の寿命は30年と言われているが本当か?
・蓄電池の寿命を伸ばす方法
・寿命が来た時の廃棄方法

に関する情報をお伝えします。

蓄電池の平均寿命は15年から30年程度

蓄電池とは、電気エネルギーを化学エネルギーとして貯めておき、必要なときに電気エネルギーとして放出する装置のことです。

蓄電池は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの安定供給に欠かせない技術です。しかし、蓄電池にも寿命があります。

一般的に、蓄電池の寿命は使用回数や使用環境によって異なりますが、平均して15年から30年程度と言われています。

蓄電池の寿命を延ばすためには、過充電や過放電を避けることや、温度や湿度を適切に管理することが重要です。また、蓄電池の種類によっても寿命に差があります。

例えば、リチウムイオン電池は高エネルギー密度でコンパクトですが、劣化が早く火災の危険性もあります。

一方、鉛蓄電池は低コストで長寿命ですが、重量が大きく環境負荷が高いです。

蓄電池の寿命は、その性能や安全性に大きく影響します。

蓄電池の寿命を正しく理解し、適切に選択・使用・管理することが必要です。

蓄電池の寿命を伸ばす8つのポイント

蓄電池の寿命を伸ばすためには、どのようなことに注意すべきでしょうか?

ここでは、蓄電池の寿命を伸ばす8つのポイントを紹介します。

①適切な充電範囲の維持
②高温や低温を避ける
③適切な充電方法の選択
④過充電や過放電を避ける
⑤充電サイクルの最適化
⑥直射日光を避ける
⑦振動を避ける
⑧高品質な蓄電池の選ぶ

適切な充電範囲の維持

蓄電池は、充電量が多すぎると劣化が早まります。

一般的に、蓄電池の充電量は80%以下に保つことが推奨されます。

また、充電量が少なすぎると、自己放電や硫酸化などの現象が起こります。

これも劣化の原因になります。一般的に、蓄電池の充電量は20%以上に保つことが推奨されます。

つまり、蓄電池の充電範囲は20%から80%の間に維持することが望ましいと言えます。

高温や低温を避ける

蓄電池は、温度にも影響を受けます。高温になると、化学反応が活発になります。

これは、一時的に性能が向上することもありますが、長期的には劣化を促進します。

低温になると化学反応が鈍くなります。

これは、一時的に性能が低下することもありますが、長期的には劣化を遅らせます。

しかし、極端な低温になると、凍結や内部損傷などのリスクが高まります。

したがって、蓄電池は常温(15℃から25℃)付近で保管することが理想的です。

適切な充電方法の選択

蓄電池の充電方法には、大きく分けて定電流充電と定電圧充電の2種類があります。

定電流充電は、一定の電流で充電する方法で、定電圧充電は、一定の電圧で充電する方法です。どちらの方法もメリットとデメリットがあります。

定電流充電は、充電時間が短くなるというメリットがありますが、過充電や発熱などのデメリットもあります。

定電圧充電は、過充電や発熱を防ぐというメリットがありますが、充電時間が長くなるというデメリットもあります。

蓄電池の種類や使用目的に応じて、適切な充電方法を選択することが重要です。

過充電や過放電を避ける

蓄電池は、過充電や過放電をすると劣化が早まります。

過充電とは、蓄電池の容量以上に充電することです。

過充電をすると、蓄電池内部でガスが発生したり温度が上昇したりします。

これは、蓄電池の構造や性能に悪影響を及ぼします。

過放電とは、蓄電池の容量以下に放電することです。

過放電をすると、蓄電池内部で硫酸化や極板の崩壊などが起こります。

これも、蓄電池の構造や性能に悪影響を及ぼします。

過充電や過放電を避けるためには、蓄電池の容量や状態を常に把握し、必要な時に必要な量だけ充放電することが大切です。

充電サイクルの最適化

蓄電池の寿命は、充電と放電を繰り返す回数によって決まります。

一般的に、充電サイクルが多いほど寿命が短くなります。

しかし、充電サイクルを減らすためには、蓄電池を常に満充電や空充電の状態に保つのも良くありません。

満充電や空充電は、蓄電池内部の化学反応を不安定にし劣化を促進します。

そのため、蓄電池の寿命を伸ばすためには、充電サイクルを最適化することが重要です。

具体的には、蓄電池の種類や仕様に応じて適切な充電レベルや放電レベルを設定し、それらの範囲内で使用することが望ましいです。

直射日光を避ける

蓄電池は、温度にも敏感です。

特に高温は、蓄電池内部の化学反応を加速し劣化や発火のリスクを高めます。

そのため、蓄電池を使用する際や保管する際は、直射日光や熱源から遠ざけることが必要です。また、冬場など低温の場合も注意が必要です。

低温は、蓄電池の内部抵抗を増加させ性能や効率を低下させます。

さらに、凍結すると蓄電池が破損する可能性もあります。

そのため、蓄電池を使用する際や保管する際は、適度な温度を保つことが大切です。

振動を避ける

蓄電池は、振動や衝撃にも弱いです。

振動や衝撃は、蓄電池内部の構造や接続部分にダメージを与えることがあります。

その結果、蓄電池の性能や安全性が低下したりショートしたりする恐れがあります。

蓄電池を使用する際や保管する際は、振動や衝撃を受けないように固定したり緩衝材で包んだりすることが望ましいです。

高品質な蓄電池の選ぶ

蓄電池の寿命を伸ばすためには、高品質な蓄電池を選ぶことも重要です。

高品質な蓄電池は、安定した性能や効率を持ち劣化や故障の確率が低いです。

また、安全性や耐久性にも優れており、長期間にわたって安心して使用できます。

高品質な蓄電池を選ぶためには、メーカーやブランドの信頼性や評判、蓄電池の仕様や性能、保証期間やアフターサービスなどを確認することが必要です。

蓄電池の寿命が来た時の処分方法

蓄電池の寿命が来た時に、どのように処分すればよいのでしょうか。

蓄電池は危険な物質を含んでいる場合がありますので、正しい方法で廃棄しなければなりません。ここでは、蓄電池の処分方法について見ていきましょう。

①正しい取り扱いを確認する
②リサイクル可能の場合はリサイクルに出す
③販売店やメーカーの指示を確認する
④自治体の指示を確認する
⑤特定の廃棄物収集サービス

正しい取り扱いを確認する

蓄電池の種類や形状によって、取り扱い方が異なる場合があります。

例えば、リチウムイオン電池やニッケル水素電池は、短絡や発火の危険がありますので、テープなどで端子を覆っておく必要があります。

また、水銀やカドミウムなどの有害物質を含む電池は、人体や環境に悪影響を及ぼす可能性がありますので、特別な注意が必要です。

蓄電池に付属している説明書やラベルを確認して、正しい取り扱いを行ってください。

リサイクル可能の場合はリサイクルに出す

蓄電池がリサイクル可能かどうかを確認します。

リサイクル可能な蓄電池は、貴重な資源として再利用されることができます。

例えば、リチウムイオン電池は、リチウムやコバルトなどのレアメタルを回収することができます。また、ニッケル水素電池やニッケルカドミウム電池は、ニッケルや鉄などの金属を再生することができます。

リサイクル可能な蓄電池は、家電量販店やコンビニエンスストアなどに設置されている回収ボックスに入れるか、販売店やメーカーに送り返すことでリサイクルに出すことができます。

販売店やメーカーの指示を確認する

リサイクル不可能な蓄電池は、販売店やメーカーによって処分方法が異なる場合があります。

そのため原則は販売店やメーカーに連絡して指示に従って処分してください。

自治体の指示を確認する 

販売店やメーカーから指示が得られない場合は、住んでいる地域の自治体に問い合わせてください。

自治体によっては、蓄電池を一般廃棄物として収集してくれる場合や、特定の日に指定の場所に持ち込むことができる場合があります。

また、自治体によっては、蓄電池の処分に関する条例や規則を定めている場合があります。

自治体のホームページやチラシなどを確認して、指示に従って処分してください。

特定の廃棄物収集サービス

上記の方法で処分できない場合は、特定の廃棄物収集サービスに依頼することもできます。

インターネットや電話で申し込むと、自宅まで蓄電池を回収しに来てくれるサービスがあります。ただし、このようなサービスは有料の場合が多く、料金や条件はサービスによって異なります。
また、信頼できるサービスかどうかを確認することも重要です。

利用する前に、詳細を確認してください。

蓄電池の寿命に関して困ったら岡山電力に相談

蓄電池の寿命に困ったら、お気軽に岡山電力にご相談ください。

岡山電力は以下のような特徴があります。

・全国対応可能
・設置実績が豊富
・補助金などにも対応
・アフターサービスが充実
・良心的な価格

岡山電力にお気軽に相談してみてください。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/